個人メディア向け

ブログでアドセンスの収益0(ゼロ)から抜け出す方法を紹介

投稿日:

「簡単にブログで稼げる」とふれ込みで始めてみたものの、アドセンスの広告を配置したのだが、収益が未だに収益が累計1000円にも満たない状況の方も多くいらっしゃると思います。アドセンス収益でなかなか実績が出せない初心者がどうしたらブログで収益をあげられる方法を解説していきます。

アドセンスで収益を上げるためにはアクセス数を上げる

アドセンスで収益を上げるには、サイトのアクセス数を上げるということが基本です。やはり良質な記事を積み重ねていくことで、サイトのアクセス数は増加し、アドセンス広告のクリック数も増え、結果収益も増えていく仕組みです。

このアクセス数さえ大きくなれば、収益は徐々に増えてきます。余裕がでてくればさらに収益化の方法として、アフィリエイトや純広告(バナー広告)や情報商材の販売など多くの手段を選択することができます。

理屈では簡単なのですが、実際収益に結びつけるにはさまざまな工夫が必要です。本記事ではサイトのアクセスを上げるための方法についてご紹介していきます。

アドセンスの収益を改善させる方法とは?

ブログ記事で稼ぐ方法として、まずアドセンスで稼ぐという方法が、記事を増やしていけば徐々に収益は上がっていきます。収益が伸び悩んでいる方はこれから解説する項目を改めて見直しましょう。この章では収益改善を目指してもらう方法を紹介します。

アドセンスの収益を改善する方法①タイトルを改善する

記事はある程度書けるようになったものの、アクセス数が今一つ上がらないという場合は、検索されるキーワードを念頭に入れながらタイトルをつける必要があります。

まずに需要の高いキーワードをGoogleキーワードプランナーなどで、検索しボリュームが1000以上のタイトルをピックアップします。そして、キーワードの選定が済むと、キーワードはタイトルの必ず文頭(左)に入るようにタイトルを作成することがポイントです。アクセス数を上げるために、過去の記事タイトルのつけ方を見直しましょう。

アドセンスの収益を改善する方法②タイトルと記事をあわせる

検索でインパクトのある記事タイトルにたどり着いても、求めている答えとかけ離れている記事を見ることがあります。読者も検索したキーワードの答えが見つからないとまず読むことはありません。タイトルと記事の内容が充実していないと記事数をいくら増やしても、アクセス数は伸びません。またユーザーの直帰率や離脱率が上がることになり、Googleの検索エンジンからの評価も下がってしまいます。自身の書いた記事を熟読し、検索意図に対しての答えが記載されているかを確認しましょう。

アドセンスの収益を改善する方法③ブログに最低でも100記事は書く

アドセンスで収益が上がらない原因のひとつに、記事数が少ないということが挙げられます。一般的には記事数を100本上げることが最初の目標です。なぜ100記事が目標といわれているかは、およそ毎日1本書き続けて、約3ヶ月ほどで100記事近くになるという明確な目標を立てて、記事執筆の継続性を促すためです。また100記事を書くことにより、サイト自体のアクセス数もじわじわと上がってくるからです。

また、毎日更新することでブログサイトの「ドメインパワー」を上げられる点でもメリットがあります。ただし、先述の通り読者の検索ニーズを汲んだ記事を書かなければ、いくら記事を増やしてもまったく意味がありませんので注意しましょう。

アドセンスの収益を改善する方法④トレンド記事とロングテール記事の組み合わせ

ブログ記事のテーマには、現在のトレンドに合わせた内容のトレンド記事と、流行に左右されない読者自身が調べたいことを中心に書く記事のロングテール記事があります。おもにトレンド記事の場合は、時流に乗って検索数やソーシャルメディアなどで爆発的にアクセス数を稼ぎやすくなります。その反面、流行が過ぎ去ると検索数は極端に落ちることになり、常に注目が集まる記事を掲載する必要があります。

