個人メディア向け

Googleアドセンス審査の合格に記事数は重要ではないその理由を解説!

投稿日:

ブログの大きな収益源となるGoogleアドセンス広告ですが、以前まではサイトに掲載される記事数にある程度のボリュームが必要でしたが最近では、少ない記事数でもGoogleアドセンスの審査に合格している方も多くいます。本記事では、Googleアドセンスで必要な記事数を中心に審査通過後、必要な記事数と通過後にアドセンスで稼げる記事数についても解説していきます。

Googleアドセンスの審査で記事数は重視されていない?

Googleアドセンスを導入するには、Googleの審査に合格しなければなりません。しかも困ったことにGoogle側は明確な合格基準を公開していません。記事数が20~30記事と多い方がいいと言われていたGoogleアドセンスの審査ですが、最近では、少ない記事数でもアドセンスの審査に通過している報告が多数あります。

Googleアドセンス審査は、記事数ではなく記事の内容が大切!

Googleのアドセンス申請では、記事数よりも記事の内容で合否を判断している傾向にあるようです。以前はGoogleアドセンスの審査には、最低20~30記事が必要といわれていましたが、最近では5記事くらいでも通過している報告があがっています。よって、Google側は記事数ではなく記事内容を見て判断していると言えます。

Googleアドセンスを通過するには、記事数より文字数?

それでは、記事数の問題ではないとお伝えしましたが、1記事あたりのボリューム(文字数)は、どのくらいの文字数があれば良いのでしょうか。調査では1記事あたり最低1500文字~2000文字あればアドセンス審査に通過できたと報告が上がっています。

 

Googleアドセンスは、記事数より結局は記事の中身が重要

前項で挙げた通り、文字数も基本的な審査対象ではないようですが、やはりユーザーにとって、いかに有益な情報が記事に書かれているかが、審査基準になっているといわれています。特に気をつけたいのが、量産を目的にした内容がない日記のような記事は、アドセンスの審査に落ちるといわれています。結果的に最初から文字数を意識するのではなく、読者にとって有益な内容になっているかを意識して書けば、自ずと文字数は2000文字以上にはなります

Googleアドセンス審査通過したら、記事数以外に重要なポイントとは?

前章では、Googleアドセンスの審査には、記事数は必要でないことを説明しましたが、アドセンスの審査で重要な項目は他にもあります。ここでは審査に出す前に最低限必要な作業についてまとめました。審査へ提出する前に必ずチェックしましょう。

 

アドセンスで記事数以外に重要ポイント①:記事が多い場合は表現が適切か確認

Googleアドセンスを利用する場合は、Googleが禁止しているAdSense プログラム ポリシーに準拠する必要があります。例としてはアダルトやポルノはもちろん、お酒などのアルコール類、タバコなど処方箋医薬品の販売などの分野に及びます。記事の内容がこれらの禁止事項の項目が記事テーマに含まれないように気をつけましょう。

アドセンスで記事数に関係なく合格するコツ②:ユーザーに役立つ記事を書く

サイトに掲載する記事はユーザーが探している答えを書かれていることが重要です。よって、まとめサイトや日記のような記事では、審査を通過しにくいかもしれません。記事数より質の高い記事を書くように意識しましょう。

アドセンスで記事数に関係なく合格するコツ③:プライバシーポリシー作成

プライバシーポリシーの作成は、最近になって記載する必要があるといわれています。アドセンスを利用する場合は、プライバシーポリシーに記載することが必須であるとアドセンスのヘルプページに記載されていますので参考にしながら作成しましょう。

アドセンスで記事数に関係なく合格するコツ④:お問い合わせフォームを作成

お問い合わせフォームは、Googleアドセンス審査に必須といわれています。作成するのはWordPressのプラグインを使えば、簡単に作ることができますので必ず作成しましょう。

Googleアドセンス審査通過したら、記事数以外に重要なポイントとは?

