法人メディア向け

コンテンツマーケティングとは?5つの成功事例から見えること

投稿日:

近年、「コンテンツマーケティング」というウェブマーケティング手法が注目を集めるようになってきており、インターネット上に独自のメディアを運営する企業や個人が増えてきました。

それは、商品がどのように顧客自身に役に立つのか知りたい、というニーズが増えてきたことが理由として挙げられます。

このように、インターネットの普及とともに、顧客の行動が変化したため、自社のホームページを設けるだけでなく、自社の商品やサービスを詳しく解説し、消費者の役に立つ情報を配信することがマーケティングに必要になってきました。

今回は、コンテンツマーケティングについてとその成功事例を5つご紹介します。

成功事例が多いコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、顧客が知りたいと思う有益な情報を積極的に配信し、集客やブランディング、そして自社商品の販売促進のために行うビジネス手法です。

広義には、「ブログ」も、有益な情報配信による集客やブランディングという観点から、コンテンツマーケティングに含まれるといえます。

成功事例の多いコンテンツマーケティングは、自社の商品を顧客の目線で、使い方やメリット・デメリットを紹介しているサイトです。

自社の商品を売るために、なぜ、コンテンツマーケティングが必要になるのでしょうか?

コンテンツマーケティングが必要な理由

近年、インターネット上における顧客の動向が変化してきたことが、コンテンツマーケティングが必要になってきた理由です。

顧客は、ほしいと思える商品があった場合に、その商品が自分に対しどのように役に立ち、本当に買ってよかったと思えるのか否かを、インターネットで検索して調べることが多くなってきています。

しかし、顧客が、ほしい商品を販売するサイトを訪問し、情報を収集しようとしても、そういった役に立つ情報に出会うことができない、ということがあります。

それは、売り手が、販売サイトでネガティブな情報を伝えないことで、顧客が商品購入に対して不安になってしまうことで、売り手の伝えたい情報と、顧客のほしい情報との間に、大きなかい離が存在してしまうことが理由です。

そこで、売り手自身が、コンテンツを配信することで、販売する商品のポジティブ・ネガティブの両面を紹介することができ、顧客の不安の解消を図れるようになります。

また、顧客の不安を解消することで、結果的に購買につながることになるため、コンテンツがマーケティングにおいて重要な役割を担っていることが分かるでしょう。

コンテンツマーケティングの成功事例5選

一言で、コンテンツマーケティングといっても、運営する企業によってサイトの様相はさまざまです。

ここからは、コンテンツマーケティングによる成功事例を5つ紹介します。

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店」は、「株式会社クラシコム」さんが運営しているメディアで、コンテンツマーケティングの代表といえる有名なサイトです。

同サイトは、自社の商品がどのように使いやすく、どういった場面で有用であるのか、といった情報をブログの記事のように伝えています。

また、紹介している商品の購買を迫ることはなく、思わず買ってしまいたくなるような、顧客の目線を尊重した記事が上がっているのが特徴のサイトです。

ニキペディア

誰もが一度は悩むであろうニキビに対する内容が豊富に盛り込まれたサイトが、「ニキペディア」です。

同サイトは、ニキビケア商品「Proactiv」を販売していることで有名な「ガシー・レンカー・ジャパン株式会社」さんが運営しており、ニキビの原因から対策まで幅広くコンテンツが網羅されており、解決策の一環として商品を紹介することで、つい買ってしまいたくなるような記事を多く見かけます。

特に、ニキビのできる場所や種類別で、それに適した商品を紹介しており、顧客にとってはまさに「かゆいところに手が届く」というようなコンテンツになっています。

また、ニキビは長期化し、一朝一夕で改善できる症状でないため、ニキビに悩む顧客はニキビについて不安になったら何度も役に立つサイトに訪れて調べてしまいます。

そういった、顧客の悩みに答えたサイト作りが、ニキペディアの魅力といえるでしょう。

manablog

manablog」は、インターネットでブロガー・ユーチューバーとして活躍している「マナブ」さんが運営するメディアです。

同メディアは、ブログという形式で、プログラミング、ブログ運営、そしてアフィリエイトなどのノウハウについてのコンテンツを配信しています。

個人が運営するメディアですが、マナブさん個人による実績を交えた解説によって説得力を持たせた作りのコンテンツとなっています。

それでいて、自身の扱う商品を全面に押し出して紹介するわけではなく、顧客にどう役立つかを念頭に情報が網羅されているのが特徴です。

バズ部

バズ部」は、コンテンツマーケティング、WordPress、そしてSEOといったウェブコンテンツに関わるコンテンツを配信しているサイトです。

同サイトは、「株式会社ルーシー」さんによって運営されており、同社の顧客にも幅広く支持されているメディアになります。

また、顧客以外でも、近年急激に増加しているブロガーやアフィリエイターにとっても、お馴染みのメディアではないでしょうか。

サッポー美肌塾

サッポー美肌熟」は、「サッフォ化粧品株式会社」さんが運営する肌に関する悩みや解決策を扱ったサイトです。

同サイトは、コンテンツマーケティングが盛んではなかった2010年代前半頃から運営されており、コンテンツマーケティングの先駆けといえるメディアではないでしょうか。

ニキビをはじめ、しみや肌荒れといった、肌に関する悩みに対して今までの常識を覆す解決策や考え方を発信することで、反響のあったサイトです。

その肌の悩みを解決するために、自社製品がどのように役に立つのかも、詳しく説明されており、その後の購買にも十分につながる内容になっています。

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングについてと、その事例を5つご紹介しました。

紹介した5つのサイトから見えることは、コンテンツマーケティングとは顧客の求める役に立つ情報を的確に伝えることで、結果的に利益につなげるビジネス手法といえます。

顧客の問題解決を第一に考え、その解決策として自社の製品が有用であるかを伝えることが大切ではないでしょうか。

その結果、顧客がリピーターになり、さらなる売り上げに貢献するかたちが理想といえるでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.