個人メディア向け

構成を極めることはライティング上達の最大のコツ

更新日:

ライティングのコツは、何を目的としているかで方法が変わります。

そこでこの記事ではライティングのスキルを上げるコツとして、構成についてお伝えします。

構成はライティングの中で、80%以上を占めると言われる大事な作業です。構成ができたら、ライティングはほぼ完成したようなものなのです。

そしてライティングの基礎は構成にあるので、コツをつかむのには最適ではないでしょうか。

ライティングのコツ

スピードアップ、質の向上、売上アップ、レスポンスがもらえる、などの目的によってライティングのコツは幅広くあります。その中でも全てに共通していることが、ユーザーを意識してライティングをしているかどうかです。

すべての事は、基本の形があります。ライティングもガムシャラにしても、上達するこが難しいでしょう。

ではどうすれば、ライティングが上達するのでしょうか。

例えばユーザーに最後まで読み切られる文章は、書き手がしっかりとユーザーを頭の中でイメージできています。

これは言い方を変えるとペルソナ(あなたが最も文章を読んでほしい具体的な人物像)を作ってからライティングする人は、ユーザーのニーズにしっかりと答えることができる文章を書けるようになります。

ユーザーのニーズを知る

ライティングの構成では、ユーザーのニーズを知ることが大切です。

具体的に「どんなことが知りたいのか」「どうなればゴールなのか」を考えてからライティングするのがコツになります。

どんなことが知りたいのかを知ることで必要な情報が何であるかが分かり、ユーザーが記事を読み終わった時に、どのような状態になっていることがゴール(目的)であるかを構成の時点で明確にしましょう。

ライティングスピードをあげるコツ

ライティングのスピードアップのコツは、得意なジャンルをやることです。

得意なジャンルではない場合は、一からリサーチして勉強をしないといけなくなります。

これはライティングの幅を広げて、知識をつける意味では新しいジャンルに挑戦するのはいいですが、情報を集めるのに時間がかかり、その情報を噛み砕いて自分のライティングに落とし込むのは時間がかかるので、スピード重視でライティングをしているときには不向きになります。

得意なジャンルであれば知識がすでにあり、自分の体験や感想などを織り交ぜながらライティングが可能になります。

Webライティングのコツ

Webライティングとは基本的には、Webで記事を書くお仕事のことを指しています

例えば

・ブログ

・ネットショップの商品説明

・インタビュー

・体験談

Webライティングは、会話と違い正確に伝えないと伝わらない特徴があります。

会話では言葉以外に顔の表情や体のジェスチャーなど、色んな要素がプラスになるので、相手に伝えたいメッセージをより簡単に届けることができます。

例えば英語ができなくても、英単語と体のジェスチャーだけで相手が何を伝えているのかが分かります。

ですがライティングではそうはいきません、言葉だけで情報を伝えるライティングは、しっかりと構成を立てて準備しないと、意味が伝わらないからです。

ライティングのコツはユーザーのストレスを意識する

ライティングはユーザーをイメージすることが大切ですが、ユーザーが文章を読むときのストレスも考慮しなければなりません。

ユーザーがWebページが離れることを「離脱」といいますが、もしもユーザーが文章を読んでいるときに「必要な情報がない」と思ったならすぐに離脱するでしょう。

そうならない為にもライティングでは、結論を先に書く方法が使われています。

結論優先のライティングではPREP法が有効

結論優先でライティングするのが、離脱率を減らすコツになります。

例えば一般的によく使われるPREP法は、文章をユーザーに分かりやすく伝えるコツとして有名です。

P:Point(結論)

R:Reason(理由)

E:Example(例)

P:Point(結論)

ポイントとは結論のことを指していて、始めに結論を言うことで、文章全体の内容がつかめます。もしも興味を引くことができたら、その後読み進めてくれる可能性が高くなります。

始めの段落で読み続けるかどうかが決まるので、需要なライティングのコツです。

会話のように最後まで話を聞いてくれる可能性が少ないライティングでは、このようにユーザーにストレスを与えないことで、最後まで読んでもらえる文章になります。

時代に合わせたライティングをするコツ

現代人の半数以上はスマホ経由で、インターネットを利用しています。言い換えればライティングの半数以上は、スマホで読まれているのです。これはライティングするときに、とっても重要なことです。

大きなパソコン画面でライティングをしたものは、スマホでみると段落が長すぎて読みにくくなるらからです。

そのため一段落には一つの事柄を短いく表現したライティングが、ユーザーにとって読みやすい文章になるのです。

箇条書きやグラフを使う

何時間もかけてライティングした文章でも実際は、ユーザーにじっくりと文章を読んでもらえることは少ないです。ほとんどの記事は、スマホで流し読みをされています。

ユーザーが知りたい情報をコンパクトにまとまっているほうが、ユーザーのストレスもすくなります。ユーザーにストレスをかけないためにも、箇条書きや数値、グラフで情報を伝える方法などを取り入れてみましょう。

ライティングのコツは狭く細くとどける

ライティングの質は構成の段階で決まってしまうことが多いのですが、ライティングを行う上で構成を立てるのは、面倒くさいのが本音でもあります。

構成とは各部分の見出しを集めて、または各部分の見出しを集めて全体を組み立てることです。

見出しはライティングでは、結論の部分であり目次になる文章です。

ここで注意を引ける見出しでなければ、ユーザーはついてきてはくれません。

ユーザーのニーズが多種多様になった現代では、「より狭く、より深い」内容で書かれていることが大切です。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に文章を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでブログのライティングを、プロに外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。

SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、依頼することができます。

質が高いライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。また幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

ライティングのコツは、ユーザーを意識することです。誰に向けて文章を書いているのかを、明確にすることは大切です。

実際の会話と違い、ライティングの場合は目の前に人がいるわけではありません。

ですのがもしもユーザーを意識しないでいると、チグハグな文章になったり、自分中心にライティングしてしまい、ユーザーを無視した記事になります。

しっかりとユーザーを意識して構成を作り、メッセージを伝える意識を持ちましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.