個人メディア向け

初心者の為にまとめサイトの作り方とメリット・デメリットを詳しく解説

投稿日:

アフィリエイトで稼ぐ方法は、たくさんあります。一概には言えませんが、アクセス数を稼ぐことは収益化するために必要な要素の1つでもあります。

初心者がアフィリエイトで稼ぐ時に、どのようなブログの手法を使うによって、収益をどれだけ早く出せるの期間が変わってきます。

主に特化型ブログ・雑記ブログ・ペラサイト・トレンドブログ・ライフハックブログなどなど、書く記事のジャンルの前にどのようなブログのスタイルで収益化をするかを決める必要があります。

その中の1つに「まとめサイト」というものがあります。

まとめサイトは初心者でも収益化が早い言われていますが、メリット・デメリットをしっかりと理解して戦略を立てないと失敗して1円も稼げずに終わってしまいます。

そうならない為にもこの記事では、まとめサイトの収益化の方法についてお伝えします。

まとめサイトで収益を得るには可能

初心者でも収益化が早いと言われているのが、まとめサイトです。だたすべてのアフィリエイトで言えることですが、競合が増えていることや、Googleのアルゴリズムの変化などによって稼ぐためにはしっかりとした戦略が必要になります。

大きく分けてまとめサイトは、3つに別れます。

・NEWSのまとめ(2CHまとめ)
・動画まとめ(YouTubeまとめ)
・SNSのまとめ(Twitterまとめ)

特化型のブログでもそうですが先駆者が強く、稼げるジャンルというのはレッドオーシャンです。
ただまとめサイトは、新しいトレンドなどの波に乗ることができると爆発力もあります。

ジャンル選定をしっかりして、ライバルの少ないニッチなジャンルを攻めるのがテオリーになります。

まとめサイトのメリットとデメリット

すべてのカテゴリーに言えることですが、メリット・デメリットが存在します。
それをしっかりと理解したうえで、サイトを構築するこが大切で失敗しないコツでもあります。

まとめサイトのメリットとデメリットとは何でしょうか。

メリット
・収益化までが早い
まとめサイトは旬な話題を取り扱うことが多いので、初心者でもアクセス数が集めやすいので収益化が早くできる。

・無料ブログでも始めることができる
ライブドアブログは、まとめサイトに特化している機能がたくさんあってアフィリエイトも自由に行っていい。またライブドアブログはドメインパワーが強いので、まとめサイトに向いている。

・ライティングスキルがいらない(コピペでもできる)
ユーザーが必要とする情報をまとめるだけなので、基本作業はコピペになる。だからライティングが苦手な人でもできるので、ハードルが低い。

デメリット
・常にコンテンツを作り続けなくてはならない
ブログの人気になりアクセス数が集まれば不労所得になり、手を動かさなくてもいいのがブログのメリットの1つですが、まとめサイトは常にコンテンツを作らないと、一気にPV数が減ってしまって収益化が難しくなる。

・強豪が多い
長年あるカテゴリーなので先駆者が強く、ニッチなキーワードでしか狙えないので、収益化に限度がある場合が多い。

・著作権などに注意が必要になる
コピーコンテンツの為に、著作権などのルールに引っかかりやすい。グレーな所を攻めるサイトなどが訴えられるまとめサイトが過去に何度もあります。

・SEO対策が大変
Googleはアルゴリズムの変化により、コピーコンテンツなどの価値は下がっていて上位表示されるのが難しくなっている。

3ヵ月の運営でまとめサイトを収益化するロードマップ

ここで紹介するロードマップは初心者が、最速で収益化する為の例の1つです。

まとめサイトは集客力(PV数)を稼ぐことが必要なので、ワードプレスは使わすドメインパワーの強いライブドアブログでアカウントを作成してまとめサイトを作りましょう。

この時将来サイトの引っ越しなどが楽にできるように、独自ドメインを取得して運営するほうが得策です。

ジャンルの選定は自分の得意なジャンル(興味のある)で、検索ボリュームが10万はあるテーマを扱うようにする。
特に強豪サイトとはかぶらないように注意して、できるだけオリジナル性があるジャンル選定をします。

まとめサイトで大事なことが、「タイトル」です。ここでユーザーの気持ち掴むために、人間心理に上手に利用することが必要です。
「炎上」「悲報」などの言葉を使ってクリック率を上がります。

アクセストレードを利用してまとめサイトへの集客力を強くして、記事数も量産していきましょう。できれば、SNSと連動してバズるテーマを狙っていきます。

好きなジャンルでないと続かない

まとめサイトは常にコンテンツを量産していくことが必要なので、全く興味をないジャンル選定してしまうと精神的に消耗が激しくなります。

無理なく続けるためには、好きなジャンルであることが重要です。まとめサイトの収益化ができたら、外注さんに苦手なジャンルのまとめサイトなどを依頼することも可能になります。

有名なまとめサイトは、複数名でサイトのコンテンツづくりをしています。

ユーザーの検索意図を理解するとまとめサイトは収益化できる

まとめサイトに限らず現在のGoogleのアルゴリズムでは、ユーザーファーストが掲げられ、ユーザーの検索意図を理解して情報を発信するこが大切です。

引用元などの信頼性なども考慮してユーザーに間違った情報は、アクセス数を稼ぐ為に過激な内容のものばかりを抜粋するのは、まとめサイトの質を下げることになります。

まとめサイトに対してユーザーリテラシーが高まっている現在では、中立的な立場にたつことが必要です。

スマホアプリでもまとめサイトが人気

まとめサイトは便利なので、頻繁に利用する人が多いのではないでしょうか。知りたい情報を端的に複数の意見などをまとめられているので、効率よく情報収集ができます。

スマホのアプリなどでもまとめサイトの手法のキュレーションという手法が使われているのが人気があります。

忙しい現代人には、まとめサイトはなくてもならないものです。余計な情報を極限まで削った文章だけでも多くの情報を理解することができます。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に文章を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでブログのライティングを、プロに外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、依頼することができます。

質が高いライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。また幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

まとめサイトは収益化するのが他のカテゴリーのブログよりも早くできるのがポイントで、初心者でも無料ブログで始めるの事ができるので、リスクやハードルが低いです。

ですが大規模なサイトまで成長させるのは難しいく 中小希望のサイトを何個も運営していくスタイルになります。

これからアフィリエイトをしてみたい人が取り掛かるには最適な手法ですが、収益化するまでは辛抱強く耐えることも必要です。

まとめサイトはまだまだ可能性が広げられる分野でもあるので、今から始めても遅くはないでしょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.