法人メディア向け

記事代行ってなに?記事代行の内容やメリットを知りたい

投稿日:

「記事代行ってなに?」と思う人もいるでしょう。自分の趣味の情報を発信しているだけの人なら、自分以外の人が記事を書くという意味が分からないかもしれません。しかし、複数のサイトを運営する人や大量の記事が必要で手が回らない人には便利なものです。そこで、記事代行のことについてご紹介します。

そもそも記事代行ってなに?

記事にはどんなものがあるのか

紙媒体、ネット上など記事と呼ばれるものには多くの種類があります。

一つは「情報記事」です。何かの情報を知りたいときにそのキーワードを打ち込むと混交玉石ではありますが、数多くのサイトが引っ掛かってくるでしょう。「うさぎの飼い方」などのキーワードを入れると、様々なうさぎの飼い方が紹介されたサイトが並びます。

次に「コラム記事」です。情報記事とコラム記事の違いは、ただ単に情報を載せるだけでなく経験談や意見なども含めたものを書いているところでしょう。ただし、伝聞の文体や主役が「私」などの記事は好まれません。

ほかによく見かけるのが「まとめ記事」「商品紹介記事」「ランキング記事」などです。これらは、最新情報や人気があるものをまとめてあることが重要となります。

そして、最後に「リライト記事」です。リライト記事は、既存の記事に手を入れてアクセス数や滞在時間を増やすことが目的となります。SEOなどを強化することで、それまでほとんどなかった閲覧数を上げることに期待が持てるでしょう。

記事代行の種類

記事の制作代行とは、記事を外注するということです。外注にも複数の方法があり、大別すると二種類になります。その二つは、クラウドソーシングサイトと記事制作代行会社です。

クラウドソーシングサイトには、ライティングに特化したものと様々な仕事をまとめて募集しているものがあります。Web上で不特定多数の人を募集して委託するのがクラウドソーシング、専属ライターにより細かい要望に配慮した記事を製作してもらえるのが記事制作代行会社です。

クラウドソーシング

多くの記事を低価格で依頼することが可能となります。ただし、必ずしもプロのライターに当たるとは限らないため品質にバラつきが出てくるのが難点です。

記事制作代行会社

不特定多数に依頼するのではなく、専属のライターが担当します。そのため、クラウドソーシングに比べて、料金が高くなるでしょう。しかし、その分だけ品質が高く、バラつきのない記事に仕上げてくれるのが特徴です。

記事代行を依頼するのはどんな人?

記事代行を依頼する人たちは、高品質の記事が必要だったり、社員などの人員を記事制作に割けなかったり、多くのサイトを運営していてひとりでは記事執筆が追いつかなかったりする事情があります。また、毎日や定期的な記事の更新が負担になる人もいるでしょう。

ほかにも、自分自身で制作していたけれどアクセス数が上がらないことから記事代行にお願いして閲覧数が増加するサイトに変え、広告を見てもらおうと考える人もいます。

記事代行を依頼するメリット・デメリット

記事代行で時間と労力の節約

記事制作には、思いのほか労力や時間が必要です。記事制作は、ただ書くだけでなく情報や資料集めと精査、構成作りなどをしなければなりません。そして、書き上がった文章の推敲や正確な情報なのかの確認も重要になります。

これらの業務も最初は頑張って続けていたとしても、次第にネタ切れになったり、情熱が薄れてきたりするものです。特に、更新頻度を高くしなければならない場合は、多くの負担が掛かってきます。これを自社の社員で賄おうとすると、負担が大きくほかの業務にも支障が出てくるでしょう。

この点を補えるのが「記事代行」です。数多くの記事を低単価で頼みたいときはクラウドソーシングに頼んだり、量より質が重要なら記事代行会社に依頼したりと選択することができます。

記事代行で閲覧(PV)数増加

検索上位に位置し、閲覧数が上がる記事を書くことは難しいものです。その上「SEOの対策をしよう」といわれても、素人には難しいのではないでしょうか。また、Googleアルゴリズムのアップデートなどにより、量だけでなく質も求められるようになっています。

様々な変動に対応し、日常業務も行いながら記事を書くのは大変なことです。そこに多くの時間を割くなら、記事代行に依頼して質の高い記事を書いてもらうのも一つの選択となるでしょう。

「SEOの対策に特化した記事にしてほしい」「質の高いオリジナリティのある記事を書いてほしい」「記事だけでなくサイト全体を見直して閲覧数を上げたい」などの要望を出すことも可能です。

文字単価と記事代行会社探し

記事代行には時間や労力の節約、閲覧数の増加などよい点が多いのですが、ためらう人もいます。それは、コストが掛かることと、要望をきちんと汲み取ってくれるライターや記事制作代行会社を見つけることが難しいという点です。

評判がよい記事制作代行会社は、文字単価が高いことも多くなります。ところが、高いからといって自社が求めているものと合うとは限りません。そのため、相性がよい相手を探すのは難しいと感じる人もいるでしょう。

また、頼みたくても予算が合わないこともあります。その場合は諦めるか、収益のバランスの取れるところに頼むしかないかもしれません。

記事制作会社には得意分野があります。依頼するときは自分たちが求めているものがどの分野なのかなどをはっきりさせ、レギュレーションを伝わりやすいものにしておくとよいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

記事は自分で書くものと思いがちですが、規模が大きくなったり、多忙になったりすると手が回らなくなります。そのときに便利なのが記事制作を外注することです。

「頼みたいけれど、記事制作代行会社は単価が高くて二の足を踏む」ということもあるでしょう。そのような場合は、高い品質重視でなければクラウドソーシングサイトに依頼する方法があります。

また、記事代行を頼む場合も一から十まで依頼すると高額になるため、企画や校正は自社で行い、記事制作だけ代行会社へという方法も考えられるでしょう。

どの方法にするかは考え方次第ですが、労力の割にアクセス数が上がらないなら記事制作代行を考えてみてもよいのではないでしょうか。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.