法人メディア向け

ライティングの外注は効果がある?依頼方法やメリット・デメリットについて

投稿日:

ブログであったりサイト運営を行うことで収益を生み出すことができ、今現在では多くの人が副業として挑戦しています。

ネットビジネスの中でもブログとサイト運営は比較的簡単に始めることができ、また費用もほとんどかからないことから「自分もやってみよう」と思って始める人は多いですが、実際の所は半分以上の人が収益を出せないまま途中断念してしまっています。

収益が出ない理由は様々ありますが、最も大きな要因は記事の量と質が良くないという点です。

サイトを訪問する人は自分にとってメリットとなる情報を求めてきますが、それに応えることができなければ勝負に勝つことはできません。

ライティングを行う上では努力や工夫が必要なのは言うまでもないですが、外注するという選択肢もあります。

今回は、ライティングの外注について解説します。

賢くライティングを外注化する

サイト内の記事を書いてもらうというのは何か違和感を感じますが、ライティングの外注を行うことで効果的にサイトの訪問者を増やすことができ、今まで停滞していた運営が少しずつ動き始める可能性があります。

以下では、ライティングの外注についてより詳しく解説します。

ライティング=営業マン

ライティングがどうしてネットビジネスにおいて有効なのでしょうか。

副業でネットビジネスを行っている方、もしくは10人に満たないような規模の会社でビジネスを行っている人にとっては、人的なリソースが圧倒的に不足しています。

しかし、質の良いライティングをすることができれば、その記事が何人もの人をサイトに連れてきてくれます。

つまりライティングは営業マンを生み出すようなものであり、質の良い記事が増えるということは、優秀な営業マンをたくさん持つということを意味します。

しかもその営業マンには給料を払う必要はなく、早朝でも夜中でもお客さんを連れてきてくれます。

ライティングを充実させるには量も質も大事であり、その上で外注が効果的、というわけです。

どこで外注するのか

ライティングの外注といっても、どこで外注すべきなのでしょうか。

ライティングの依頼をする方法はいくつかありますが、最も一般的な方法はクラウドソーシングを使う、もしくは記事作成代行を利用するという方法になります。

クラウドソーシングに関してはご存知の方も多いかもしれませんが、専用のサイトに仕事を求めて登録した人に対して仕事の依頼をかけるという方法で外注化するという流れになります。

募集を書けて応募者が申し込んで来るのを待つという他にも、プロフィールを確認して能力が高いと判断した場合にはスカウトするという方法もあります。

ライティングの文字単価はあなた側で決定しますが、スカウトした場合には交渉になる可能性もあります。

一方の記事作成代行サービスは、プロのライターに記事作成を依頼するという方法になります。

プロのライターは、ウェブライティング全般に関する幅広い見識を持っており、SEO(検索エンジン最適化)を意識したライティングを行ってくれます。

サイト運営やブログにおいては、いかに検索上位に表示させるかが大事になってきますが、この点において深く練られた文章を作成してもらうことが期待できます。

予算に関しては業者側が決めるという形になり、場合によっては成功報酬型で支払うという場合もあります。

ライティング外注のメリット・デメリット

ライティングを外注することのメリットやデメリットはどのようなものになるのでしょうか。

以下解説していきます。

量を確保できる

ライティングにおいては質の他にも量が大事であると解説しました。

一人でサイト運営を行う場合、毎日のように記事を作成するというのは難しいですし、本業をしながら記事を書くというのは1記事でも大変です。

外注を使うことで記事の量を確保することができるので、サイトのボリュームを上げることができます。

クラウドソーシングで多くのライターを確保することができれば1日10記事以上の作成も可能ですし、プロを使えば更に質も向上します。

記事数を増やせずに断念する人が多い中で外注を使うことで継続的にサイト運営を行うことができます。

費用がかかる

当然ですが外注をするということで、それに対しての対価を支払う必要があります。

記事の作成をしてもらっても、いきなり効果が出るということはなく、軌道に乗るまでは数ヶ月かかることもあります。

効果が出ない中で料金を支払い続けるというのは、資金が無い方には少し苦しく感じることがあります。

予算をしっかりと決めた上で、どれくらいの額を外注費に回せることができるのかを事前に考えておきましょう。

まとめ

ライティングの外注はサイトを育てる上では非常に効果的な方法であり、デジタルマーケティングにおいて大きな要素を占める記事作成を他の人に請け負ってもらうことであなたのタスクが減るだけでなく、記事数を圧倒的に増やすことが可能です。

ぜひ外注の利用を検討してみてください。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.