法人メディア向け

今さら聞けない?トリプルメディア戦略の内容と効果をご紹介

投稿日:

“メディア戦略”とはテレビやニュースなどでよく耳にする言葉ですが、その意味は広告をうつ際にラジオやテレビ、雑誌などのメディア(媒体)をどのように組みわせるかを考えること。ビジュアル的な広告媒体の組み合わせを熟考することです。なおかつ、訴求したいターゲット層が読む雑誌を狙ったり、テレビCMの長さや時間帯、チラシの配布場所などなど、訴求したい商品やサービスを効果的にターゲット層に周知させ購買などにつなげるための戦略です。

そして近年、インターネットのメディアが注目されており「トリプルメディア戦略」という言葉が周知されつつあります。3つのメディアを活用することによる相乗効果や各々の役割など、多くの企業で盛んに取り入れられているトリプルメディア戦略について解説していきます。

注目の戦略「トリプルメディア」とは?

わたし達がよく知っている雑誌やテレビなどの媒体とは違うトリプルメディアとは?トリプルメディアを構成する3つのメディアについて各々詳しく解説します。

オウンドメディア

「オウンドメディア」とは自身が所有しているメディア。例えば自社ホームページなどが代表的なものです。オウンドメディアは自分が所有しているものなので基本的にはそこで何をするかは自由。自分の思考や都合で好きなようにサイトを作り込むことができ自由度が高いのが特徴といえます。

自社ホームページで売りたい商品を販売しても良し、会社のイメージUPのために利用するのも良し、メールマガジンなどのリスト取りに使用してもOKで、自分のビジネスプランに沿って構築が可能で最も統制の取りやすいメディアです。

他のメディアではある程度成熟してくると商品の利用が禁止になってしまったり、広告の出稿が一部制限されたりすることがあり自由度が減る場合がありますが、このオウンドメディアに関してはその限りではありません。

ペイドメディア

「ペイドメディア」とは、paidという名の通りお金を払って利用するメディア。代表的なものは広告です。広告といってもさまざまあり、検索サイトでキーワードを検索したとき、キーワードの関連した広告を表示するリスティング広告、他のWebサイトの一部のスペースを借り広告を打つ方法、一見すると広告に見えない記事の体裁を上手く利用した記事広告などがあります。

Web上で打つ広告の特色としては、関連キーワードを検索した場合に表示させるなど、既に関心のあるターゲットにピンポイントで目に留まりやすいということがあります。Pay Per Click(PPC)広告といわれる、クリックした場合のみ広告料が発生するという広告料の無駄を省く広告もあります。

アーンドメディア

「アーンドメディア」とはターゲットとする顧客から信頼を得るメディア。ソーシャルメディアと紹介する場合もあり、基本的にはTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが該当します。他にはYouTube等の動画投稿サイト、無料ブログサービスや比較サイトなどもこれに該当します。

企業であればFacebookなどのソーシャルメディアに公式アカウントを登録し、ユーザーと直でコミュニケーションをとることが可能。自由で闊達な意見交換ができるので、自社の長所短所などの評判が明確にわかります。一方で自社都合のコントロールが取れないという欠点もあります。

例えば自社に不都合な情報やデマを流されてしまうなどがそれにあたり、必ずしも好ましい声だけがユーザーに伝わるわけではありません。またTwitterなどでの失言によって炎上するというケースも割と多くあるので、内部統制を図る必要性があります。

ただしデメリットばかりではなく、既に大量のユーザーが利用し膨大なアクセスを持つプラットフォームにアカウントを開設することによって、大量のアクセス数が見込めるというメリットもあります。

トリプルメディア戦略の相乗効果

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアは各々のメディアのみだけでは効果が乏しいということは明確。三位一体となったトリプルメディア戦略とすることで相乗効果を発揮します。Webのマーケティング戦略においては、この3つのメディアをどのように利用していくかで勝敗が分かれるのです。

そしてペイドメディアもアーンドメディアも、最終的にはオウンドメディアへのアクセスに導くための手法であり、これら3つのメディアを駆使した戦略をトリプルメディア戦略といいます。その相乗効果は1+1+1が3以上の効果も望めるのです。

まとめ

現在多くの企業等で用いられるトリプルメディア戦略は、訴求効果抜群の戦略として注目を集めています。実際に、有名ブロガーなどにオーダーする形で商品の宣伝をお願いしたり、人気Webサイトの一部に広告を掲載することでかなりの売上げを獲得している企業もあります。みなさんも是非、Web状の戦略検討の際はこの3つのメディアを念頭に置いてください。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.