個人メディア向け

サイト運営を個人でおこなう!収益はどうやって出す?

投稿日:

最近では企業や団体にとどまらず、個人レベルでサイト運営をおこなうという人が増えてきました。

芸能人がホームページを開設するだけではなく、本当に一般の会社員や主婦の方がサイトを開設し、人によってはかなりの人気を集め「カリスマ」と呼ばれるような一般人まで登場しています。

サイトではあなたが発したい情報を発信することで、うまくいけば収益を得ることもできます。

楽して稼げるということはありませんが、それでも努力と工夫をすればある程度のレベルまでは稼ぐことは可能です。

そこで今回は、サイト運営を個人でおこなうためのポイントについて解説します。

 

サイト運営は個人でもできるのか

自分自身でホームページなりブログなどのメデイアを持つことはできても、それをうまく運用するというのは難しいこのように感じます。

自分自身で所有するメデイアのことをオウンドメディアといいますが、ここでは自分の好きなようにサイトをデザインしたり、発信する情報も自由です。

しかし自由な故にどのような情報を発するのか、頻度はどれくらいか、集客対策をどうするかなどをすべて自分で考えなければいけません。

 

本業がある人の場合

本業をしながら副業としてサイトを運営する場合には、まずは本業がおろそかにならないようにするというバランス感覚が必要になります。

サイト運営にフルコミットできる人と違い、副業に避ける時間は限られたものとなるのので、効率的に運営をしていく必要が出てきます。

まずはサイトを運営することでどれくらいの集客を達成し、そしてどれくらい稼げるようになりたいのかを明確にしましょう。

社会人の方であれば、仕事をしながら得られた経験をサイト運営に反映させることもできますし。必ずしも不利ということはありません。

 

デザイン能力がない人

サイト運営というと、独自性のあるデザインを持たなかればいけないと思う人がいます。

確かにデザイン能力があるに越したことはありませんし、その他にもHTMLやCSSといったマークアップ言語の知識があれば魅力的なデザインのサイトを構築できます。

しかし。サイト運営で最も大事なので発信する情報の質です。

素晴らしいデザインのサイトを作っても、中身がスカスカなものであれば結局誰も魅力を感じることもありませ。

とにかくクオリティを重視すべきは記事の内容です。

また、サイト運営をおこなう上で利用するワードプレスなどのCMSは使い方が非常に簡単で、プログラミング能力やデザイン能力が要求されることはありません。

テンプレートのデザインを利用すればサイトとしての体裁は整うので、記事作成にすべてのエネルギーを投入する事が可能です。

実査に人気を集めているような個人サイトでも、デザイン自体はシンプルなものが多くなっています。

独車にとってもっとも気になるのは情報であり、与えある情報のクオリティが高ければデザインは特に問題ありません。

 

個人でサイト運営をして儲けるには

個人でサイトを運営することじたいはそこまで大変なものではありません。

しかし、そこから収益化するとなるとまた話は別であり、それ相応の努力や工夫が必要になります。

以下では、サイトを運営しながらお金を稼ぐ方法について解説します。

 

テーマを絞って記事を書く

サイト運営でとにかく大事なのはコンテンツのクオリティです。

以下にあなたが貴重な情報を他者に対して届けることができるかどうかが勝負になってきます。

まずは、何がテーマのサイトなのかを明確にしましょう。

あらゆるジャンルの記事を書くのもいいですが、個人レベルでサイトを運営する場合、かならずしもこれが有効な戦略とは言えません。

複数人でサイトを運営している人は、各ジャンルで担当を持っているので、クオリティを保ちつつ多様性のあるサイトを運営できますが、個人の場合は時間も人的資源も制限されています。

そこで、まずは軸となるテーマを一つ絞って、そのジャンルを中心に記事を書いていくということが大事です。

ジャンルを選ぶ際のポイントは、あなたが好き・得意なジャンルでも問題ありませんが、あまりにメジャーすぎる内容だと、ライバルの影に潜んで結果を出すことが難しくなります。

そこで、あまりライバルがいなそうで、かつ需要のあるテーマを探すようにしましょう。

そんなジャンル見つけられるわけがないと思っている人もいますが、まずあなたが興味のあるジャンルを探し、そこを更に深堀りすれば自ずとテーマが見えてきます。

その他、あなたが興味あるもの同士を組合わせて新しいジャンルを開拓するというのも、新しさという意味で他者の興味を惹くことができます。

とにかく工夫をするということを忘れないでください。

 

興味を惹く記事を書く

ジャンル自体が興味深いものであっても、それが読者の興味を惹くかと言えばそうでもなく、関心を引き寄せるような書き方をしないといけません。

その上で、ライティングのテクニックが大事になります。

WEBライティングやコピーライティング関連の書籍は数多く出版されていますが、真剣にライティングの勉強をしようと思うのであれば、1冊は購入してテクニックを身に付けるようにしましょう。

一番やってはいいけないのが、本を読むだけで実践に移さないというパターンです。

何冊本を呼んでも実際に自分で手を動かして記事を書いてみないと効果的なライティングができるようにはなりません。

サイトを個人で運営するうえでは、とにかく記事数が大事になります。

勉強をしながら記事の質を高め、さらに数もしっかりこなすということが大事です。

記事は可能であれば毎日書くようにしましょう。

書くのが習慣になればストレスを感じることなく作成することができ、自然とテクニックも高まってきます。

また、興味を惹く記事を書くには、あくまでも読者目線で書くようにしてください。

これは意外と多くの人ができていないのですが、記事の内容が自分のことばかりになってしまっていて、全く読者のメリットになるような内容になっていないものを多く目にします。

自身の経験を書くというのは良いのですが、それをいかに読者のメリットにつなげるかが大事です。

読者のニーズを的確に掴んで記事を書くという意識を持って作成しましょう。

 

記事作成代行サービスを利用してみる

記事の数と質を同時に増やしていくというのは中々根気のいる作業です。

楽しみながらサイト運営をおこなうのがベストですが、最初のうちはストレスに感じることも多いでしょう。

そこでおすすめなのが、記事作成代行サービスです。

ライティングスキルの高いプロに記事の作成を代行してもらう事により、時間の節約だけでなくサイト自体のクオリティを高めることができます。

記事代行サービス業を展開するところは増えてきましたが、ライター数を多数抱えるところであればどのようなジャンルに対しても柔軟に対応してくれますし、クオリティだけでなく納期に関してもしっかりと守った上で納品してくれます。

プロのライターが書いた文章は閲覧数を増やしやすく、またその記事を読んであなた自身が勉強する機会を得ることができます。

スタートの段階でつまづいてしまった方や、中々トラフィックを稼げないという方は検討してみてください。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

サイトの運営は軌道に乗れば楽しくなってきますし、自分でメデイアを作り上げるという満足感を得ることもできます。

サイトと共にあなた自身も成長することができるように、コツコツと正しい努力をしていきましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.