法人メディア向け

記事外注のメリットとおすすめ記事制作代行サービスを紹介!

投稿日:

SEO施策や質の良いコンテンツ作りのためには、記事制作代行サービスなどを利用した記事の外注がおすすめです。
実際、メディアを運営している多くの企業が記事の外注をしています。

そこで、記事の外注のメリットについて触れ、おすすめの記事外注サービスを紹介していくことにしましょう。

記事を外注するメリット

記事を外注するとコストがかかるなどの懸念点もあるのですが、それ以上に大きなメリットがあります。

仕事を効率化出来る

一番のメリットは仕事の効率化が図れるという点です。
コンテンツを充実させるためには、質の良い記事をコンスタントに提供する必要があります。
記事作成を自社でまかなおうとすると、そこに多くの人材が必要となります。またライティングに特化した人が書くわけではないため、1つの記事を作成するのにもかなりの時間がかかってしまいます。その結果、自社の業務に支障が出る可能性があるのです。
記事を外注すれば、自社で人材を確保する必要がなく、高品質の記事を短期で作ってもらえるので、自社の仕事もコンテンツ作りも両方効率的に進んでいきます。

大量発注が可能

記事制作代行サービスを使えば、記事を書く人を一気に募集出来るため、短時間で大量の記事を作ることが出来ます。

安い費用で済む

記事制作代行サービスに外注した場合、1文字当たりの相場は0.5円から1円ほどです。自社で記事を書くよりは比較的安く済みますし、その上高品質な記事が出来上がってくるのでコスパが良いです。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

記事外注サービスを利用する際の注意点

記事外注サービスを利用する際には、いくつかの注意点があります。

しっかりとしたマニュアル作り

記事を外注する場合には、そのためのマニュアル作りが必要です。しっかりとしたマニュアルを作るためにはかなりの時間が必要となる場合がありますが、その時間は惜しんではいけません。

仮にマニュアルが不完全だった場合、ライターさんからの質問の対応に追われる可能性もありますし、また納品された記事を修正する必要があります。

最初から完璧なマニュアルを作ることは難しいかもしれませんが、外注していく中で都度マニュアルを更新していくことが大切です。

少人数のライターに依頼

安く大量に発注出来るからと多くのライターさんと契約してしまうと、やり取りや管理が大変でそこにコストがかかってしまう場合があります。

依頼するライターさんは知識や経験が豊富なライターさんに限り、少人数で回して行くのがおすすめです。少人数であれば、それぞれのライターさんとしっかりとコミュニケーションを取ることが出来るので、仕事も効率的に進んでいきます。

おすすめの記事外注サービス

ここからは、実際に記事を外注する場合に利用するのにおすすめのサービスを紹介していきましょう。

ランサーズ

ランサーズは利用満足度NO.1を誇る記事制作代行サービスです。
ランサーズには、専門知識のあるプロ達が登録しているので、目的とマッチするライターさんを見つけることが出来ます。また、サイト内ではライターさんの実績などを比較できるような仕組みになっているため、ライター選考のしやすさでも評価されています。

初期費用は不要で、ランサーズへの手数料はライターさんの報酬に含まれているので別途かかることもありません。ただし時間報酬制の場合は、時間報酬の3%を手数料として取られます。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは大量の記事を短時間で必要な場合におすすめのサービスです。

3日で100記事を納品というかなりのスピードで、業界最速とも言われています。納品された記事は依頼者側でチェックすることが多いですが、記事チェックもShinobiライティング側で行ってくれるので、検閲や修正の手間を省くことが出来ます。
料金は1円/1文字~です。

サグーワークス

記事制作に特化したサービスです。
通常、ライターさんの選考や依頼、発注などの管理はすべて依頼者側で行うものですが、サグーワークスでは、依頼者ではなく全てサグーワークスが行うという仕組みになっています。そのため、外注に関わる手間などは一切かからずに高品質の記事を作ることが出来るのです。

初期費用は掛かりませんが、費用はランサーズで決められています。
オンライン発注プランであれば0.75円/1円~、オーダーメイドプランであれば、1.2円/1文字~となっています。

Bizseek

Bizseekは記事制作代行だけでなく、デザインやシステム開発なども代行してくれ、幅広いニーズに応えてくれるとあって人気のあるサービスです。
実名で登録しているフリーランスの方が多いので選考もしやすいです。料金は依頼内容によるので一概には言えませんが、依頼手数料自体は無料なので、そこも人気のポイントです。

まとめ

より良いコンテンツを効率的に作るには記事を外注するのがおすすめです。最近は多くの外注サービスがありますから、それぞれのサービスを比較して、一番合うサービスを見つけてみましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.