法人メディア向け

ブログやサイト、メディアにおける記事作成の効率的な方法は?

投稿日:

ブログや個人サイト、メディア運営などの集客においては、ウェブコンテンツが充実しているかどうかが重要です。記事や情報の量、質、更新頻度などが読者の満足に結びつかなければ継続した集客は難しいでしょう。

記事作成の方法

instagram-image

web.okan

記事作成において大切なことは、いかに人の目につくかです。ウェブコンテンツが充実していて情報量が多いこと、読者が求めていた良質な情報があるかはもちろん大切です。更新頻度が高ければ、サイトを訪れてくれる回数が増えたり、継続してチェックしてくれたりします。また、検索に引っかかりやすくなるSEO(検索エンジン最適化)を意識することは重要です。記事作成を効率よくするにはどうすればいいでしょうか。

①自分で記事を書く

記事作成の方法として、一番単純なのは自分で記事を書くことです。しかし、ブログやサイトを運営する人が皆、記事作成が得意というわけではないでしょう。もちろん専門性の高い記事を書ける人がブログなどを始めることもあるでしょう。しかし、1人ではたくさんの記事を書くことは難しく、記事内容にも偏りが出ますし、SEOへの意識も不十分になりがちです。専門性の高い記事を需要のある人に読んでもらうだけならいいのですが、より多く集客したり、広告収入などを目的とするなら、1人の力では限界があります。

②クラウドソーシングで外注する

クラウドソーシングとは、クラウドワークスやランサーズに代表される、ライターとのマッチングを行ってくれるサイトです。フリーのライターを募集し、記事を書いてもらうことになります。メリットは、たくさんのライターを集められること、単価が安いことです。クラウドソーシングを利用した場合の文字単価は0.3~1円程度になります。執筆量や記事の専門性などで単価を調整することになります。デメリットは記事の品質が一定ではないことや、内容や納期の詳細な指示が必要なことです。コンテンツの品質を保つためには、ライター採用時のテスト、記事を依頼するシステム作り、詳細な指示出し、コピペチェックなどの必要があります。また、フリーのライターは生活の変化に合わせて仕事をすることも多く、人の入れ替わりも激しくなります。

③記事作成代行会社に外注する

記事作成を代行してくれる会社に依頼することもできます。代行会社は自社で一定の質の記事を作成できるライターを確保していますので、記事の質や納期の面で安心が得られるメリットがあります。またSEOへの意識も高く、データに基づいた集客性の高い記事を作成してくれます。専門性のある記事も依頼しやすいです。ただしコストはその分かかります。文字単価で0.7円~10円程度です。単価が安い場合はコピペチェックはクリアするものの、独自性のない記事になってしまうこともあります。安い単価で大量の記事を依頼したり、高単価で品質重視の記事を依頼したりと使い分けも可能でしょう。

記事作成代行サービスの効果的な利用

instagram-image

tabifun

記事代行を依頼するのは、クラウドソーシングと記事作成代行会社、どちらがいいのでしょうか。使い分けをする際にも意識したいポイントをまとめました。

記事の内容によって使い分け

有効なのは、記事の内容によって使い分けることです。例えば体験談や、コラム、ブログ記事のような、気軽に読める内容の記事、共感性の高い記事を多数集めたいときなどはクラウドソーシングが有効です。多くのライターが在籍している分、DIYや育児など経験者が多い内容には記事のバリエーションも多く集めやすいでしょう。同じような体験でも詳細や経緯が異なったり、多くのアイディアが集まって充実した内容にもなりやすいです。一方、専門性の高い内容になるとクラウドソーシングでライターを集めにくい、単価が跳ね上がる、記事の内容に間違いがあるなどの問題が起こり得ます。専門性が高い内容ほど一律の内容になりがちで、他サービスと同じ記事になってしまうこともあります。もちろん、記事の内容をチェックする側にも専門知識が必要になります。代行会社であれば、専門性の高い記事でも、適したライターを選び、正しい内容で独自性のある記事を提供してくれます。

コストパフォーマンス

大量の記事を、安い単価で外注したところで、その記事の質が低く集客できないのであれば意味がありません。クラウドソーシングでライターを集める場合、記事内容やSEOなどの指示は自らしなければいけません。記事の単価が安い分、執筆システムの構築や記事内で使うキーワードの指定、内容のチェックなどにもコストがかかります。トータルのコストが安くなるか、かけたコストに対する収益が得られるかが重要です。たとえ高い単価で記事を依頼しても、コストをかけたらリターンがあり、広告収入などの結果につながるのであればコストパフォーマンスがよいと言えます。

まとめ

instagram-image

companytank_official

記事作成において、大切なのは目的に合わせた外注先を選ぶことでしょう。もちろん読者の目にとまるには記事の更新回数も大切ですから、頻繁に更新するための記事を大量に確保したい際には、クラウドソーシングが安価でよいこともあります。テストライティングを通して質のよい記事を書けるライターを探すのもよいでしょう。品質や納期を重視し、記事の内容で読者を集めるのであれば、代行会社がいいかもしれません。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.