個人メディア向け

Webライティングのおすすめ本は3つのジャンルに分けて選ぶのがコツ

投稿日:

「webライティングに勉強におすすめの本は何ですか?」と聞かれたら、それはとても困る質問になります。なぜならwebライティングの本はたくさん出版されていて、売れている本の内容が素晴らしいものが多数あるが、目的によってしっかりと選ばないと学べることが少ないからです。

そもそもwebライティングは「web」と「ライティング」を合わせた造語ですが、この2つは全く異るもんです。webライティングを一度に学べる本というのは少なく、あっても詰め込み過ぎていて薄い内容の本が多いのが特徴です。

Webのことを学びたいならマーケティング中心になりますが、ライティングを学びたいならセールス中心になります。

そこでこの記事をでは失敗しない、目的に合わせたおすすめ本をご紹介します。

webライティングに役立つライティングのおすすめ本

Webライティングするならまずは「ライティング」のスキルが必要になります。
「文章を書くのが苦手...」「文章を書くのに時間がかかる...」と感じる人におすすめの本になります。

また本を選ぶときはタイトルだけで決めないで、目次も確認しましょう。目次は本の内容を要約しているので、自分にとって必要な情報が書かれいるかがわかります。

webライティングは小説を書くわけではないので、文才は必要ありません。誰にでも伝わるように構成を立ててやれば、誰にでも出来ることです。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

instagram-image

jyunna0825

Webライティングを始めた人の多くがぶつかる壁が「文章が書けない」といったトラブルです。
日本語を毎日使っているのに、文字になると相手に伝わる文章が書けなかったり、読みづらい文章をになるのは、ライティングの基礎が足りていないからです。

目次
話せるのに書けない!
文章にリズムがない!
「読みづらい」「わかりにくい」と言われてしまう!
改行や句読点のコツを知らない!
文章をどう展開していいか、よくわからない!
伝わらない!
書くことが多すぎて、絞りきれない!
そもそも文才がない!
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4061385100/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392

目次をみてもライティングの基礎の方法が書かれているのがわかります、逆にこの目次をみてこれぐらいの基礎ならもう身についるよっていう方には物足りなく感じるかもしれません。

10倍速く書ける 超スピード文章術

instagram-image

sudoyumi

Webライティングに必須なことが、記事を量産することです。その為にライティングのスピードが速いことが、とても武器になります。
それは成果報酬型でもクリック報酬型のアフィリエイトでも同様にいます。

記事を量産できることは、webライティングに最も必要なスキルでもあります。
もちろんライティングのスピードが早くてのもコンテンツが悪ければ、ユーザーにとっても有益な情報になりません。

ですが不思議なことにスピードアップの秘訣は、コンテンツの質の向上にもwebライティングの場合にはなるのです。
10倍速く書いてライティングの質もあげる方法が詰まっています。

目次
序章 なぜ文章を書くのに 時間がかかってしまうのか?
第1章 10倍速く書ける「素材文章術」
第2章 正しい素材を集める2つのルール
第3章 素材をひたすら集める
第4章 素材を読みやすい順番に組み立てる
第5章 一気に書き上げる
第6章 読みやすく整える
実践編 ケース別・速筆術

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4478102449?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

Webライティングのおすすめ本

webライティングに必要スキルといばSEOライティングのように、読者のニーズだけでなく検索上位に表示されるようにする技術です。
Webライティングを学ぶ場合は、ライティングを切り離しピンポイントに勉強するのがおすすめです。

そこでwebライティングに必要なのが、マーケティングの力なんです。
webライティングはGoogleの検索上位に表示されないとことには、読んでもられる記事にはなりません。

