法人メディア向け

コンテンツとは何?正しい意味とWeb戦略に必要な良質コンテンツの作り方

投稿日:

コンテンツとは、何なのか。

インターネット上には、たくさんのウェブサイトがあり、中身が「文字」「音」「映像」などのコンテンツで溢れています。

一人ひとりがクリエイティブになれる時代で、世界中に自分が作ったコンテンツを配信することが容易になった現代、コンテンツの重要性は高まっています。

本記事では、コンテンツの基礎知識を伝えします。

コンテンツとは?-基礎知識

コンテンツとは、「内容」「中身」などを表す英語です。

IT技術が現代ほど発達する以前は、コンテンツという言葉は日本人には馴染みがありませんでした。

ですが、1990年代からのインターネットの急速の発達により、「コンテンツ」という言葉を聞く機会が増えてきました。

特にWeb戦略において現代では、「コンテンツマーケティング」(ユーザーにとって価値のあるコンテンツでWebサイトへ呼び込みファン化し、商品購入などの行動へとつなげるマーケティング施策)が主流になっています。

モバイルコンテンツの重要性

スマホでいつでも快適にインターネットにアクセスできるようになったことで、モバイルコンテンツが爆発的に成長してきました。

身近なものでいえばスマホゲーム、ラインなどのチャットアプリ、地図や乗換案内などのアプリもモバイルコンテンツです。

様々なコンテンツが増えたことで、テレビや雑誌などが主体だったメディアが大きく変化してきました。

動画コンテンツがこれから伸びる?

今後は、NetflixやYouTubeなどの動画の分野のコンテンツの成長が見込まれています。

その理由の1つには、5Gの到来があります。

現在の4Gになったことで、スマホでも動画コンテンツを快適に見るようになりました。

ですが、画質を落としてみないとスムーズに視聴できないことも多くあります。

5Gは4Gの約100倍速い通信システムであり、これにより今後のコンテンツの表現の仕方がガラッと変わるのではないかと言われています。

もっともイメージしやすいのが、動画コンテンツです。いつでも、どこでも、4Kの画像を遅延なしで快適に視聴できるようになれば、さらにユーザーを呼び込めるでしょう。

良質なコンテンツとは?

誰でも簡単にコンテンツを作れる時代になった現代、良質なコンテンツが求められています。

それでは、良質なコンテンツとは何なのでしょうか?

それは、「ユーザーが求めているコンテンツ」とも言えます。

必ずしもコンテンツに対して、求めるユーザー数が多ければ良質であるとは言えませんが、時代のニーズにはマッチしていると言えます。

また多くの場合は、Googleが提供する検索エンジンやYouTubeなどのサービスを通してコンテンツを提供するので、Googleがどんなコンテンツを良質として定めているかも大切になります。

Googleが求めるコンテンツとは?

Googleが定める良質なコンテンツの指標として有名なのが、E-A-T です。

・E-A-T (Expertise/専門性、Authoritativeness/権威、Trustworthiness/信頼)

今後コンテンツを作る上で無視できなのが、これらの良質なコンテンツの指標です。

例えば、専門性という意味では最近YouTubeではビジネスに特化したビジネスチャンネルが増えていますし、専門性があり、権威があり信頼できる人は「インフルエンサー」と呼ばれ、Twitterなどのフォロワー数も多くなります。

ビジネスや投資に興味を持つ人が増えたことで、転職やビットコインなどの投資について説明するウェブサイトもたくさんあります。

コンテンツとは積み重ねることが重要

今後YouTubeやウェブサイトなどのコンテンツを作ってみたいと感じている人も、多いのではないでしょうか。

特にYouTubeなどのコンテンツには、芸能人がたくさん参入していて、コンテンツの質も年々上がっており、ライバルの参入も多くなっています。

また、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えたことで、今後もコンテンツの量はさらに増加していくでしょう。

しかし、コンテンツとは積み重ねることが重要です。

どんなウェブサイトやYouTubeチャンネルも、すぐにユーザーが呼び込めたわけではありません。

どんな良質なコンテンツも作っても、継続していくことをしなければ意味がありません。

外部に発注することも選択肢の1つ

良いコンテンツを継続的に安定して作りたいなら、外部に発注することも選択肢の1つです。

例えば、副業でウェブサイトを作っているけど作業する時間が少なくて、毎日更新できずにいる場合などは、記事制作代行のサービスなどの利用がおすすめです。

良質なコンテンツをプロに作成してもらうことで、よりGoogleが指標している「E-A-T」に忠実なコンテンツを作成してもらうことができます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

今後、個人でコンテンツを発信する人がさらに増加するでしょう。

ですが、利益を求めてばかりで、本質的なことを見失わないようにしましょう。

価値のあるコンテンツは必ず評価されるので、自分が楽しめてユーザーを有益になるようなコンテンツを作ってみましょう。

また、コンテンツは形としてずっと残る作品になるので、継続することでコンテンツの量も増えて充実した内容になります。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.