法人メディア向け

まとめ記事での広告収入が少ない!効率を上げるにはどうすればいい?

投稿日:

まとめ記事サイトを運営してるけど、なかなか読者が増えない…、広告収入があがらない…。サイト運営は奥が深くて難しいものですよね。まとめ記事で読者を集めるには、まず人目につきやすくするの必要がありますね。また記事を読んだ人がサイト内にとどまってくれること(回遊率UP)などが必要です。具体的にどのような対策をすればいいのかをまとめました。

まとめ記事サイトで収入を得るには

まとめ記事のサイトで集客、収入UPを目指すためには、下記のようなポイントを意識することが必要です。いずれもサイトや記事を人目につきやすく、またサイト内にとどまってもらい、多くの記事を閲覧してもらうための必須事項であると言えます。

①記事の更新頻度をあげる

記事を頻繁に、大量に更新することです。頻度としては1日3記事以上は必要でしょう。もちろん多いのに越したことはありません。月30記事、3ヶ月100記事程度を最低ラインにしてみましょう。1つの記事はあまり長くなくても読者が飽きてしまうので、ポイントを絞ってひとつのテーマを簡潔にまとめ、頻繁に更新するのです。例えば「節約」というテーマで記事を書くと、長くてまとまりの無い記事になりがちです。「節約、食費」「節約、雑費」「節約、交通費」「節約、交際費」などテーマ絞りこみ、2つのワードで検索しやすくすることで、その記事を求めている読者にヒットしやすく、読みやすい記事になります。1つの長くてまとまらない記事より、4つや5つの簡潔でわかりやすい記事にすることで記事の数(=更新頻度)に結びつけることができます。

②記事の質をあげる

もちろん、記事内容の質をあげることも必要です。簡潔でわかりやすい記事にすることだけんでなく、読者にとって満足のいく記事にすることが必要です。他サイトのコピーペーストであることはもちろんNGですが、ちょっと言い回しを変えただけの同じような内容では、読者の満足につながらないでしょう。斬新な切り口、詳細なデータ、新しい視点や発想、わかりやすい構成など、記事の質を上げることが必要です。良質な記事を提供できれば、読者の満足感があがり、サイト内の他の記事を見てくれるなど回遊率のUPにつながるでしょう。もちろん自サイト内での関連記事への誘導などもできるとなお良いでしょう。

③SEOを意識する

前項で提示した「記事の質」にはSEOへの意識も含まれます。第一に、今読まれやすい、検索されやすいキーワードをリサーチし、求められている情報を提供することです。もちろんサイトが特化している専門分野における話題のキーワード、ニッチな需要のあるキーワードでもかまいません。より検索に引っかかりやすいようにキーワードを効果的に記事内にちりばめることで読者を集めるのは、まとめ記事サイトにとっては基本の戦略であると言えます。

集客につながるまとめ記事を作る方法は?

上記の①~③を実践し、読者を増やすための効果的な方法についてご紹介します。サイト運営、記事の執筆を1人でするには限界があります。1日に何度も更新するための大量の記事を1人で執筆するのは難しいでしょう。また、記事の質を上げるための様々な視点や発想、SEO施策についても、1人で賄うには限界があります。記事を外注することで、これらの問題を解決することができます。もちろん外注には経費がかかりますので、コストをかけた分のリターンがあるかが重要です。記事作成を外注するための方法は主に2つです。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、クラウドワークスやランサーズに代表される、マッチングサービスのことです。これらのサイトには多くのフリーのライターが登録しており、募集をかければ多くのライターを確保することができます。もちろん、記事の専門性(記事作成の難易度)や見合う報酬が得られるかによって、ライターの集まりは変わります。文字単価はおよそ0.4~1.0円程度と、低コストで記事作成を依頼することができます。しかしライターの質が一定ではないので、テストライティングでライターを厳選し、質のよい記事を書くライターに報酬を多く出すなどの対応が必要です。また、人の入れ替わりが激しく、納期を守られないこともあるでしょう。記事内容やSEOについても詳細な指示が必要です。体験談などの記事を大量に確保したり、多くの視点の意見が欲しいとき、大量のデータが欲しいときなどに非常に効果的です。

記事作成代行会社を利用する

記事作成代行会社では、厳選されたライターを専属で多数確保しています。そのため、依頼した記事の品質は一定で、SEOへの意識や納期管理も安心して任せることができます。単価は上がりますが、専門性の高い記事も依頼できます。集客という目的を明確に意識した、高品質な記事を依頼するのであれば、代行会社に依頼するのが確かです。文字単価は1~10円程度を想定しましょう。会社や記事の専門性などで単価は大きく変わります。担当者との打ち合わせやサンプル記事などの質を見て、会社を選ぶとよいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

まとめ記事サイトを運営するにはコストをかけずに1人ですべてをやるより、外注をした方がいいこともあります。記事を大量に確保することや記事の内容をワンパターンにしないこと、SEO施策などを解決するためにコストをかけるのは非常に有意義であると言えるでしょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.