法人メディア向け

オウンドメディアを成功させるには?事例とともに解説します

投稿日:

インターネットを使ってビジネスをおこなうとうのが当たり前になった現代において、企業レベルでも個人レベルでも「情報の質」が重要になっています。

ネットを使えば誰でも簡単に稼げる時代ではなく、以下に質の高いサービスを提供できるか、つまり、いかに他の人の利益になることができるかということが勝負になってきます。

オウンドメディアを持つということはインターネットビジネスにおいては必須となりつつありますが、どのようにすれば成功につなげることができるのでしょうか?

今回は、オウンドメディアを成功させるためのコツについて成功例を交えつつ解説していきます。

 

オウンドメディアの事例

オウンドメディアとは、直訳すると「所有されたメディア」ということを意味します。

簡単に言えば、自らでホームページやブログサイトを運営して外部に対して情報を発信するということです。

オウンドメディアはどのような効果を持つのか、またどのような目的で利用するものなのでしょうか。

 

不特定多数の人にアプローチする

まずオウンドメディアの存在として欠かせない意義として、不特定多数の人たちにアプローチできるという点が挙げられます。

何百何千という人に対してアプローチできるというのがインターネットの強みであり、あなたの展開するサービスを広めるいわば営業のような役割を果たします。

あなたが製品やサービスを開発し、そのクオリティに自信を持っているとしても、その存在が世に知られなければ何の意味もありません。

かといって街を歩いている人一人一人に声をかけて営業しても非効率です。

そこで、まずは商品・サービスの存在を知らしめるためにオウンドメディアを活用するというわけです。

オウンドメディアを語る上でしばしば同時に登場する概念として「ペイドメディア」というものがあります。

ペイドメディアとは「支払われたメディア」という意味ですが、要するにこのメディアに対してあなたが広告費を支払って商品やサービスを紹介してもらうということになります。

ペイドメディアへの広告出稿も顧客獲得のためには重要ですが、やはりオウンドメディアという基盤がないとペイドメディアの効果も発揮されません。

広告をクリックしたとしてもあなたのオウンドメディアが充実していなければ結局広告費だけを無駄にしてしまうことになります。

なので、まずはオウンドメディアという土台をしっかりさせるというところからスタートする必要があります。

 

顧客育成に欠かせないオウンドメディア

オウンドメディアの役割は、顧客にあなたの商品やサービスを好きになってもらい、その上でリピートしてもらい、最終的には他の人に広めてもらうという優良顧客になってもらうというものがあります。

例えばあなたが何か健康系の情報を発信するとします。

このとき、まずおこなう情報発信の場として個人のサイト運営を行います。

この際に重要なのが、「誰を対象とするか」です。

オウンドメディアは「日本国民全員に買って欲しい!」とか、「すべての男性必見!」というような広すぎる対象を取りすぎると失敗します。

まずは対象を狭く絞って、どのような人にあなたのサイトにきてほしいのかを考えます。

それは単に性別や年代で絞るのではなく、「サラリーマン 中間管理職 妻子あり 最近運動不足で悩んでいるがジムに行くのは面倒」などの細かい設定をして、その人向けにメディアを作って行くということです。

ターゲティング・セグメンテーションという概念はオウンドメディア運営では欠かせないものであり、しっかりとした顧客分析をおこなうということが成功への近道になります。

顧客の抱えている不満やニーズをつかみ取り、自分であればそれを解消できるということを伝えることができれば最高です。

 

ペイドメディアとアーンドメディアを組み合わせる

上記でも少し解説しましたが、オウンドメディアはペイドメディアを始めとする他メディアと組み合わせることでさらに効果を発揮します。

ペイドメディアとは先程も解説の通り、広告費を支払って紹介してもらうというスタイルのメディアになります。

雑誌広告やWEB広告を毎日のように目にしますが、これらはペイドメディアということになります。

もう1つのアーンドメディアとは、企業や個人の評判や信頼を獲得するという意味から名付けられたものであり、代表的なものとしてSNSがあります。

消費者、顧客があなたの製品やサービスに感銘を受け、それをインスタグラムやツイッターに投稿するというものであり、近年ではアーンドメディア向けのマーケティング対策も重要になってきます。

 

オウンドメディアの成功事例に学ぶ

自社のオウンドメディアをうまく構築することにより成功を収めた企業はたくさんあります。

以下では。オウンドメディアの成功事例について見ていきます。

参考になる部分は多いので、是非チェックしてみてください。

 

24/4ワークアウト

まず紹介する事例として、24/4ワークアウトがあります。

24/4ワークアウトは最近ではすっかりおなじみになったパーソナルトレーニングジムですが、熾烈な競争の中でトップクラスの存在となった要因として自社メディアの活用が挙げられます。

24/4ワークアウトは顧客目線でメディアを作成しており、トレーニングに対して抵抗があるという人に対し、ジム通いのハードルを下げるという効果を発揮しています。

体型が変わった時のイメージのしやすさ、「これなら自分でもできそう」と思わせる工夫がサイトの至るところに散りばめられています。

オウンドメディアで陥りがちなミスとして、自分のことばかり話して顧客を置き去りにしてしまうということがありますが、24/4ワークアウトはとにかく顧客目線でサービスを紹介しています。

 

WACOAL BODY BOOK

WACOAL BODY BOOKは、下着メーカーのWACOAL(ワコール)が展開するサイトになります。

このサイトもやはり顧客目線で運営されており、美容全般に興味関心の高い女性に対して有益な情報を展開することで確実にトラフィックを高めています。

もちろん商品の紹介ページもありますが、その商品を買うメリット、買わざるを得ないような理由作りを、ブログやエッセイなどでまとめています。

「買って買って」というのではなく、「美しくなりたくないですか?」と語りかけるようなアプローチをすることにより、着実に顧客のはハートを掴んでいます。

 

事例のようなオウンドメディアを作る自信がない場合

企業レベルであれば分業制を取ることで効率的に運営できますが、個人レベルだと難しいのが現状です。

では、人手が少ない中で成功させるにはどうすればいいのでしょうか?

 

記事数は必要

オウンドメディアで情報を発信するには、とにかく記事数が必要です。

量より質という言葉もありますが、やはり情報の量が少ないとメリットを感じとってもらうことはできません。

何記事あればOKということではないですが、とにかくコンテンツを充実させるためには記事が欠かせません。

 

記事作成代行サービスを利用する

記事を作り、マーケティングを行い、サイトのデザインを整え…などと1人ですべておこなうのは大変です。

そこで、記事作成代行サービスをおすすめします。

あなたの代わりに記事を作成してくれるサービスを利用することでその分の手間が省けるだけでなく、質の高い記事を提供してもらうことができます。

サイト運営においてはとにかくSEO(検索エンジン最適化)対策が必要です。

代行サービスのライターは経験豊富なプロのため、クオリティだけでなく検索上位に出やすい内容の記事を作成してくれます。

効率的に運営したいのであれば、是非利用してみましょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

オウンドメディアは情報発信を行い、さらに収益化させるためには欠かせない存在担っています。

メディアを持つことと自体がマストになっている現代において、差別化が特に重要になります。

コンテンツの質を充実させ、顧客目線のメディアを作れれば、競争でも優位に立つことができます!

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.