法人メディア向け

ホームページにウェブコンテンツが必要な理由とは?種類や構成を紹介

投稿日:

ウェブコンテンツと最近よく耳にする単語ですが、あまりインターネットを利用しない方にはわかりにくい単語かもしれません。ウエブコンテンツは、WEB(インターネット)上で配信される情報の中身(コンテンツ)の総称です。ウェブコンテンツの具体的な例として、テキストや画像で表現される記事やコラムから音楽、映画、ゲームなどさまざまなことを指します。この記事では、ウェブコンテンツの初歩的な概要から、自社でこれから配信を検討している初心者の方に向けに重要なポイントを解説します。

ウェブコンテンツとは?

ウェブコンテンツは、インターネット上の企業やメディアのホームページで公開されている記事や動画などを映像(映画や動画)、音声(音楽、ラジオ)、テキスト(ニュースや小説)などの情報やサービスをインターネットやデジタル放送などで配信されるものを指します。最近は、TVや新聞よりもインターネット経由で多くのコンテンツを楽しむことが多くなったため、一般的に浸透しています。

ウェブコンテンツが注目されている背景とは?

スマートフォンの普及とGoogle、yahooなどの検索エンジンの利用浸透で、手軽に自分が探している情報を探すことができるようになりました。そのため、検索ユーザーに人気が高いコンテンツを掲載することで、継続的なアクセスを集めることができ、広告収入やビジネスに直結するようになったからです。

今後もさらに企業と顧客の接点がインターネットを介して行うことになり、企業のホームページでコンテンツを投入することで、新規顧客の開拓や囲い込みを行うことが企業側においても重要な手段となっています。

企業がウェブコンテンツを作る重要性とは?

先述の通り、企業がウェブコンテンツを掲載する重要性とは、見込み客をウェブ検索から自社のホームページに集客できるという利点があります。基本的に多くのユーザーは、検索結果から自身の探したいものをウェブ上で探すことによりサイトにアクセスします。ユーザーの求める答えが掲載されているコンテンツ(記事)があれば、自社サイトに滞留させることができます。その結果、記事の信頼性が高ければ、自社のサービスの認知や商品購買へ繋げることができるからです。

ウェブコンテンツの種類は?

ウェブコンテンツの種類は、読み物としての記事や動画、音楽やゲームなど数多くの種類があります。企業が集客として利用するコンテンツには、ニュース性のある記事や悩みを解決するコンテンツなど連載型などさまざまな種類があります。ここではタイプ別に紹介します。

ウェブコンテンツ①時事ネタなどの単発型のコンテンツ

検索ユーザーの悩みに応える内容の記事などがこのケースに当てはまります。いろいろな話題を取り上げ、興味のあるユーザーを取り込むのに適しています。時事ネタが多いニュース性の高い情報がこれにあたります。ただし時間が経つとニュース性も薄れるため、アクセスは少なくなります。

ウェブコンテンツ②テーマ特化型

テーマに絞った特化型とは、あるテーマに絞って、コンテンツを連載する方法です。特化型の場合、企業が扱う商品やサービスにまつわるテーマで掲載することが多く、コンテンツも深掘りができるため、より詳しく伝えることができます。記事数を重ねることでユーザーからの信頼性も上がります。

ウェブコンテンツ③永続型コンテンツ

永続型コンテンツとは、流行りや年齢性別にこだわることなく、ユーザーが調べることが多いテーマでコンテンツを網羅的に掲載します。例えば、ウィキペディアのような辞書や歴史、歳時記など、時折調べる必然性のある文言を掲載することで、集客することです。

ウェブコンテンツ④季節型コンテンツ

四季移り変わりで必ず出てくるテーマを掲載するコンテンツです。季節性の高いコンテンツは、毎年同じ時期に必ず検索が増えるテーマのため、安定したアクセスがあります。

ウェブコンテンツを作成する上で注意すべきポイントは?

コンテンツは何かを作れば良いいう訳ではありません。経営者の日記などを載せたところで、検索ユーザーからは興味がなく、すぐに離脱する方も多いでしょう。自社サイトに集客するために、どのようなターゲットに向けて、どのようなコンテンツを載せるのかを検討する必要があります。ここでは注意すべきポイントを詳しく説明していきます。

ウェブコンテンツを作成する上で重要な点①ターゲットは誰なのかを明確にする

コンテンツを作成する目的はそもそも何なのかを考えましょう。やはり自社サイトへの集客へつなげて、サービス内容や商品の認知から利用客につなげるためといえるでしょう。自社のサービスや製品にもターゲット層があるはずです。それらをもう一度見直し、顧客となるターゲット層が何を求めているかをリサーチして、自社商品の継続的な理解やファンとなっていくことが大切でしょう。

ウェブコンテンツを作成する上で重要な点②ターゲットを設定してウェブコンテンツをつくる

ウェブコンテンツは、ターゲットに合った内容でなければ集客につながりません。自社ホームページのコンセプトや顧客対象とは異なる、関連性のないコンテンツを掲載したところで、他のサイトへ逃げていくだけで自社の顧客にはなりません。

ウェブコンテンツを作成する上で重要な点③役立つ情報を提供するウェブコンテンツをつくる

自社のウェブコンテンツは、何かしら利便性や有用性がなければ、サイトに集客はできません。検索ユーザーは、何かしら悩みがあり、悩みを解決する商品が自社サイトにあることをウェブコンテンツで知らせることがポイントです。自社サービスや製品のメリットを振り返り、その部分をしっかりと掘り起こしたコンテンツを意識させましょう。

ウェブコンテンツで早期に成果を出すには?

自社のウェブコンテンツで手軽に始められるのが、ブログやノウハウ系の記事を追加して、集客を集める方法が得策でしょう。しかし、記事も大量な本数と更新できる制作体制が必要になります。また記事なら検索結果されやすいようにSEO(検索エンジン最適化)の知識が必要になります。

初心者がいきなり大規模なコンテンツを追加できるかといえば、かなり厳しいといえるでしょう。そこで、このような優良なコンテンツである記事制作代行を行う専門業者を上手に使うことで、早期にコンテンツが蓄積され、自社サイトへの流入も見込めるでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

この記事では、ウェブコンテンツを自社で作成する初歩的な内容から、コンテンツを追加していくための注意点についてお伝えしてきました。ウェブコンテンツは、日記系のブログなど誰にでも作れるコンテンツはあります。しかし、本格的にインターネットで集客するとなれば、SEOやコンテンツの質、継続的な更新など、知識やノウハウが必要になります。早期にコンテンツを充実させるのであれば、専門の業者へ委託することも考えてみましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.