個人メディア向け

ブログ収益の根幹的な仕組みを多くの人が理解していない!

投稿日:

ブログ収益を得るためには、理解したおきた仕組みがたくさんあります。
その中でもブログでマネタイズするための仕組みで、初心者が一番理解しないといけないのがSEO対策です。

それはなぜかというブログがアクセス数を集める方法の大部分が検索エンジンであり、使われている検索エンジンはGoogle・Yahoo(YahooJapanはGoogleの検索エンジンを使っている)などであるからです。

この記事ではアフィリエイト初心者に向けて、ブログ収益する仕組みについて一番の根管であるキーワード選定についてお伝えします。

ブログ収益化する仕組みの根幹を知る

初心者の多くがアフィリエイトを初めてぶつかる壁が、SEO対策の仕組みが分からないこです。その中でも記事をできるだけ上位表示させるために仕組となるのが「キーワード選定」になります。

まずブログを収益化するために必要な集客方法は5つあります。

・自然検索流入(オーガニック検索)
・有料検索(リスティング広告)流入
・SNSからの流入
・外部リンクからの流入
・直接流入

この中でブログ収益に最も必要なるのが自然検索流入であり、成果に結びやすくアクセス数の大半を占めているからです。リスティング広告は集客力を上げる効果がありますが、広告費がかかり、成果も課金している間だけです。

その為、初心者がSEO対策として一番理解しなくてはいけないのが自然検索流入です。
自然検索流入を増やすためにキーワード選定が一番重要になり、「いい記事を書いているのに、全く売上が伸びない...」とお悩みの方は、この仕組を理解していないのでブログ収益ができていません。

ブログ収益化するために知っておきたいキーワードの仕組み

アフィリエイトをするにあたって、キーワードの仕組みを理解しておく必要があります。

キーワードに3つの種類がある

・商標キーワード
商品名+OOのことを商標キーワードどいい、ユーザが購買意欲が高いキーワードのため成約に結びやすくなります。

例えば商品名+口コミ・商品名+レビュー・商品名+効果・商品名+クーポンなどなどです。

ただこのような商標キーワードは競合が多く、初心者が商標キーワードでアフィリエイトをしようとすると上位表示がかなり難しくなります。

特にペラサイトなどでは、上位表示するこでほぼ不可能になります。

・収益キーワード
収益キーワードは検索ワード+OOのようなキーワード選定であり、例えばニキビを収益キーワードに当てはめるとニキビ+原因・ニキビ+治し方・ニキビ+つらい・ニキビ+オススメなどです。

ユーザーは購買意欲はありますが、どのような商品を買うかは決めてないので、ランキングや比較して上げることで購買意欲が向上します。

・集客キーワード
集客キーワードは検索ワード+OOのようなキーワード選定で、収益キーワードと似ていますが、検索ワードの後にはユーザの購買意欲から遠いキーワードが続くため成約にはなりにくいと言われいます。

例えば検索ワードの後に、やり方・メリット・方法などの収益キーワードが付きます。

大きく分けるキーワードにはこの3つがピラミッド型になっていて、アクセス数に比例します。

商標キーワードはトップの位置でアクセス数が少ないがユーザーの購買意欲が高い、収益キーワードはミドルの位置でアクセス数はありますが、ユーザーの購買意欲は「いいものがあれば買いたい!」、集客キーワードはボトムの位置になりアクセス数はたくさんありますが、ユーザーの購買意欲はほとんどありません。

ブログ収益の仕組みを理解するならクリック率を理解する

CTRとはClick Through Rateの略で簡単にいえば、広告が表示されたときにクリックされる確率のことをいいます。

Googleアドセンスの場合はクリック率が高くなることで、ブログ収益が増える仕組みになっています。

クリック率も商標キーワードで検索してくるユーザのほうがクリック率は高く、集客キーワードで流入してくるユーザのクリック率は低くなります。

ブログのアクセス数があるのに広告の単価が低いなあと感じる場合は、集客キーワードでアクセス数を集めているため、アクセス数が高くてもクリック率が低くなります。

Googleアドセンスで収益の仕組み

アクセス数 x クリック率 =ブログ収益になります。

アフィリエイト(成果報酬型)の仕組み

成果報酬型は、商品の購入やサービスの申し込みなどをアクションをユーザが起こす必要があります。
そこで重要な指標となるのがCVR(Conversion Rate)で、成約率のことをいいます。

成果報酬型のアフィリエイトでブログ収益を上げる仕組みは

アクセス数(PV)xクリック率(CTR)x成約率(CVR)=ブログ収益になります。

クリック型のアドセンスの方が、ブログ収益を出すのが簡単と言われるのが成約率が必要がないからです。ですがその為に、ブログ収益は成果報酬型より劣っってしまうのです。

成果報酬型のアフィリエイトといってもASPから物販アフィリエイトなど様々ありますが、これらの成約率は大きく違います。

その理由が成約率に大きく影響しているのが、ブランド力や認知度(信用度)だからです。

初心者の方がASPの商品を扱って売れないの、商品のブランド力がない商品や、認知度が少ない企業の商品を扱っている場合が多いからです。

アクセス数もあり、クリック率もあるのにブログ収益がでないのは、成約率がゼロになればブログ収益化ができない仕組みに成果報酬型がなっているからです。

物販アフィリエイトのほうが成約率が高い

成果報酬型のアフィリエイトでは、楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトなどの物販アフィリエイトの方がASPの商材に比べて成約率が高いです。

物販アフィリエイの成約率が高い理由

・ECサイトとして知名度や信用度がある。
・アカウント・クレジット登録をすでにしているユーザが多く購入に手間がかからない。

逆にASPで扱う商材のサイトで商品を購入する場合は、企業のブランド力が足りないかったり、LPサイト(リンク先のページ)でアカウントの作成などの手間がかかります。

その為物販アフィリエイトのほうがユーザーにとってユーザビリティが高く、成約率が自然と高くなります。

ブログ収益化の仕組に欠かせないスキル

ブログ収益化の仕組みをより深く理解するにはキーワード選定などのSEO対策の他に、ライティングスキル(セールスライティング)が重要になります。

Googleのアルゴリズムは常にアップデートを繰り返して、ユーザーにとって役に立つコンテンツを評価します。従来までの小手先のSEO対策は全く通じなくなり、記事の質が重要視されています。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に文章を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこでブログのライティングを、プロに外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、依頼することができます。

質が高いライティングが期待できるので、しっかりと商品やサービスに対してレスポンスがあります。また幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

この記事では初心者がブログ収益の仕組みを理解するために、キーワード選定に的を絞ぼってお伝えしました。
ブログ収益を上げる仕組みはもちろんキーワード選定だけでなく、コンテンツの質やユーザビリティがあるサイトである必要があります。

ですがキーワード選定はブログ収益の仕組みの根幹的なことであり、これを理解することでブログ収益化に近づくことができます。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.