前章では、Googleアドセンスの審査に必要な記事数についての検証やそのほかの重要ポイントについて解説してきましたが、これから収益化を目指す方にとって、アドセンスの審査を通過することが目的ではないはずです。

ブログサイトをこれから運営される初心者の方は、事前情報として、とにかく記事数を増やさなければならないという呪縛に囚われている方も多いでしょう。しかし記事をやたらと増やせば良いという訳ではありません。

記事を量産する前に、まずブログサイトをどのような方向で記事を増やしていくかを考え、方向性を決めてから記事を書くことをおすすめします。この章では、ブログ運営するにあたり、注意するポイントを解説していきます。

Googleアドセンスで記事数以外に重要なこと①:記事との広告の親和性が高い

とにかくブログといえば、記事数を稼がないといけないから大変!という方は、多くいるでしょう。そもそも記事数が必要な理由は、記事を増やすことで、アドセンス広告のクリック率(CTR)を上げることができるからです。ただし、CTRを上げるには記事と広告の内容の親和性が高い必要があります。記事と全く関係のない広告が表示されなければクリック率も上がることはありません。

よって記事の内容は決裁権がある大人向けのテーマ、クレジットカードや保険、転職など広告が豊富にあるテーマを選ぶなど計画をたてて記事を増やしていきましょう。

Googleアドセンスで記事数以外に重要なこと②:記事のテーマ性

前項の通り、広告と記事の親和性が重要だとお伝えしましたが、そもそも記事のテーマには、ニュース性や注目が上がる「トレンド記事」と、流行に左右されない読者自身が調べたいことに向けた記事を書く「ロングテール記事」があります。

トレンド記事の場合は、アクセス数は稼ぎやすいですが、一過性のもので特に芸能ニュースなどは、広告との相性が良くないテーマが多いといえます。一方で「ロングテール記事」は、基本的に読者が知りたいことで検索してきているため、アクセス数は少ないですが訪問者の意図と一致すれば広告のクリック率も高くなるといえるでしょう。

ただし、検索数が少ないテーマが多いため、根気よく記事のジャンルをを広げ網を張るというイメージに近いかもしれません。

Googleアドセンスで記事数以外に重要なこと③:検索キーワードを意識して書く

記事を書き始める前には必ず自身が狙う「キーワード」を決めましょう。例えば本記事であれば「アドセンス 記事」とし、これらのキーワードで検索したユーザーはどんなことが知りたいのか?を意識しながら、書くことが大切です。実際に検索結果画面に表示されている検索上位のサイトの文脈を調査し、検索意図をしっかりと汲み取り構成を練り上げましょう。

アドセンスで収益化するには、記事数も必要

アドセンスで稼ぐのに重要なのはアクセス数です。アクセス数を上げるためには、アドセンスで稼ぐにはどのくらい記事が必要なのでしょうか。アクセスが集まりやすくなるのが、およそ100記事からといわれており、200記事で安定してアクセスが伸びてくるといわれます。

しかし100記事を達成するには毎日1記事を書いても、3ヶ月以上はかかることは誰もがわかります。最初は記事のネタもありますが、さすがにどれだけ人生経験が豊富な方でも、記事のネタにできるテーマばかりではないはずです。

どうしてもアドセンス広告収益のビジネスで大きな負担になるのが、やはり記事の量産です。これを乗り越えることができれば、ブログで収益をあげていくことも無理な話ではありません。そこで解決策として、記事を外注化する「記事代行サービス」を利用することをおすすめします。

記事代行サービスで短期的に記事数を増やし、アドセンスで収益化!

ブログを始めた初心者の方には、記事を量産することができないという方も多く、挫折される方も多いのも事実です。そこで最も負担のかかる記事外注化を利用することで、短期間で記事が量産でき、記事のネタやジャンルに悩むこともありません。

またプロが執筆するため、記事のクオリティも担保できます。これによりブログサイトの記事の満足度も保て、安定的な収益につながる早道になります。是非検討してみてはいかがでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

アドセンスで収益化する際に誰もが必ず通るGoogleアドセンスの審査ですが、記事数ではなく記事の内容が重要だということを紹介しました。しかし、これはゴールではなく通過点にすぎません。

実際にアドセンス広告で稼ぐということ自体簡単ではありませんが、記事を量産する膨大な作業から解放されれば、アドセンスで収益化を達成するための近道になるでしょう。本記事を参考にしてもらえればと幸いです。

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.