個人メディア向け

アドセンスの単価が変動する意味が分かれば収益は倍増する

投稿日:

アドセンスの単価は、ジャンルのよって異なります。
アドセンス=PV数が必要ですが、単価が変わるなら単価のいいジャンルのコンテンツに絞りたい考える人は多いでしょう。

この記事では、アドセンスの単価の秘密に迫まります。

アドセンスの単価はジャンルによって変わる

アドセンスの単価は、ブログのジャンルによって変わります。
広告主がキーワードに対して支払う金額が違うので、稼げるジャンルは強豪が多く初心者には手が出ないのが現状です。

初心者に比較的簡単にアクセス数を集めることができるトレンドブログは、PV数は稼げるけどアドセンスの単価が低くいのがデメリットでになります。なぜならトレンドブログで貼られる広告の種類は、比較的アドセンスの単価が低いものが多いからです。

アドセンスの単価の高いジャンルとは、基本的には「HARM」の法則に当てはまります。

HARMの法則
・Health(健康)
・Ambition(将来)
・Relation(人間関係)
・Money(お金)

例えば次のようなジャンルは、アドセンスの単価が高くなります。

・転職・求人系
・自動車系(中古車査定や自動車保険など)
・保険係
・金融系(クレジットカード・ローンなど)
・美容系(エステ・脱毛など)
・投資系(FXなど)
・婚活系
・不動産系

アドセンスで稼げるジャンルは知っていても、強豪を多くレッドオーシャンと呼ばれています。

初心者の場合はロングテールキーワードを狙って、なんとか空いている隙間を狙う必要があるため難易度が高くなります。また、WEBマーケティングやライティングなどのスキルも重要になってきます。

しかし上記のジャンルで上位表示することができると、アドセンスの単価が高くなるので収益増になるでしょう。

アドセンスの単価が上げる方法はあるの?

アドセンスの単価を上げるには、ジャンル選びが重要です。
アドセンスで稼ぐには、特化型のサイトのほうが集客力があるのでPV数も上がる傾向があります。

そこでどんなジャンルを選ぶかによって、アドセンスの単価が高いジャンルの広告が表示されやすくなるので、アドセンスの単価を上げることができます。

例えば脱毛の悩みを解決できる記事を書いて、ユーザーが記事を読むだ後に、悩みを解決する方法の一つとして、脱毛サロンの広告が貼られているとクリック率もあがるでしょう。

しかしトレンドブログは、記事内にユーザーの疑問を解決する内容を書いて完結してしまいます。そこに貼られる広告と言えば、映像配信サービスのようなものになり、PV数は稼げてもクリック率が低く、アドセンスの単価もあがらないでしょう。

アドセンスの高いジャンルはライバルが多いので、どのようなジャンルを選べばいいのでしょうか。
稼げるジャンルはわかっていても、自分の知識や経験では太刀打ちできそうにないと感じることは多いでしょう。

その様な場合は、ジャンルを広げるしかありません。稼げるジャンルで勉強しながら、そのことを記事にが書いていきます。

ネットで稼ぐコツは、自分自身のすべを注ぎ込むことです。

例えば投資の知識がなくても、興味があればそれを勉強したい気持ちはあるでしょう。
そうなれば投資で勉強したことを記事に書きます、ターゲットは昨日の自分みたいな感じになります。

きっと同じ悩みや疑問を持つ人の心には刺さる記事になるので、そうなればそのコンテンツは価値のあるものになるのでPV数を稼げるようになるでしょう。

ただ、ジャンルの選択を間違えたり、趣味に走りすぎたり、ライバルを全くチェックしない場合は、結果が出にくいので注意です。

アドセンスの平均単価っていくら?

アドセンスの平均単価を知る為に、大切な指数の意味を理解しましょう。

・CPC(Cost Per Click)/クリック単価のことで、アドセンスのようなクリック課金型の場合に使われる評価指数です。

CPCの計算方法:
アドセンス収入 ÷ アクセス数(PV) ÷ クリック率(CTR) = クリック単価(CPC)

・CTR(Click Through Rate)の略で、クリック率を表す指標です。

CTRの計算方法:
クリック数÷アクセス数(PV)=CTR

・アドセンス収入

アドセンス収入の計算方法:
アクセス数(PV) × クリック率(CTR) × クリック単価(CPC)= アドセンス収入

GoogleAdSenseの平均単価は、約30円です。
単価が高いもにになると200円以上いくこともありますが、単価が安くなれば1円~10円にもなります。

単価が1円~10円の場合は、何かしら原因があるので対策を行いましょう。

例えば広告を入れる場所が悪く、スマホでミスクリックするユーザーが多いのであれば、広告と文章の間隔を空けるようにして、ユーザーファーストの対策をしてみましょう。

アドセンスはこれからも伸びつづける分野であり、収益性のあるビジネスです。
アドセンスは昔からかわらず平均単価は30円ほどですが、やり方次第では高額が狙えます。

検索ボリュームを意識する

毎日更新していくなら、ネタのあるジャンルを選択しないと記事を書くのにつまづきます。

好きなジャンル、興味や勉強してみたいジャンルの場合は、特化型のサイトに向いていますが、必ず検索ボリュームが10万以上あるジャンルを選ぶようにしましょう。

関連キーワードが多いジャンルならロングテールキーワードもたくさんあり、強いライバルとは違う方向から記事を書くことができます。

ジャンルによっては、書き手の個性を出すような記事でもいいでしょう。

アドセンスの単価は変動するのか!?

アドセンスの単価は、収益の低下に直結します。

同じ広告であってもアドセンスの単価は、マーケットの影響を受けて変動します。シーズンや流行で単価が上がる広告や、キーワードに入札する広告主や広告主が支払う金額などの違いが要因の一つにもなります。

公式でもグーグルのマーケティング担当者が予算を各四半期の前半に、見直しているいると伝えています。

アドセンスの単価を上げるコンテンツの質をあげる

ブログの質を一番に決めるのは、記事の内容であり、ブロガーのライティング力です。
ユーザーの検索意図を理解して、疑問や悩みに対して信頼性のある記事を書くことができれば、ブログの価値も上がり、アドセンスの単価も上がるでしょう。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に文章を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでブログのライティングを、プロに外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、依頼することができます。

質が高いライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。また幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

アドセンスの単価はできるだけ上げたいのが、すべてのブログアフィリエイターの希望です。
その為に多くの人が、日々対策をして改善を続けています。

失敗を恐れず色んなジャンルに挑戦して、自分の個性が活かせて、誰にも負けないジャンルを見つけましょう。

結局はユーザーファーストで質の高いコンテンツを作れるブログが、これからは勝ち残っていきます。コピーコンテンツで稼げる時代は終わり、これからは個性を生かして、その人にしか作れないブログを目指していくことが大切です。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.