個人メディア向け

キュレーションの意味とキュレーションメディアが必要とされる為の役割とは

投稿日:

IT業界においてキュレーションの意味は、ネット上の情報をカテゴリーに分けて収集して、質のいい記事を厳選してユーザーにより新しい価値を持たせて共有することです。

例えばキュレーションサイトで有名なGunosyでは、次のようなミッションを掲げています。

Gunosyは情報が増えつづける社会において、
適切な人に適切な情報を届けることを目指しています

「情報を世界中の人に最適に届ける」
これが私たちのミッションです

出典:Gunosy

情報が溢れかえる現在では、最適な情報を探すのに手間がかかる場合があります。そのような場合に、キュレーションメディアが役立ちます。

キュレーションの意味が分かれば、色んなことにヒントが生まれます。

キュレーションの意味や由来

キュレーションは「curator」という美術館、博物館、図書館などの管理者を意味する言葉が語源になっています。

例えば美術館で展示品の収集や管理、展示方法などを行う事をキュレーションと言います。

現代のような情報や物が溢れる時代には、このようなキュレーションして最適化してくれることに大きな価値を生んでいます。

Googleもある意味大きなキュレーション

Googleのミッションは、「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです」。現在のGoogleのアルゴリズムはユーザーに最適な情報を届けるこが優先されているので、 Googleもある意味大きなキュレーションと言えます。

ただキュレーションサイトが出てくるまで、私達はGoogleでキーワードから表示されるタイトルなどを見て、1つ1つサイトを開いては最適な情報が記載されている確認していました。

そこで各カテゴリーでキュレーションをしてくれているキュレーションサイトの登場で、ユーザーがより簡単に有益な情報にたどり着くことができるようになりました。

キュレーションの意味は進化している

キュレーションサイトで有名なNewsPick、このサイトのディスクリプションには次のような事が書かれています。

「経済を、もっとおもしろく。」ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。国内外の最先端の経済ニュースを厳選。専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる。

NewsPicksは経済ニュースに特化したキュレーションサイトで、ニュースを厳選するだけでなく、プロピッカーと呼ばれる専門家の意見が同時に読めることで、ニュースをより深く考察することができます。

ネットを使うユーザーリテラシーは年々向上していて、従来までのまとめサイトでは匿名でニュースをあれやこれやと冷やかしているだけでした。

その意味ではキュレーションサイトとまとめサイトは、違ったものになります。

キュレーションサイトとまとめサイトの違い

キュレーションサイトとまとめサイトは、インターネット上の情報を集める事では同じですが、まとめサイトでは情報に対して厳選することなく、あるトピックに対して2chやSNSのコメントをコピペしていくのに対して、キュレーションサイトは、情報を厳選して専門的な見解を載せることで新たな価値が付いています。

キュレーションメディアの本当の意味(役割)とは?

キュレーションサイトは、Googleの信念に基づいているのか疑問に思うことがあります。

例えば「キュレーションサイト」でGoogleで検索するとサジェストワードのトップには「うざい」「撲滅」などの言葉が目立ちます。

キュレーションサイトは、他のサイトから文章や画像をコピペして上位表示させているとブログを作っている側から悲観的な意見が多いのが事実です。

最近の検索結果にまとめサイトやキュレーションサイトがよく上位表示されていることがありますが、内容はタイトルをつけてあとは、引用文やSNSのコメントでできているからです。

引用ばかりされるサイトとしては、キュレーションサイトからユーザーが流入すればいいですが、引用文で必要な情報が完結してしまえば、あえて引用元のサイトまでは飛んで見にいかないでしょう。

そのようなこともあり、キュレーションサイトやまとめサイトは、個人ブログを書く人たちからは、嫌われている存在なのです。
キュレーションメディアの本当の意味(役割)とは何でしょうか?

キュレーションサイトにユーザーが求めること

ユーザーが自ら記事を選別していくことは、情報過多の時代において時間がかかりコスパが悪いです、キーワードで検索した結果に対して何個もサイトを開けても同じ情報だけしか載っていないことがよくあります。

またユーザーは従来までのデスクトップやノートパソコンでじっくり記事を読むことが少なくなり、移動時間やスキマ時間にスマホで必要で適切な情報だけを短時間で知りたいと考えています。

そんなユーザー心理と、キュレーションサイトは相性がいいのでしょう。

キュレーションメディアの種類

キュレーションには「新聞型」「雑誌型」「専門誌」などがあり、女子には雑誌型が人気で、男性には専門誌型が人気です。

新聞型とはYahooJapanのようなポータルサイトが、その代表的な存在です。インターネットで毎日のニュースなどをチェックできるようになったことで、新聞という媒体が衰退することになりました。

雑誌型ではファッション・美容・ヘルスケアなどの最新情報が気軽にリサーチできたり、専門誌型では月額の有料制などのサブスクリプションになっているものなでがあります。

ただキュレーションメディアにも質が悪いものもあるので、しっかりと見極める必要があります。

キュレーションサイト意味を知って作り方を知りたい人に

キュレーションサイトは、個人でも作ることは可能です。
キュレーションメディアはたくさんありますが、ジャンルが偏っていてニッチなメディアはまだ少ないです。

これからキュレーションサイトを作るなら、他にはないオリジナルを出すために他のサイトから記事を厳選するだけでなく、ユーザーに情報を発信する独自のコンテンツも必要になります。

本質を得たような良質なコメントを載せることができると、キュレーションメディアとしての価値があがります。

キュレーションメディアの意味を、深く考えてみましょう。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に文章を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでブログのライティングを、プロに外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、依頼することができます。

質が高いライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。また幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

キュレーションの意味は、今の時代を生きる私達において重要な言葉です。
キュレーションメディアは情報が増えすぎた現代、再び雑誌のような専門性が求められているのではないでしょうか。

ポータルサイトはカテゴリー別にキュレーションされていますが、そのは多く分けてと新聞の代わりのようなものです。
そしてスマホアプリで人気があるのは、インターネット上にある情報を質のいい記事を厳選した雑誌型のキュレーションサイトや、働く男性に人気のニュースをより深く切り込んだ専門誌型のキュレーションサイトです。

これから個人でキュレーションサイトを作ってみたいと考える人もいるでしょうが、情報源の信憑性についてはしっかりと確かめた記事を選ぶ必要があります。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.