法人メディア向け

オウンドメディアの作り方に必要なことはただ1つだけだった

投稿日:

最近よく聞く「オウンドメディア」だけど、正直どんなメディアを作ればいいのかまだ漠然としかイメージできていませんか。

オウンドメディアは、コーポレートサイト(公式サイト)とはまた違う目的などがあります。
これからどんな企業でもと入れる可能性がある、オウンドメディアの作り方についてお伝えします。

オウンドメディアの作り方に必要なこと

オウンドメディアの意味は「自社で保有するメディア」の総称ですが、一般人にオウンドメディアでは企業が運営するウェブマガジンをイメージすると分かりやすくなります。継続的にオウンドメディアにユーザーが訪れることで、長期的にユーザーや見込み客の獲得ができます。

オウンドメディアはトリプルメディアの「ペイドメディア」「アーンドメディア」の中の1つです。
従来までのテレビ・ラジオ・雑誌などのペイドメディアの力が弱まってきており、オウンドメディアは費用対効果がいいので、多くの企業はオウンドメディアの作り方を模索しています。

価値のある情報発信すること

継続的にオウンドメディアに訪れてもらうためには、オウンドメディアとして認識され、良質なコンテンツが楽しめると認識してもらう必要があります。

Googleのアルゴリズムの変化によりオウンドメディアには、信頼性・権威性・専門性を重視されています。
オウンドメディアではターゲットのユーザーに対して、信頼性のある情報発信していくことで、価値を高めていくことができます。

その為に、オウンドメディアで欠かせない要素をお伝えします。

オウンドメディアのペルソナの作り方

オウンドメディアを作り方で最も意識しないといけないのが、ペルソナです。
どのようなユーザーをターゲットにしているかで、コンテンツの内容やデザインは大きく変わります。

例えばオンライン英会話のオウンドメディアでは、英語学習者はすべて見込み客として潜在的な可能性があります。オウンドメディアでは、英語学習コラム、英語フレーズや表現集、海外で働く人とインタビューなど、英語学習に役立つ情報をメインで、セールスライティングは最低限に控えています。

ユーザーファーストで有益な情報を発信して、オウンドメディア自体(企業や個人の)にファンになってもらいます。

オウンドメディアは作ってFunをつくる

オウンドメディアの特徴は定期的なブログの発信で、企業自体のファンになってもらうことです。
その為に更新頻度は、しっかりと明確にしておいたほうがいいでしょう。

月に1~2度とアバウトな表現や、お知らせしたい時だけに不定期に更新していては、1~2度訪れることがあっても長期的なユーザーにならず、潜在的な見込み客を見逃すことになります。

逆にオウンドメディアのファンになってもらうことで、頻繁にアクセスがもらえるで企業のブランディングにも繋がります。

失敗している作り方をしているオウンドメディアでは、ユーザーファーストの意識が足りていない傾向があります。

オウンドメディアのコンセプトの作り方

オウンドメディアの作り方では、明確なゴール設定をしたコンセプトが必要になります。

例えばオンライン英会話なら、申込みしてもらうなどが最終的なゴール設定になり、コンセプトがあればオウンドメディアがブレなくなります。

ペルソナが決まっているので、ブログでも専門的な情報を発信して他のオウンドメディアより踏み込んだコンセプト作りができます。

オウンドメディアは専門のウェブマガジンを目指す

オウンドメディアは一般的にネットで溢れている情報を発信するよりも、専門性な情報が期待されています。
ユーザーの検索意図を裏を理解して、より具体的に役立つ情報を発信することが大事です。

専門のウェブマガジンのようなものを、ユーザーは求めています。

オウンドメディアの作り方ではライター探しに困る

オウンドメディアが失敗しやすいのは、ペルソナやコンセプトができていても、それを伝える専門のライターが企業内にいないことがあることです。

言葉で魅力を伝えるのは難しく、質の高いオウンドメディアを発信するのは、ライティングに長けている人が必要になります。

また更新頻度はできるだけ多くしたほうが人気が出やすいので、量産できる体制が必要になります。

良質なオウンドメディアの作り方には、専門性のあるライターが必要です。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に記事を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこで記事を定期的に増やせない場合は、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、記事作成を依頼することができます。質が高い記事が期待できるので、アクセス数の向上にもなります。幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

オウンドメディアの作り方は、ユーザーファーストの役立つ専門性のあるウェブマガジンを目指すことにあります。

インターネット上で有益な情報を伝えることで、長期的に企業のファンになってもらい、SNSなどにも拡散されて、いずれ大きな財産になります。

また費用的にも従来のペイドメディアに比べてコストがかからず、効果も継続的に発揮することができます。

新しいメディア戦略として、オウンドメディアはこれからは欠かせなくなります。
オウンドメディアの作り方に必要なことはただ1つだけ、それは「ユーザーファースト」を忘れないことです。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.