法人メディア向け

Webメディアの作り方はのコツとは実は単純なことだった

投稿日:

Webメディアを作り方は様々なジャンルがありますが、今一番話題になっているのがオウンドメディアではないでしょうか。

オウンドメディアとは企業がコーポレートサイトなどとは別のコンセプトで、企業のブランディングの為にインタビュー記事やハウツーを紹介するwebマガジンの一面や、そこから見込み客の獲得になるセールスライティングなどをメインで運営されているwebメディアです。

そんなwebメディアの作り方をお伝えします。

webメディアの作り方を知ればブランディングができる

webメディアの作り方でオウンドメディアが注目をされているのは、企業だけでなく個人でも情報を発信して個人レベルでブランディングが必要になっているからです。

フリーランスとして働く人も増えた現代では、スキルは自ら発信しないといけない時代です。
webメディアを利用してインフルエンサーとしてネットで影響力を持つことは、大事な時代です。

そこでwebメディアを知るためも、トリプルメディアを理解しましょう。

トリプルメディアでwebメディアは回る

Webメディアを作り方は、目標設定が重要です。目的によって、最適のwebメディアによる戦略も変わります。
トリプルメディアとは、webメディアを構成している重要な3つのジャンルです。

・ペイドメディアとは
ペイドメディアはインターネットが広まる前から使われている企業が費用を払って(ペイド)して広告を掲載する従来型のメディアのことです。テレビCMや雑誌の他に、現在ではweb広告も人気が高いです。

・アーンドメディアとは
アーンドメディアとは、ユーザーが情報を発信するメディアで、ブログやSNSのことです。このような口コミによる商品やサービスのレビューには高い信頼性があり、ポジティブな情報ばかりではなく、ネガティブな情報もスピーディーに拡散される可能性があります。

・オウンドメディアとは
自社や個人が、保有するメディアのことです。webサイト、ブログサイト、メールマガジンなどを、保有者が管理、運営、情報発信します。

企業がオウンドメディアを作るメリットは、継続的に情報発信して潜在顧客や見込み顧客などに商品やサービスの魅力を伝えてれることです。

webメディアの作り方

Webメディアを作り方の中で大切なのが、目的をしっかりと決めていることです。
ユーザーのニーズにしっかりと応えることができないwebメディアは、生き残っていけない時代になりました。

またオウンドメディアだけでなく、アーンドメディアなどを上手く相乗効果をはかり情報を発信していかなければなりますせん。

マーケティングのスキルは一生もの

Webメディアを作り上で必要不可欠なのが、マーケティングのスキルです。webメディアを作ることで自然とマーケティングの力がつくでしょう。

マーケティングのスキルはwebメディアのみならず、様々なジャンルに通じるスキルになります。

しっかりとマーケティングした上で、どんなwebメディアを作るか考えましょう。

webメディアの利用して相乗効果の作り方

Webメディアでいいコンテンツを作っても、拡散されないと意味がありません。
SNSなどのアーンドメディアを利用して、予算に余裕があればペイドメディアにも投資していきましょう。

webメディアは作り方を考えるきに必要なこと

Webメディアは、ユーザーファーストで考えることがとても大切な時代にないました。
googleの度重なるアルゴリズムのアップデートにより、より信頼性・権威性・専門性があるwebメディアが上位表示されて、チートな手法は通じない時代になりました。

webメディアを作り方を考えるときに、SEOの知識やgoogleのポリシーをしっかりと理解している必要があります。

またwebメディアは、インターネット上に張り巡らされている情報媒体です。他のメディアとは違うメリットやデメリットがあります。

webメディアのメリット・デメリット

webメディアはこれからも益々影響力のもつ、メディアになるでしょう。webメディアを作り方を考えるときには、メリット・デメリットをしっかりと理解しておきましょう。

メリット

・コストがかからない
・誰にでもwebメディアは作れる
・継続することで長期的なブランディングになる

デメリット
・googleのルールに従う必要がある
・競合が多いのでオリジナルのコンテンツを作る必要がある
・記事を量産して様々なキーワードで検索表示されるようにする必要がある

プロの記事制作代行を利用する手段もある

アフィリエイトのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に記事を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこで記事を定期的に増やせない場合は、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、記事作成を依頼することができます。質が高い記事が期待できるので、アクセス数の向上にもなります。幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

Webメディアを作り方を考えてた時は、目的意識をもってユーザーファーストのコンテンツを作っていかないと、評価されない時代になりました。

しかしwebメディアは、ブランディングに最適な方法です。
個人でもwebメディアを作り方を勉強する人が増えています。フリーランスなどが個人の
webメディアが成功して集客力のあるサイトになれば、それだけで価値を生むことができるでしょう。

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.