法人メディア向け

ECサイト運営のポイントとは?コンテンツを充実させて集客につなげよう

投稿日:

ECとは、E-Commerceの略称であり、簡単にいえばネット上で商品やサービスを販売するビジネス形態です。

かつてのビジネスといえば、実店舗を構えて商品を売るというのが基本でしたが、インターネットに加えて物流や倉庫機能が改善したことから、大都市に実店舗を持たずとも商品を販売できる時代になりました。

参入障壁の低いECですが、その分競争も激しくなります。

そこで今回は、ECサイトを運営するうえでのポイントについて解説していきます。

ECサイト運営で大事なこととは

instagram-image

buzztech

ECサイト経由でビジネスを行う場合、実店舗でビジネスを行う場合とは戦略が異なります。

以下では、ECサイトを運営するにあたって大事な点を解説していきます。

店員と顧客が直で取引できない

インターネット上で買い物を行う場合、その店舗にいるスタッフと顧客は、顔を合わせてコミュニケーションをとることはありません。

人との対話がないことから、いかにして商品をアピールするかが大事になってきますが、そこで重要なのが商品のクオリティとコンテンツです。

商品の質が粗悪であれば、当然ながら悪いレビューがつき商売にならないので、まずはちゃんとした商品を売ることを意識しましょう。

そしてコンテンツですが、これはあなたが販売しようとしている商品がどのようなもので、どのような効果を与えてくれるのかということを訴求するために非常に重要になってきます。

ECサイトの運営においてはこのコンテンツ紹介が最も大事なポイントであり、いかによい商品を販売していたとしても、その魅力が伝わらないのであれば意味がありません。

自前のサイトか、ECモール利用か

ECで商品を販売するといっても、自分で店舗をネット上に構築する場合と、外部のECモール内に商品を出品するかという選択肢があります。

自前でショップを作る場合には、ECサイトを構築できるツールを利用する必要があります。

自前ということで自由度の高いショップにすることができるという意味ではメリットですが、集客に関しては創意工夫が必要になってきます。

商品紹介ページや画像作成、動画の埋め込みに加えて、広告を回して集客する、SEOを行うなど、やるべきことがたくさんあります。

一方、外部ECモールとは、Amazonや楽天、yahooショッピングといったモールに店舗申請をしてビジネスを行う形態になります。

ECモールに出品することのメリットは、Amazonや楽天はすでに膨大な数の顧客を保有しているため、集客に関して自前でサイトを構築するよりも簡単にできる点になります。

デメリットとしては、店舗の場所を借りている形式でビジネスを行うため、販売手数料がかかるということです。つまり、自前で販売を行うよりも少し高めに価格設定しないと、利益を確保することが難しいのです。

また、各モールで顧客層やサイト内のページの仕様が異なるので、モールに適したデザインや文章作成をする必要があります。

ECサイト運営を成功させるには?

instagram-image

kacco_design_studio

ECサイトには自分でショップを作る場合と外部モールを利用する方法があることを解説しました。

両者にはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、共通して大事になることは「商品紹介を適切に行う」ことです。そのうえで、にサイト内の文章を魅力的なものにする必要が出てきます。

LPを充実させよう

LPとはランディングページのことであり、お客様が商品URLをクリックした際にたどり着くページになります。

お客様は、このLPの内容次第で購入するか否かを判断しますので、最も力を入れて作成する必要があります。

魅力的な文章を書かないと、この商品の何が魅力なのか、この商品を買うことで得られるメリットは何かがわからずに、購入につなげることができません。

記事作成代行を使うのもおすすめ

自分で商品を出品し、サイトをデザインして、さらにLPの文章も書くとなるとかなり大変ですし、またお客様を惹きつける文章を書くというのは意外と難しいものです。

そこで、記事作成代行サービスを利用するというのもおすすめです。

記事作成代行サービスとは、文字通りあなたに代わって記事の作成を行ってくれる業者のことであり、商品の魅力を効果的に伝える文章を作成してくれます。

自分でサイトを構築する場合には、SEOを意識する必要がありますが、LPの文章の質によって検索上位に表示されるかどうかが変わってきます。

料金こそ発生しますが、集客を行ううえでの肝になる記事をプロに作成してもらうだけでも、集客力に大きな違いが出てきます。

まとめ

instagram-image

ryostagram.ne.jp

ECサイトの運営は、参入のハードルが低い分、工夫をしないと簡単にライバルに埋もれてしまいます。

どんな商品を販売するかということ以外にも、どのようなページにするかという点も意識して運営を行っていくことが大切です。

適宜代行も利用しながら、売れるサイト構築を目指しましょう!

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.