法人メディア向け

【今更聞けない】オウンドメディアマーケティングとは?長所・短所を解説!

投稿日:

皆さん、「オウンドメディアマーケティング」という言葉をご存知ですか?「オウンドメディア(Owned Media)」とは「自社で保有するメディア」の総称のことを指します。

最近、オウンドメディアマーケティングに成功して、新規顧客やリピーターを獲得したとか、企業のブランディングを確立もしくはさらに高めることができたという話を聞くことが増えてきました。

そんなオウンドメディアマーケティングには、どんな長所や短所が存在するのか解説いたします。

オウンドメディアマーケティングとは?

オウンドメディアの位置づけ

はじめにオウンドメディアとは、ユーザーの視点に立った専門性の高い記事を備え、ネットメディアの中心に位置する商品目線から開放された自社で保有するメディアです。

従来のペイドメディア(paid media)アーンドメディア(earned media)と併せてトリプルメディアと呼ばれています。

  • ペイドメディア:企業が金銭を支払う、PPC(Pay Per Click)広告やバナー広告など費用対効果を重視するメディアのこと。
  • アーンドメディア:口コミサイトやSNSなど信用や評判を獲得するための第三者が運営するメディアのこと。

オウンドメディアはこの2つのメディアの欠点を補う、新たな手法として注目されています。

オウンドメディアマーケティングの長所

1,広告や宣伝の費用を抑えられる

ネット利用者が広告やバナーなどをクリックする割合が、以前と比べて極端に低くなって来ています。また、今後のスマートフォンには広告のブロック機能が搭載されつつあるなど、ペイドメディアによる集客の限界が近づいていると言えるでしょう。では、どのように集客すれば良いか?Googleなどの検索エンジンで上位表示され、クリックして貰いやすい記事を集積することです。広告のように即効性はありませんが、コストが低く長期的な資産として残るメリットもあります。記事の集積は短期間では難しい作業ですが、クラウドソーシングや記事作成代行の会社に外注する方法があるので上手く利用すると、より早く効果を得られるでしょう。

2,顧客との長期的なロイヤルティを獲得できる

顧客は広告などを見なくても、オウンドメディア内で自ら多種多様な記事を読み、本人が強く意識しなくても企業との信頼関係を築いていきます。広告のような単体の商品という限定的な繋がりではなく、企業に対しての顧客のロイヤルティを獲得できるのです。そのため、長期的で継続した顧客が見込めます。

オウンドメディアマーケティングの短所

計画~運営に至るまで、宣伝費などのコストは抑えられるがそれなりの労力と時間が必要となるところです。計画するに辺り、ペルソナの決定や検索キーワードの選定など決めることは多岐にわたりますし、運営を開始しても集客力の見込めるサイトに育てるにはある程度のコンテンツ(記事)が必要となります。しかし、オウンドメディアマーケティングに成功すれば、長期的な資産となり多くの見込み顧客を獲得できる仕組みとして運用することが可能になります。

オウンドメディアマーケティングが注目される理由

自社で発信する内容をコントロールできる

ペイドメディアは自社の専門性の高い記事内容にするには、情報量の制限があり十分に伝えることが難しく、アーンドメディアでは新しい情報しか顧客の目に止めることしかできず、継続したロイヤルティを得ることができません。その点、オウンドメディアでは発信する情報をコントロールできるため、その企業の強みや専門性の高い内容を宣伝でき、結果的に他と差別化できます。オウンドメディアで専門性の高い自社のブランド力を存分に押し出した内容を運営することで、ペイドメディアとアーンドメディアで足りなかった部分を補完することが可能となりました。

上手く軌道に乗れば宣伝費がかからない

オウンドメディアマーケティングに成功すれば、宣伝しなくても情報を発信できます。しかも自然に集客することが可能です。ただ、集客を維持するためには、継続した情報の発信や顧客の購入につながる経路の研究など運営していく上での経費は必須です。広告費をかけて得られる集客数が少なくなっている現状を考えれば、結果的には安く集客する仕組みを作れるでしょう。

ブランディングに最適

専門性の高い記事をオウンドメディアに蓄積することで、読者が繰り返し再訪して記事を読むようになります。そして、役立つ記事を読んだ顧客は発信元である会社を信頼するようになり、売り込みをしなくても成約率が上がることにつながるでしょう。

ロイヤルティを高められる

顧客のロイヤルティ(忠誠心や愛着)が高いと良いことがあります。他社との検討比較がされにくくなるのです。そのため、価格競争になりにくく、継続した購入を期待できます。いわば、会社のファンになった状態なので、口コミが良くなりますし、周りの人に勧めたりと会社のイメージアップにもつながるのではないでしょうか。

まとめ

従来のペイドメディアやアーンドメディアでは、顧客の集客や購入につなげることが難しくなっている現状があります。それを補完するものとしてオウンドメディアが注目されていますが、短期的な成果は難しいため、なかなか人と予算を確保できないこともあるでしょう。そんな時は、情報の提供は記事作成会社など外注も上手く利用すれば、なるべく成果が早くでるように仕組み作りに専念すると効率的に運営できますよ。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.