個人メディア向け

ホームページ作成で広告収入を得る方法について開設します

投稿日:

現在本業として会社に勤務している方の中には副業をしながら別の収入源を得ている人もいます。

副業解禁の動きに伴い選択肢の幅は広がりつつありますが、あなたは何か副業を考えてはいませんか?

どのような方法でお金を稼ぐかは人それぞれですが、貴重な時間を削って副業をする以上、無理なく無駄なく稼ぎたいところです。

そこで今回は、本業にあ影響を与えずに効率的に稼げる方法として、ホームページ作成による広告収入で稼ぐ方法について解説します。

 

ホームページ作成で広告収入を得るには

現在は規模の大小に限らず、企業は自社のホームページを持つのが当たり前の時代です。

そして個人レベルデモホームページを持つという人が増えて来ました。

あなたも何か調べごとがあったときの情報源として、無意識のうちに個人のホームページを閲覧しています。

インターネットで検索をかけて上位に表示されるページほど、閲覧数が多かったり閲覧者にとって有益であると判断されているということになり、こうしたサイトは広告収入もしっかり稼げています。

では、ホームページで広告収入を得るにはどうすればいいのでしょうか?

 

収入を得る仕組み

個人のサイトを運営して広告収入を得ている人の中には、それだけで生きていけるほどの収入を得ている人もいます。

それこそ月に100万円以上稼いでいる人もおり、これからホームページを作成しようと考えている方にとってはさらにモチベーションが上がります。

そもそも、個人でサイトを所有することでどのようにして広告収入を得ているのでしょうか?

アフィリエイトと言う言葉をお聞きになったことはありますか?

アフィリエイトとは、企業とサイト運営者を結ぶ存在であり、企業の広告を個人のページに掲載して商品やサービスのプロモーションをおこなう方法になります。

つまり、あなたが個人でメデイアを運営し、そこに企業の広告を掲載して、閲覧者がその広告を経由して購入に至った場合には、あなたに成功報酬として売上の数%が入るという仕組みです。

報酬の%については企業ごと、商品ごとに違います。

当然高額の商品が売れれば報酬は大きいですが、売れる可能性に関してはお得な価格の商品のほうが高いので、高額・低額のどちらが良いということは一概に言えません。

もう1つサイト運営で広告収入を得る方法として、グーグルアドセンス広告からの収入を得るという方法があります。

グーグル広告をホームページに掲載し、その広告に対してクリックがあった場合にクリック報酬を得ることができるというシステムです。

アフィリエイトと異なり、商品が購入されずとも広告がクリックされれば報酬が入りますが、クリック単価は数十円ほどとなっています。

また、アドセンス広告を貼るうえでは予めGoogleの審査を通す必要があります。

ホームページ作成をして広告収入を得る人が多くなってきたことから、最近では少し審査の基準が難しくなってきたとも言われていますが、有害な情報を提供しない限りは審査は通る様になっています。

 

ホームページに必要なもの

ホームページを作成して広告収入を得るには、当然ながら閲覧者の存在が必要です。

そして閲覧者を呼び込むには、コンテンツを充実させる必要があります。

あなたも経験があるはずですが、サイトを訪問して何の約にも立たない情報があったときにがっかりしませんでしたか?

このようにせっかく閲覧してくれた人がいても、満足させるような内容でなければその人があなたのサイトを訪れることはありません。

ホームページ作成に当たってはまずテーマを決め、その上で必要とあればデザインを整える必要があります。

そしてもっとも大事なのは記事です。

情報を提供するに当たり他者と差別化を図れるものこそが記事の内容です。

誰もが知っているようなことを書いたり、あなた自身のことを書いているだけのような記事ではやはり閲覧者の興味を惹くとはできません。

どうすれば読んでもらえるのかという、読者目線での記事作成が必要になります。

また、ホームページ作成に当たっては、例えばアメブロのような既存のプラットフォームを使うのではなく、ワードプレスを始めとするCMSというコンテンツ管理サイトを利用しましょう。

企業が運営しているサイトは営利目的での利用を制限していることが多く、真剣に収益を得ることを考えている場合には自分で0から作成する必要があります。

自分で作るといっても、テンプレートのデザインがありますし、HTMLやCSSといったプログラミング能力が要求されることもありません。

また、サーバーをレンタルしたりドメインを取得するという作業も必要になります。

 

ホームページで広告収入を得るためのポイント

ホームページ作成の準備ができたら、いよいよ記事を書いて公開していきます。

上記でも解説しましたが、サイトを運営することでかなりの額を稼げる人がいますが、その一方で中々思うように稼げないという人もいます。

がっつり稼げている人も最初からうまくいったということは稀ですが、ではどのようにして儲かる仕組みを作ればいいのでしょうか?

 

ジャンルを絞る

まずはサイトのテーマをしっかり固める必要があります。

テーマに関してはトレンドを取り入れてもいいですが、知識がまったくないジャンルを書いても薄っぺらい内容になってしまうので、できればあなたが興味ある分野や得意な分野に絞りましょう。

まったく関係のないジャンルの記事を書いていると閲覧者を固定することができません。

昨日はビジネス関連の内容だったのに今日はグルメ関連の記事だった、というような内容はNGです。

「健康」などのジャンルにするに」しても、ダイエット系なのか病気系なのかでさらに細分化するほうが、特定の読者の興味をつかみやすくなります。

 

マーケティングする

ホームページ運営で広告収入を得る上では、マーケティングが必要になります。

マーケティングと聞くと難しく感じてしまう人がいますが、要するに「どうすれば読まれるか」「「閲覧者を増やせるか」「口コミで新しい読者を呼んできてもらえるか」をかんがえるということがマーケティングです。

そのためにトレンドを調べたり、書こうとしている記事のジャンルにおいてどのようなキーワードを記事内に散りばめるべきなのかを検討しながら作成する必要があります。

マーケティングの本を何冊も読む、ということではなく、あくまでも記事を書き、失敗や成功を繰り返す中で傾向を掴んでブラッシュアップしていくということが大事です。

常に研究する姿勢が大事です。

 

記事作成代行サービスを利用する

サイト運営に当たっては記事の量と質の両方が大事です。

更新の頻度が高いほど読者の興味をひきやすく、アーカイブを蓄積させることで広告を踏んで貰える可能性もアップします。

しかし本業の合間に記事を書き、また質の高い記事を書くのは大変なこともあります。

そうした方は記事作成代行サービスを利用しましょう。

大手の代行サービスであれば、プロのライターが検索アルゴリズムを理解した上で上位に表示されやすく、読者の関心を引き寄せるような記事を作成してくれます。

ジャンルを指定することもできるので、もしあなたが興味があっても知識がない分野がある場合には、記事作成を代行してもらうことで納得のいく記事を作成してもらうことができ、またあなた自身の知識アップにも繋がります。

費用は発生しますが、費用対効果で考えると効率的です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

ホームページ作成で大事なのは、とにかく楽しんでやるということです。

あまりお金のことばかり考えて運営していると、気づかぬうちに独りよがりの内容になってしまっています。

あくまでも他者の利益に資するということを意識して作成すれば、自然と人気は高まっていきます。

まずは低めの収益目標を立て、少しずつ広告収入を上げていきましょう!

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.