個人メディア向け

ライティング初心者が注意すべきポイントとは?

投稿日:

アフィリエイトをする場合や、オンライン上で商品を販売する場合には、読者や顧客を引きつけるための文章(レター)が必要になります。

ライティングが持つ効果は非常に大きく、魅力的なライティングができればそれだけ潜在顧客をものにすることができます。

今回はライティング初心者の方のために、注意点や重要なポイントについて解説していきます。

 

ライティング初心者が陥りがちなミス

ライティングはビジネスを拡大させるためには必須のスキルですが、売れる文章とそうでない文章があります。

売れる文章には特徴があり、闇雲に文章を書けば良いわけではありません。

以下、初心者の方が陥りがちなミスについて解説していきます。

 

読者を想定していない

作成する文章を誰に読んでもらいたいかを考えないでライティングしてしまうのはNGです。

オンライン上でのライティングであれば、たしかに不特定多数の人に読んでもらえる可能性はありますが、ターゲットを明確に絞らないと中途半端な文章になってしまい、安定して読んでもらうことができなくなってしまいます。

毎回ジャンルの違う記事を書いていると、昨日読んでくれた読者が今日は読んでくれないという状態になってしまいます。

まずライティングをおこなう際には、誰に読んでほしいのかを明確にしましょう。

単純に性別で単純に区切るだけでなく、より具体的に「30代男性、家族持ちで運動不足」などの細かいターゲティングをすると、文章にみも具体性がでてきます。

 

うまい文章を書こうとする

作文が得意、言葉遣いに自身があれば良いライティングができるかというと、必ずしも良いというわけではありません。

もちろん文章が得意なのに越したことはないですが、アフィリエイトやインターネット販売で売れるための文章作成は、作文や論文とは違います。

「うまいことを書いてやろう」とあまり考えると独りよがりの文章になってしまい、読者を置き去りにしてしまいます。

小説家ではなく、あくまでもあなたは記事を読んで貰う側の人なので、以下に読者にメリットのあるコンテンツを紹介できるかが肝心です。

 

本ばかり読んで実際に書かない

最近ではwebセールスライティングの本も多く販売されており、国内外で実績のあるマーケッターの書いた本を読むことで、どのような文章を書くのが効果的なのかを知ることができます。

ライティングに関しての本は初心者の方は絶対に読むべきですが、初心者の方はしばしば、本を読んでばかりで実践に移さないという人がいます。

今回この本を読んだから今度はこの本を読もう、などと考えて実際にライティングを行わないと、能力を高めることはできません。

理想としては、本を読んで「なるほど」と思うところがあったら即実践で活用するという流れになります。

インプットとアウトプットをうまく回転させることで、クオリティの高い文章を書けるようになってきます。

 

ライティング初心者が実践すべきこと

上記ではライティング初心者が陥りがちなミスについて解説してきました。

以下では、より効果的な文章を書くためにすべきことについて詳しく解説していきます。

 

量をこなす(アフィリエイトの場合)

質の高い文章が書けるようになるには、それなりの量を書く必要があります。

当然適当に書けば良いというわけではなく、想定される読者を対象とし、さらに本で得た知識を活かした文章にすべきなのはいうまでもありませんが、それでも最初のうちはもうようにトラフィックを稼げないものです。

それでも粘り強く書く事によって少しずつコツが分かってきます。

ブログやホームページでライティングをおこなう場合には、1日1記事書くくらいの意気込みで書くと良いでしょう。

 

過去の良質な文章に触れる

国内外問わず、過去にはとてつもない効果を発揮したライティングが存在します。

特にセールスコピーライティングの聖地であるアメリカでは伝説給の文章がいくつも存在します。

こうした文章を読み、そして実際に丸写ししてみることで、良い文章の流れや表現を意識することができます。

内容を丸パクリしてしまうのは絶対にしてはいけませんが、言い回しや展開などについては意識して使っていくといいでしょう。

何十年も前の文章は、今現在でも通用する普遍的な魅力を持っているので、古いから今は効果がないということはありません。

 

文章代行サービスを活用する

文章の代行をプロに依頼するというのも、初心者の方におすすめです。

クオリティの高い文章を書く自身がないという人も多いですが、こうした人がプロに代行を依頼することによってトラフィックをしっかり稼ぐことができます。

事前に要望を伝えておくことで、ライターの方でSEO(検索エンジン最適化)を意識した文章を納品してもらえます。

お金はかかりますが、文章を依頼することでサイト構築などの他の業務に専念することもできます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

ライティング初心者の方は、はじめのうちはわからないことが多くすぐに結果が出ないでストレスがたまることも多いですが、焦りは禁物です。

ポイントをしっかり抑えたうえで、できることを着実におこなうことを意識してライティング能力を向上させていきましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.