法人メディア向け

質の良いメディア・信頼出来るメディアを運営するための上手な方法とは?

投稿日:

メディアを運営する場合、そのメディアをいかに長く継続していけるかについて誰しもが考えるでしょう。

それぞれのメディアが生き残りをかけて、メディアの内容の工夫やSEO施策など、集客を増やすことに力を入れています。

多くのメディアの中で生き残れるメディアになるためには、どのようなポイントに注意する必要があるのでしょうか。

そこで、メディア運営・コンテンツ作成の具体的なポイントを中心に紹介していきます。

メディア運営の大きなポイント

メディア運営のポイントについて詳しく見て行くことにしましょう。

ターゲットを明確にする

メディア運営でまず考えなくてはいけないのが、ターゲット層についてです。ターゲットによってコンテンツの内容が変わってくるので、どのターゲットに向けたメディアにするのかということを明確にして、方向性を決めて行きましょう。

常に新しい情報・必要とされる情報を提供

情報化社会の現代においては、常に新しい情報を得ようとする人が多いです。ですから、メディアに載っている情報が古い情報ばかりだと、多くの集客は望めません。ユーザーが欲しい情報を提供できるように、メディアを新しいものに日々更新していくことが必要になってきます。

また、ユーザーが必要としている情報を提供することも、メディアを長生きさせるための重要なポイントです。
どのような情報を必要としているのか、特に長期的に必要とされる情報を提供すれば、メディア自体も生き延びることが出来るでしょう。

メディア運営におけるコンテンツ制作のポイント

誰に向けたどのようなメディアにするかが決まったら、いよいよコンテンツ作りです。

SEO施策

より多くの人に見てもらえるようなコンテンツにするには、SEOを意識したコンテンツ作りが必要不可欠になってきます。そのためには事前に、ユーザーがどのようなワードを使って情報を検索しているのかなどの調査をすることが大切です。

記事制作

コンテンツを制作するにあたって、記事の作成・校正・編集が必要となります。そしてそれらがコンテンツのとなる部分ですから、特に校正や編集には時間をかけた方が良いでしょう。
コンテンツそのものが読みにくかったりすると、ユーザーが離れて行く原因になってしまいます。記事自体に間違いがないのか、読みやすい記事なのかをチェックし、ユーザーに受け入れられるコンテンツを作りましょう。

より読みやすい記事にするためには記事の装飾を適度に入れることも大切です。ただ文字を羅列しただけの記事の場合はメリハリがなく、読みにくいだけでなく内容がうまく入ってこない場合があります。
重要な箇所を太字にしたり色を変えたりするだけでも読みやすさはかなり変わってきますので、工夫してみましょう。

また、記事の内容の正確性も大切です。特に専門性の高い記事である場合は、その分野や専門の人によるライティング、もしくは記事の監修が必要になってきます。
例えば、医療系・法律系などの情報を提供するメディアを運営する場合、誤った情報はメディアが炎上するきっかけになりかねません。それを避けるためにも専門知識を持った人が携わることが大切です。

校正や校閲に関しては、執筆した以外の第三者が行うのがポイントです。誤った情報の提供こそがメディアの信頼を失う大きな原因になります。

コンテンツの拡散

SEOを意識した質の良いコンテンツを作ることで集客の増加が期待できるのですが、さらにそれを拡散することも大切です。Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSを利用し、コンテンツと連携させればより多くの人の目に止まります。

メディア運営と外部委託

ここまでメディア運営のポイントについて見てきましたが、運営を外部委託することで様々なメリットを生み出します。

先ほど、コンテンツの核となるのが記事作成・編集・校正であると書きました。例えばこの中の記事作成を記事制作代行サービスなどを使って外部に委託するのも1つの手段です。

専門的な内容を盛り込んだコンテンツ作りの場合は、外部に委託することで正確な情報を提供出来ますし、質の良い記事であればSEO施策にも繋がります。

また、メディアが長生きするためにはコンスタントにコンテンツを更新しなければなりません。そうなると、1日で複数の記事をアップする必要があるので、ある程度のストックを用意しておいた方が良いでしょう。
記事制作を外注すれば、一気に大量の記事を発注出来るのでストックも可能ですし、それが仕事効率化にも繋がって行きます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

メディアを運営していくには様々な知識と技術が必要です。また、常に新しい情報を提供していかなければなりませんから、その分コンテンツ作りにはかなりの時間を要します。
より良いメディア・より多くの人に必要とされるメディアを作るためにも、記事制作代行サービスなどの外部サービスを上手に取り入れながらメディア運用していくことも1つの方法ではないでしょうか。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.