法人メディア向け

オウンドメディアって何?作り方やポイントについて解説します

投稿日:

オウンドメディアという言葉をお聞きになったことはありますか?

横文字はちょっと苦手という人も、実は人は日々オウンドメディアに触れながら生活しています。

インターネットを使ってビジネスをおこなう企業が大半を占める中、個人レベルでサイトを立ち上げたりブログを運営するという人も増えてきました。

今回は、オウンドメディアの概念について解説したあとで、個人レベルでも始められるようなポイントについても解説していきます。

 

オウンドメディアの作り方とは?

メデイア自体を自分で持つことができるのか。そもそも疑問に思っている人がいますが、最近では個人でも簡単に作ることが可能となっており、副業で稼ぎたいと考えている人の多くが自分でメデイアを所有して稼いでいます。

以下では、オウンドメディアについてもう少し解説した上で、実際の作り方についても見ていきます。

 

オウンドメディアとは?

オウンドメディアという言葉の意味自体を知らない人でも、人は常日頃からオウンドメディアに触れながら生活しています。

例えば何か気になる情報があってインターネットでその言葉を検索したとき、個人もしくは企業のホームページに飛んでいきます。

このホームページ自体がオウンドメディアであり、個人で運営しているブログもそれに含まれます。

これだけにとどまらず、例えば雑誌に掲載されている広告やチラシも、広義の意味ではオウンドメディアに含まれます。

雑誌やテレビCMといった広告形態を実施することは個人ではできませんが、ホームページを作成したりブログを開設することは十分可能です。

 

ブログ=オウンドメディア?

自身で所有するメデイアがオウンドメディアですが、では各種のブログ媒体(アメブロや楽天ブログ)にブログを書くこともオウンドメディアに含まれるのでしょうか?

確かにブログもオウンドメディアの一部に含まれますが、ブログ記事の内容や媒体んいよってはオウンドメディアとは呼べないものもあります。

例えばアメブロでブログを書く場合には、アメブロに場所を提供してもらい、その借りた場所で情報を発信していくという形になるので、メデイアを「所有している」とは言えません。

また、オウンドメディアで稼ぐ手法としてアフィリエイトがありますが、アメブロや

では広告を掲載することが禁止されており、商用目的でのブログ執筆はおすすめできません。

そこで、ブログを立ち上げる際にはワードプレスなどのCMS(コンテンツ管理サイト)を利用して自身でサイトを立ち上げ、そこに記事を投稿していくということになります。

 

費用はかかる?

自分でサイトを立ち上げるとなると、そこにかかる費用はどれくらいになるのでしょうか?

これに関しては、まず必ず発生する費用として毎月のインターネット代があります。

ネット上に情報を公開するのですから、ネット料金が発生するのは当然ですね。

そしてその他、サーバーをレンタルしたりドメインを取得するのにも費用が発生します。

サーバーレンタルの場合は月々1,000円ほどの料金でレンタルすることができます。

その他、もしサイトのデザインをもっと凝ったものにしたい場合にはデザインを外注したりする必要がありますが、そこまでこだわらないのであれば月々1万円以内で運営することは可能です。

 

記事を実際に投稿する

オウンドメディアで大事なのはコンテンツです。

あなたが所有するメデイアが、世の中に対してどのように役立つのかが重要なポイントであり、ただあなたの日常をつらつらと書いていても誰の得にもなりません。

お金を稼ぐ以上、誰かの役に立つことをしなければいけず、ただたんにその日置きたことを書いてお金を稼げるのは芸能人くらいです。

記事を増やすことができずにただサイトを放置していても何の結果も生んでくれません。

自分でメデイアを0から育てていくという点に醍醐味がありますが、最初の一歩を踏み出さなければ何も始まりません。

 

広告を貼る

オウンドメディアを使って稼ぐ手法として最も一般的なのが、広告をサイト内に貼ってそこから収益を得るという方法です。

アフィリエイトという言葉は以前より浸透していますが、これは企業の広告をサイト内に掲載して、その広告経由で商品の購入が合ったときに成功報酬が入ってくるというシステムです。

A8などのASPと呼ばれるアフィリエイト専用のサイトに登録することで広告のURLを取得することができます。

その他、グーグルアドセンスというグーグルの広告を掲載することもできます。

アドセンスの場合はクリックごとに報酬を得ることができますが、掲載に当たっては審査を通過しないといけません。

コンテンツにもよりますが、審査自体はそこまで厳しいものではありません。

 

オウンドメディアの作り方に悩んでいる人へ

いざ自分でサイトを立ち上げようと意気込んでも、中々納得のいくものgは

作れない、作りはしたけれど思うような結果が出ないという人がいます。

こうした人達が稼げるようになるためには、どのような工夫が必要なのでしょうか・

 

閲覧者のニーズに応えられているか

中々訪問者が増えないという方のコンテンツの特徴として、ユーザー目線に立てていないという傾向があります。

上記でも解説の通り、自分に関する情報をただ書いているだけでは相手から興味を持ってもらうことはできません。

もちろん自身に関する情報を書いてもいいのですが、それを通じで閲覧者のメリットになるような情報につなげていかなければ何の意味もありません。

テーマをまずは絞り、どのような人に読んで欲しいのかをしっかりと絞った上で、読者目線で記事を作成していくということが大事です。

 

広告の無駄撃ち

広告を掲載してそこから収益を得るというスタイルを取る以上、当然サイト内のどこかに広告を掲載しないといけません。

しかしだからといって関係のない広告をペタペタと貼られても読者からはうんざりされるだけであり、むしろ逆効果です。

繰り返しになりますが、メデイアを所有することで大事なのは、他者のメリットになっているかどうかということです。

広告に関しても同様であり、読者のニーズや悩みを深堀りし、共感した上でそれを解消してくれるような商品やサービスを紹介するという流れにする必要があります。

 

勉強不足

メデイアを所収してお金を稼ぐということは、いわゆるWEBマーケティングの1つです。

したがって相応の知識が必要であり、トレンドについても敏感である必要があります。

最近ネットでどのようなキーワードが検索されているのか、共起語は何かなどを調べるツールもあり、社会の潮流をつかむという努力をしなければ読者は増えません

 

記事が足りない

記事数を増やすということがなんといっても大事です。

しかし、本業との兼ね合いで中々記事を増やせないという人がいます。

そうした方におすすめなのが、記事作成代行サービスです。

このサービスを利用することで、経験豊富なライターがあなたに代わって上質な記事を作成してくれます。

記事は量だけでなく質も大事ですが、代行サービスを使えばその両方をカバーすることができます。

しっかりとしたサービスを利用すれば、特定のジャンルに特化したライターが在籍しているので、読者の興味を惹けるような内容の記事を作成してくれます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

オウンドメディアを作ることで、本業以外のところから収入源を得ることができるだけでなく、ビジネス間隔も養うことができます。

最初からいきなりうまくいくという人はいません。

継続的かつ賢く努力することで確実に結果を出せるようになるので、粘り強くメデイアを育成していきましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.