法人メディア向け

ブログのライターを募集したい!どこで探せばいいライターに出会えるの?

投稿日:

収入目的のブログ運営において、大量の記事を作成して更新数を増やし、読者を集める方法がもはや常識です。これからブログ記事を外注しようと思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。良いライターに出会うにはどこでライターの募集をすればいいのでしょうか。

どこでブログのライターを募集できるの?

ブログのライターを募集する方法は、大きく分けて2つあります。それは、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで自分で広くライター募集をする方法と、記事作成代行会社に依頼して、代行会社で契約している専属ライターをあててもらう方法です。

クラウドソーシングで募集

クラウドソーシングは、フリーのライターとのマッチングサービスです。仕事内容と単価を提示するとライターからの応募が集まります。文字単価は0.3~1.0円程度で募集でき、高額報酬なほど人が多く集まります。ただし、フリーのライターのため技術や経歴、記事の質はさまざまで、求めるレベルの記事を書けるライターを集めるのは骨が折れます。例えばテストライティングで記事の質を確認してからの採用、記事テーマや使用キーワードの指定や記事の添削が必要で、納期を守らないライターやキャンセルするライターも多く、入れ替わりも激しいです。体験談のような簡単な内容の記事を低コストでたくさん収集したいときに向いていて、専門性の高い記事や正確なソースが必要な記事には注意が必要です

記事作成代行会社に依頼

記事作成代行会社は、会社として運営していてテストをクリアした専属ライターを多く確保しているため、記事品質や納期管理に保証があるのが強みです文字単価は0.7~1.0円程度が相場で、クラウドソーシングよりは依頼にコストがかかります。記事の内容や切り口などの質のほか、自社でリサーチした重要検索ワードを多く盛り込んでくれるSEO施策や、納期管理などもしてくれるほか、記事作成代行会社の担当者がライターの間に入ってくれて添削なども完了した「使える記事」が提供されます。記事作成代行会社に依頼すれば、面倒な手間をすべて省くことができ、確実に使えるレベルの記事を確実に手に入れられるため、コストがかかるのはやむを得ないといえるでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

ブログのライター募集のポイントは?

ライターの募集には2通りの方法があるとご紹介しました。どちらもメリット・デメリットがありますよね。実際にクラウドソーシングでライターを募集した場合の評判が気になる方もいるのではないでしょうか。また、どのような点に気をつけてライターを募集すればいいのでしょうか。

クラウドソーシングのライターの評判

クラウドソーシングにおいて、質の高いライターに出会える確率は低いと言えます。例えば「指示から外れた記事」「論点がずれている記事」「抽象的で結論が出ていない記事」「リライト記事」「納期を守らない」「途中キャンセル」などの問題が多く、使える記事を書けるライターは半数もいないと言われています。もちろんライター側の問題だけではなく、クライアントが提案する単価が低すぎるので低品質な記事しか返ってこないという悪循環の側面もあります。

ライター募集の注意点

クラウドソーシングでライターを募集するには、最初は低単価でのテストライティングを受けてもらい、一定水準のライターには高単価やオプションを提示して継続してもらうように掴むことが大切です。応募を募るためには本単価の提示をした上で、テストライティングの単価を提示します。「文字単価0.5円~、テストライティングは0.3円」といった条件で募集をかけ、テスト記事をチェックします。全員同じテーマの記事だと比較検討がしやすいですが、そのまま記事として使用したい場合は異なるテーマでもいいでしょう。テスト記事が求める水準に達していた場合は継続して記事を書いてもらいます。記事の質や、月間の執筆数、継続期間などで文字単価を上げる指標を明確にすることで、良いライターに継続執筆してもらえることでしょう。

ライターへの指示方法

クラウドソーシングでライターを募集した場合は、具体的な指示が必要です。「記事テーマやタイトル」「文字数」「見出しの個数」「1見出しあたりの文字数」「画像の挿入や選び方」「キーワードの指定」「コピーペーストや著作権についての配慮」「文体や文法・誤字の添削」など、これらをすべて指示する必要があります。大量の記事を依頼するメディアの場合は、ライターとは別に管理スタッフや添削スタッフ、見出しスタッフもクラウドソーシングで募集し、記事のチェック体制を構築していることも多いです。

まとめ

今回はブログ記事のライターの募集方法について解説しました。大量の簡単な記事を集めたいときや、安いコストで募集してライターを厳選する余裕があるときにはクラウドソーシングで募集するといいでしょう。確実に使える記事、集客できる記事をすぐに手に入れたいときや、手間をかけたくないときは記事作成代行会社に依頼するのがおすすめです。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.