法人メディア向け

ブログの記事を書くのが大変な方必見!記事作成代行サービスって便利?

投稿日:

ブログ運営している方、特に広告収入で利益を出したいと考えている方にとって、記事をたくさん更新して読者を集めたり回遊率をあげることは課題ですよね。趣味でブログを運営しているのであれば書きたいことは尽きないかもしれませんが、仕事としてブログを更新している方が皆が皆、記事をくのが得意だったり、ネタをたくさん持っている訳ではないでしょう。1日の更新を頻回にするためにも、1人の力で記事を大量に執筆することは難しいですよね。

ブログの記事作成代行サービスとは?

記事作成は、実は外注することができるんです。外注の方法は主に2つ。クラウドソーシングでフリーのライターを自分で募集して執筆を依頼する方法と、記事作成代行会社に執筆を依頼する方法です。まずはこの2つの方法について解説しますね。

クラウドソーシングで依頼する

クラウドソーシングとはフリーのライターとのマッチングサービスの総称です。ライター以外にもCADやデザイナーなど、色々なフリーランサーを探すことができます。クラウドワークスやランサーズが有名ですね。クラウドソーシングで募集する場合は、文字単価を自分で設定します。低単価ではライターが集まらず、専門的な内容になるほど高単価設定にする必要がありますが、およそ文字単価0.3~1.0円が基本です。体験談や料理レシピなど簡単な記事を大量に集めるのにおすすめですが、ライターの質が一定ではないのがデメリットです。文章作成能力や納期管理、SEO(検索エンジン最適)への意識が甘いため、テストライティングでのライターの厳選や、記事テーマやキーワードの指定を詳細に行う必要があります。

記事作成代行会社で依頼する

記事作成代行会社は、テストをクリアした専属ライターを抱えており、一定レベル以上の記事を提供してくれる会社です。これらの会社では文字単価が設定されています。もちろん記事の質についても費用は大きく異なりますが、少なくともコピーペーストチェックや文章作成能力については保証があります。専門的な記事内容にも、単価は上がりますが対応してくれます。記事の内容や視点、納期管理、SEO施策などの面では、クラウドソーシングより記事作成代行会社に依頼した方が安心できます。文字単価は0.7~10円会社によって大きくひらきがあります。

ブログの記事はどちらの代行サービスに依頼するのがいいの?

はっきりどちらがいいということは無く、使い分けのポイントが大切です。最終目的がブログの広告収入を上げることであれば、利益が出るように出費と収入のバランスやコストパフォーマンスを考える必要があります。

サービスのメリット比較

ブログ運営で読者を集めるためには、3ヶ月で100記事程度の更新は最低でもしておきたいところです。クラウドワークスで2000文字の100記事を文字単0.5円で依頼すれば10万円のコストがかかります。ただし、執筆システムやキーワードの選定、ライターの募集やテストの手間がかかります。記事の質やSEOが不十分であれば読者が増えず、無駄な出費になることもあります。記事作成代行会社に同じ量の記事を依頼した場合、2000文字の100記事を文字単3円で60万円です。高額に思えますが、他の手間はかかりません。キーワード選定を自分で行い、執筆だけを依頼することで安くあがることもあります。読者の目をひく記事内容、着眼点、文章の展開、SEO施策などにより、リピーター読者数が増えることも期待できます。専門的な内容で需要に合う記事が提供できれば、読者を集めやすいでしょう。ブログのテーマに合わせて、どちらが合うかを見極めるのがいいでしょう。

おすすめのブログ記事代行サービスは?

クラウドワークス…クラウドソーシングです。比較的新しいサイトのため話題性も高く、全体の案件数も多いです。知名度があり利用しやすいサービスです。

ランサーズ…クラウドソーシングです。大規模で仕事の数やライターの数が多く、募集をかけやすいです。1日常中も募集可能で、ライティングにおいてはクラウドワークスより案件も多く、強みがあります。

サグーワークス…記事作成代行会社です。登録ライターがランク付けされており、ライターを指定できます。0.75~3円程度の値段帯が多く利用されています。記事内容にも細かい指定が可能です。

記事作成代行ドットコム…記事作成代行会社です。簡単なブログ記事などを依頼できるおまかせコースと、高品質な記事になるよう詳細な指定が出せるこだわりコースがあります。ライターの選定や納期管理などすべて担当者がしてくれます。文字単価は1~8円ほどです。

Buildup…記事作成代行会社です。オウンドメディア向きで、記事タイトルやテーマを決めずとも、すべておまかせで依頼できます。1文字7円~の依頼で、1本1000文字の小さな記事から依頼できることや、SEOに力を入れている点が強みです。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

クラウドソーシングと記事作成代行会社、どちらも便利な記事作成を代行してくれるサービスですね。それぞれメリット・デメリットがありますので、ブログの内容に合わせて使い分けが必要です。またコストをかけた分利益が出ないといけませんね。数ヶ月試しに使ってみて比較してみるのも有効でしょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.