個人メディア向け

Pasonoの法則を使って心理的トリガーを発動させる方法

更新日:

ネットビジネスをする上で、ライティングの技術とういのはとても大切です。

ユーザーの心理を上手に理解して、最終的には購買意欲をたかめて誘導するようなセールスライティングは、ネットビジネスの中でよく使われています。

プロのライティングをみて「私にはライティングのセンスがないから無理かな」と考えている人もいるのではないでしょうか。

このようなセールスライティングはフレームワークという構造に当てはめることで、ユーザーの気持ちをつかむライティングが可能になります。

この記事ではPasona(パソナ)の法則とう、セールスライティングでよく活用されているフレームワークについてお伝えします。

Pasonaの法則とは

instagram-image

joy_soloben

Pasonaの法則は、日本人のマーケッターでもある神田昌典氏が提唱してるセールスライティングで使われるフレームワークです。

これを使うことによりネットビジネスで「見込み客の購買意欲を高めて誘導する」ことができるようになります。

ライティングには目的によってこのような法則が、長い営業の蓄積から人間心理に基づく効果的な手法が使われています。

Pasonaの意味

Pasonaの意味を一文字づつみていきまましょう。

P:Problem (問題)

A:Agitation(指摘)

SO:Solusion(解決策)

N:Nallow Down(絞り込む)

A:Action(行動)

Pasonaの法則を利用して、薄毛の商品で具体例を考えてみましょう。

P:Problem(問題)=「最近薄毛が気になりだした人に...」などから始まり薄毛の問題を定義する。

A:Agitation(指摘)=ユーザーの薄毛の原因を指摘する「このままでいると薄毛がどんどん進行して...」など問題を自覚して意識させる。

SO:Solusion(解決策)=ユーザーの薄毛の解決策にはどのような方法がいいのかを明確にしてあげる。アメとムチではありませんが、問題を指摘してから、しっかり解決策を説明するので頭に入りやすくなる。

N:Nallow Down(絞り込む)=「今だけOO%OFF」「気に入らなかったら全額返金」などの特別感をだいて、購入しない道を防ぐ。

A:Action(行動):最終的にユーザーが購入するように「申し込み」のリンクを載せてアクションをうながす。クレジットや電子マネー払いができて、スムーズな手続きをできることでユーザーを取りこぼさないようにする。

Pasonaの法則はどんな時に使うのか

Pasonaの法則は、最終的にユーザーなどに「オファー」をもらうことが目的です。

商品商材だけでなく、見積もりや査定など(この時点では無料)であっても何かしらのオファーがあって、始めたてPasonaの法則が成功したといえます。

Pasonaの法則は何もライティングだけでなく、営業トークのフレームワークとしても使えます。

それはPasonaの法則が、人が商品やサービスを買ってしまう心理的トリガーを発動させる効果があるからです。

何も考えずに営業トークやアフィリエイトをしても、心理的トリガーを動かすことができなければ購買意欲が高まりません。

Pasonaの法則は「オファー」をもらうことを目的としたものに関して、全で使えるマルチな法則です。

Pasonaの法則は日本人向き

セールスライティングには例えばQuestの法則などのように、様々なフレームワークがありますが、Pasonaの法則は日本人が提唱している法則なので、日本人の心理的トリガーを一番刺激できる法則でもあります。

ただしセールスライティングに使われるフレームワークは、日々時代の流れに合わせて進化しています。

Pasonaの法則は色んなシチュエーションに使えますが、必ずしも万能ではないので様々なライティングのフレームワークを勉強して、状況により最適な法則を使えるようになりましょう。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

セールライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道にセールスライティングを書き続ける努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでセールスライティングを、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。

もしも会社内で、セールスライティングを制作することができない場合は、SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに依頼することができます。

プロの記事代行は、クラウドソーシングサービスと比べても質が高いセールスライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。

幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

Pasonaの法則は、心理学や脳科学などの人間心理に基づいていて、様々なビジネスシーンで役立つスキルになります。

特にPasonaの法則は、ライティングに効果があり、言葉でどようにユーザーの購買意欲を高めてスムーズにオファーをするまで導いてくれる効果があります。

人の心を動かすスキルは一生モノで、習得しておくと今後きっと役に立つでしょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.