芸能人や専門家のような権威性がない一般人が、webライティングで上位表示させるには、Googleのアルゴリズムに合わせたSEOライティングが必要になります。

ライティングのスキルが、人間心理をつかむものなら、webマーケティングでは市場心理をつかむことが必要なのです。

そこでSEOなどのスキルアップに、おすすめの本をご紹介します。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘

instagram-image

ryuta1000

少しインパクトのある体裁をしていますが、内容はしっかりとしていてwebライティングで必要なSEOの知識が一から学ぶことができます。

ライティングのスキルがしっかりとついたら次に必要になるのが、インターネットの環境に合わせたwebライティングをするスキルです。

Webライティングが初心者に難しいのは、マーケティングとセールスの両方の知識が必要になるからです。

普通の会社ではマーケティングとセールスは切り離された別々の部署ですが、webライティングではこの両方の知識が必要になるのです。

目次
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ
出典:https://www.amazon.co.jp/沈黙のWebライティング-—Webマーケッター-ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉-松尾-茂起/dp/4844366238/ref=pd_sim_14_4/357-3005737-4649642?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4844366238&pd_rd_r=d42be836-19f9-4f7f-9dfd-6847b402f441&pd_rd_w=84Twc&pd_rd_wg=gLcWv&pf_rd_p=b88353e4-7ed3-4da1-bc65-341dfa3a88ce&pf_rd_r=P90ARQ3MNF8B8KWQ1377&psc=1&refRID=P90ARQ3MNF8B8KWQ1377

SEOライティングに必要な知識が学べて、検索上位表示のコツやバズるコンテンツの作り方まで網羅しています。

Webライティングのおすすめ本で稼ぐマインドを学ぶ

Webライティングの知識があれば、webライターとて報酬を得ることができます。一般的にはクラウドソーシングを使い、ライティングの仕事を取ったりします。

しかしWebライターとして稼ごうと思うと、様々な壁にぶち当たります。報酬単価の低さや、細かな決まりごとがあり、割に合わない仕事などです。

Webライターとしてライティングの技術があるなら、しっかりとクライアントに評価してもらい、報酬をあげるもらう努力をしないと、いつまでたっても単価が上がりません。

そこでwebライターとしての仕事術を学びたいならおすすめの本をお伝えします。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

instagram-image

hysataka

Webライターが毎月20万円以上稼ぐために、必要なマインドが知ることができます。
目次をみていただけると分かりますが、本書ではwebライターとしての仕事術が書かれています。

ライターとしての評価をあげる習慣を学び、現在すでにwebライターとして活躍している方が報酬を増やしていくには、どうすればいいかが分かります。

目次
第1章 あなたがWebライターとして稼げていない「5つの原因」
第2章 稼げる人がやっている、「クライアントが求める原稿を作る」習慣
第3章 稼げる人がやっている、「早く書く/原稿の質を上げる」習慣
第4章 稼げる人がやっている、「受けるべき仕事、避けるべき仕事を見分ける」習慣
第5章 稼げる人がやっている、「ライターとしての評価をあげる」習慣
第6章 稼げる人がやっている、「次につなげる活動をする」習慣
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/toc/479805139X/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392

ライティングのスキルがある程度とついた時に読めば、さらにwebライターとして向上する方法が分かります。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

アフィリエイトのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に記事を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこで記事を定期的に増やせない場合は、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、記事作成を依頼することができます。質が高い記事が期待できるので、アクセス数の向上にもなります。幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

Webライティングのスキルは、目的の応じて変わってきます。ライティング術、マーケティング術、仕事術の3つのジャンルに混合して考えると頭がパンクしてしまうので、、別々で考えることがおすすめです。
webライティングが難しいのは、様々な要素が組み合わさっているからです。複雑に考えず、一つ一つジャンル分けして考えるとお目当ての本が見つかります。

本を購入する前にwebライティングの中でもどんな知識を知りたいのか一度頭の中で確認して、本を選ぶときはタイトルだけでなく、目次も確認して必要な情報があるか確認しましょう。

実際の本屋さんにいけば、中身もどんあ内容なのかより具体的に理解できるでしょう。

Webライティングのスキルはアフィリエイトやwebライターだけでなく、様々な場面で役立つスキルがたくさんあります。

このような技術は一生使える技術になるので、おすすめ本などを参考にして勉強してみましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.