個人メディア向け

アドセンス本当に稼げない?収益伸びないその理由を解説!

投稿日:

アドセンス広告収入ですぐに稼げると聞き、始めたものの全く稼げないと諦める方も多いでしょう。はやり原因は、記事を書き続ける作業に追われ、記事の内容まで精査する時間もなく精神的疲労で終わってしまうのが大半でしょう。

アドセンスで稼ぐためには検索ユーザーを意識した記事作成やアクセスUPのために気を付けないといけないポイントがあります。ここでは初心者向けに解説していきます。

アドセンスでなぜ稼げないのか?すぐに稼げるという誤解

ブログでの広告で稼ぐビジネスモデルは、資金もほとんどかからず個人で参入しやすい事業です。メディアで取り上げられるのが、隙間時間で月10万円稼げるという話題を鵜呑みにして始める人も多いでしょう。しかし、現実はほとんど稼げずに挫折してしまう人が後を立ちません。

このビジネスに最も必要なのは、稼げなくてもコツコツと記事を書き、サイト改善を行うことができる「根気」です。すぐに収益があがることは極めて稀なケースです。アドセンスで稼ぐためには何があっても作業しつづけられる折れない心が必要です。

ブログはアクセス数がなければアドセンスでは稼げない

まず肝心なのがブログを毎日書いていれば、稼げるというのも大きな間違いです。そもそもアドセンス広告は、サイトにアクセスがないと稼ぐことができません。

アクセス数を上げるには、良質な記事をひたすら積み上げていくことが必須になります。しっかりとした記事を上げることができてさえいれば、自ずとアクセス数は増加し収益もついてきます。

アドセンスで稼げない人に向けて必要なコツを紹介

先に挙げたとおり、理屈では伝えるのは簡単ですが、実際収益に結びつけるための基本的な記事の書き方があります。本記事ではここではその項目を紹介していきます。

アドセンスで稼げない理由①キーワード選定が行えていない

記事は単に得意なジャンルだから記事をひたすら増やしても、収益に結びつきません。記事を書く前にまず適切なキーワード選定が行われているかをチェックしましょう。キーワード選定には、Googleが提供している「キーワードプランナー」を使ってある程度検索ボリュームや競合性が高くないキーワードを選定し執筆することが重要です。芸能系や子供向けのテーマはクリック率や単価が低いテーマは避けましょう。

アドセンスで稼げない理由②タイトルのつけ方を意識していない

記事数はある程度増やしたものの、全体的に記事のアクセス数がなかなか上がらないという状況ではないでしょうか。基本は検索されるキーワードを念頭に入れながらタイトルをつける必要があります。

検索ユーザーはタイトルを見て自分が求めている情報かを判断しています。クリック率の評価も検索上位表示されるために重要な要素です。文字数は30文字で、選定したキーワードを先頭(左側)に入れましょう。その他タイトルには、「~おすすめ10選」「~5つの方法」など具体的な数字を入れると具体性もあがり、記事のクリック率も上がるでしょう。

アドセンスで稼げない理由③記事の内容が薄い

記事はユーザーにとって有益な内容でなければ、記事数をいくら増やしてもユーザーの直帰率や離脱率が上がることになりGoogleの評価を得ることができません。結果、上位表示が難しくなりアドセンスで収益を上げることが難しくなるのです。
記事が評価は、Googleのサーチコンソールにて順位が低迷している記事をピックアップして、リライトを行いましょう。

リライトを行う方法としては、対象キーワード検索結果で、競合のページの内容を見ながら検索意図にマッチしている内容に近づけていきます。またサジェストワードを見ながら、不足しているワードに関しても記事の盛り込むようにしましょう。

アドセンスで稼げない理由④ドメインパワーがない

立ち上げて日が浅いサイトは、古くからあるサイトに比べてドメインパワーが弱いといわれます。ドメインパワーとは、ドメインの強さという意味ですが、Googleが信用できるサイトと評価されれば、ドメインパワーが強くなり、検索結果画面でも上位表示されやすくなります。

また、記事をいくら作成してもドメインパワーがないと検索結果画面で上位表示されません。ドメインパワーは、サイトを立ち上げてからおよそ3~6ヶ月以上の期間が必要です。

ドメインパワーを上げる方法として、ユーザーが探している答えが書かれている有用性のある記事はもちろんのこと、専門性の高い記事を書くこと、更新頻度が高いサイトであることが挙げられます。

また、外部サイトから被リンクを受けることでも、ドメインパワーは上がります。検索でヒットしやすい「バズる」ような記事作成したり、TwitterやFacebookなどを利用してサイトへ集客することも一つの方法です。

アドセンスで稼げない理由⑤サイトに記事数が少なすぎる

アドセンスで収益が上がらない原因に、記事数が少ないということが挙げられます。一般的には記事数を100本上げることが最初の目標といわれています。なぜ100記事が目標といわれているかの理由の1つ目に、WEBサイトの情報を収集する「クローラー」といわれる検索エンジンのプログラムが存在し、信頼度が高いかを評価しています。

このクローラーがサイトを評価にかかる期間がおよそ3ヶ月といわれており、ちょうど3ヶ月毎日更新すると100記事近くになるため、最初の目標とされいるのです。

そしてもう一つは、最初の3ヶ月間毎日更新することで、記事を追加していくという習慣化する意図もあります。ブログを毎日更新することは、至難の業で挫折する方も多くいます。この最初の目標をクリアすることで、継続力をつけてアドセンスで儲けるということにつながるのです。

アドセンスで稼げないなら、記事の外注化を検討しよう!

さて、これまでアドセンスで収益を上げるには、記事の中身が非常に大切だということをお伝えしました。ブログを始めた初心者の方はたった一人で記事を量産していくという作業に追われ、続かなくなり途中で投げ出してしまう方も多いでしょう。

先述の通り、サイトを立ち上げたら良質な記事を定期的に更新することは避けて通れません。この記事を量産する負担を軽減することができれば、ビジネスとして続けていく可能性は大きいと思います。

そこで記事を外注化してプロに任せるということは、サイトで収益を上げるための近道です。外注化するメリットを以下に紹介します。

アドセンスで稼げない人の記事外注化のメリット①効率が劇的に上がる

記事を外注化することで、サイト改善や記事のリライトする時間ができるので、自身で記事を積み上げていくよりも短期間でアドセンス収益を上げることができるようになります。

最終的には、テーマ設定と対策キーワード選定の方法で、自身がどんな記事を書けばアクセスが伸びるかを理解していれば良いのです。

アドセンスで稼げない人の記事外注化のメリット②記事のクオリティを維持できる

これまでお伝えした通り、記事をいくら増やしても、ユーザーに有用性の高い記事でなければ、サイトの評価もあがらず結果アドセンスの収益もあがりません。特に経験の浅い初心者の方には、良質な記事を書けるようになるまで時間も要します。

そこで外注化することで、クオリティの担保とSEOにも強い記事を大量に準備することができます。サイトの収益化までの時間を短縮することができるでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

 

まとめ

本記事では、アドセンスで稼げないという初心者の方も記事を外注化することで、時間に余裕ができるため、サイトの改善と継続的な更新にも時間をつかうことができます。

全て自分ひとりで作業をするのではなく、費用はかかりますが外注化でスピード感をもってアドセンスで収益化することができるはずです。続けていくことに自身がない方は、外注化という選択も視野にされてはいかがでしょうか。本記事を参考に少しでもアドセンスで収益化を目指してください。

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.