法人メディア向け

webコンテンツとは?戦略的なマーケティングと具体的方法をご紹介

投稿日:

インターネットビジネスが広がりを見せる中「webコンテンツ」という言葉をよく耳にします。しかし抽象的な言い回しであるためその意味をきちんと理解せず、なんの戦略もなく記事をただ量産し続けている方が多いかもしれません。webを使い集客やプロモーションを打つにはこのコンテンツが非常に大切で、ターゲットである顧客に見合ったコンテンツを提供することが重要となります。

マーケティングや集客につなげるための戦略的なwebコンテンツ作りについて解説していきます。

webコンテンツを作る目的

企業などがwebコンテンツを作成する最終目的は自社の売上げ向上です。具体的にはコンテンツを活用してリードナーチャリングとリードジェネレーションを行うこと。この2つの言葉の意味について解説します。

リードジェネレーション

「リードジェネレーション」とはまったくもって未開拓だった人たちへアプローチをし、将来的に自社サービスや商品を購入してくれる可能性を秘めた見込み顧客にすること。リードとは見込み顧客のことで、効果的な戦略によってたくさんのリードを生み出し企業活動を活発化させることができます。

リードナーチャリング

リードを生み出していくリードジェネレーションに対して、最終的にそのリードを最良顧客にさせるのがリードナーチャリング。リードのニーズに対してタイミング良く彼らの興味関心をひく情報を提供しつつ、最終的に自社製品やサービスのリピーターとなるまで育てるプロセスを指します。現在日本では非常に有効なマーケティング手法とされ注目されています。

webコンテンツを作成するためのコツ

webコンテンツを実際に作成するにあたり注意すべきポイントを解説していきます。

最終目的からコンテンツの質を考える

コンテンツを作成し始める前に、最終的な目的を念頭にコンテンツ内容と方向性を決定することが重要です。

単純にアクセス数を稼ぎたいものと、質の高いリードをコンバージョンさせるためのものとでは構成や内容などが大きく異なってきます。また、既存客向けと新規客向けのニュースレターなども盛り込むポイントがかなり違ってきます。最終目的をしっかりと掲げ、成果を上げられるようコンテンツの中身を吟味していきましょう。

ターゲットユーザーを明確にする

どのような相手にどういった情報を提供していくかをはっきりさせておくことは非常に重要で、コンテンツマーケットにおいてターゲットの求めている情報やより知りたい情報を上手く提供していくことができます。顧客を知ることは有益な情報を得ることにつながるのです。

さらにターゲットが興味関心を示すであろうキーワードの選定も大切。SEOにも深く関わることなので十分時間をかけて取り組んでいきましょう。

継続利用&拡散されやすいものと軸に充実させる

SEOを考えた場合単発で終了してしまうコンテンツよりも、ユーザーがずっと訪問し閲覧したい情報を軸に展開するほうがおすすめ。さらに高い質のものが蓄積され信頼感を獲得することで、結果的に集客精度がUPしていきます。

SNSなどで拡散しやすい情報を組み込むのもメリットがあります。必須ではないですが、注目を集めるようなタイトルなどがあると人は惹きつけられ話題とされる場合があります。

戦略的なwebコンテンツマーケティングのすすめ

webコンテンツをマーケティング戦略に連携させるためのポイントを解説します。

コンテンツマーケティングという視点をもつ

近年ではリードナーチャリングの代表的な手法としてコンテンツマーケティングが注目されています。webコンテンツを通じて顧客の興味を引き出し最終的に優良顧客に育てる一連の施策が成果を上げているという証拠です。

まずwebコンテンツをコンテンツマーケティングの観点から捉え直し、有効な仕組み作りでアクセス数を増やしコンバージョン率をUPさせていきましょう。

コンテンツ間の導線を吟味する

コンテンツマーケティングの重要ポイントは、それぞれのコンテンツ間の「導線」を考えていくこと。異なる目的で構築したコンテンツ同士を上手く連携させ、求める情報を適切なタイミングで提供するような導線にします。すると、顧客をコミュニケーションをとりつつより顧客からの支持を得られるようになるのです。

問題解決型の情報コンテンツとセールス用コンテンツを連携させ、購買につなげる流れがその良い例です。

webコンテンツ制作に役立つサービス

webコンテンツは質の高さを維持することも重要ですが、同時に量的にある程度のボリュームを担保することも重要になります。そこで役立つのが記事制作代行サービス。外部委託によりスキルの高いライターを活用でき、安定し充実した内容の記事コンテンツの提供が可能となります。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

昨今は業界や業種を問わずほとんどの人々がインターネットで情報を集め、商品やサービスを閲覧しながら比較検討する時代です。そのような状況で人々の関心事となる情報をwebコンテンツ内で提供し、信頼度や売上げに結びつけるマーケティング手法は必要不可欠といえるでしょう。

効果的なwebコンテンツを作成し、充実した顧客とのコミュニケーションの中で戦略的なマーケティングを実践していきましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.