一方、ロングテール記事は、基本的には流行に左右されないため、検索数が少ない記事でも長期間アクセス数を稼いでくれる記事になります。ただし、記事数と記事内容も重要であり、稼ぐようになるまで時間がかかります。

このように、記事のテーマ選定も収益を上げるためにはとても重要です。自身のブログサイトを長期に渡り収入源とするなら、ロングテール記事を中心に記事数を積み重ねつつ、すぐに収益に繋げやすいトレンドテーマも入れていくことで安定したサイトにすることができるでしょう。

アドセンスの収益を改善する方法⑤ドメインパワーを上げる

ドメインパワーとは、文字通りサイト力(ちから)ということになりますが、このドメインパワーが高いと検索結果画面で上位表示しやすくなります。逆に記事をいくら作成してもドメインパワーがないと検索結果画面で上位表示されません。ドメインパワーは、サイトを立ち上げてからおよそ3~6ヶ月以上の期間が必要です。

ドメインパワーを上げる方法として、サイトへの流入を増やすことです。これは検索でヒットしやすい「バズる」ような記事作成したり、TwitterやFacebookなどを利用してサイトへ集客することも一つの方法です。

そしてもう1つの方法は、外部からのリンクしてもらう「被リンク」を獲得することです。それにはブログに掲載する記事が読者にとって役立つコンテンツ作りが求められます。

アドセンスの収益を改善する方法⑥アドセンス広告の配置を見直す

記事を量産してもアドセンスを広告でクリックされなければ、収益につながりません。まずアドセンス広告の配置を確認しましょう。基本的な配置場所は、記事の始めと終わりの位置です。

また、広告の露出を増やすということもひとつの方法です。増やしすぎても逆効果のため、およその目安として記事の500~600文字につき、1つの広告(ディスプレイ広告やリンクユニット広告など)を入れることで、多すぎず適度に露出を増やすことができます。

アドセンスの収益を改善する方法⑦アドセンス広告と記事の相性確認する

アドセンス広告と記事が合っているかを確認しましょう。記事の内容と広告が合っていないとクリックは増えません。自身が得意なジャンルという観点で記事をひたすら増やしても、もともとクリック率や広告単価が低いテーマであると収益はついてきません。特に芸能系や子供向けジャンルなど、クリック率や単価が低いテーマは避けましょう。

アドセンスの収益には、記事の量と質が必要!記事代行サービスの利用を検討しよう

さて、これまでアドセンスで収益を上げるには、記事の中身が非常に大切だということをお伝えしました。ブログを始めた初心者の方には、「思うように記事数を増やせない」「バズるような記事が書けない」など記事作成に関する悩みは多くあります。

そこで記事を外注化してプロに任せるということも、サイトで収益を上げるための近道です。外注化するメリットを以下に紹介します。

アドセンスの収益化の早道は外注化①短期間に記事を貯めることができる

自身で記事を書くより、短期間で記事を量産できるため、空いた時間をサイトの改善に時間を割くことができるので、定期的なサイト更新が可能になります。その結果、ドメインパワーも着実に高めることができます。

アドセンスの収益化の早道は外注化②各ジャンルに精通しクオリティを維持できる

記事のクオリティは非常に重要で、記事をいくら増やしても検索意図から外れた内容であると読者は、すぐに離脱してしまいサイトの評価はあがりません。外注化することで、さまざまジャンルの記事を執筆することができ、SEO対策に長けたライターが執筆するため、上位表示を狙うことができます。また、一定のクオリティが保たれ、サイトの収益に繋げることができるでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

アドセンスの収益アップさせる方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。アドセンスで収益を上げる方法は、良質な記事を積み重ねてアクセス数を稼ぐことが結果的に収益アップに繋がると言えます。

ブログで収益を上げるには、記事の量産も必要ですが外注することで早期にサイトの収益アップに繋げることができるでしょう。本記事を参考に少しでも収益化を目指してください。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.