個人ライター向け

ライターとして仕事をするには?働き方について解説します

投稿日:

商品やサービスの紹介を行う上で、「文章」の持つ力は偉大であり、デジタル化が進む現代においても、ライティングの重要性は衰えるばかりか、むしろ増しています。

情報を提供したりレビューをする、もしくは紹介をするのを生業とするのがいわゆるライターと呼ばれるものですが、稼げるライターになると、平均的なサラリーマンの数倍、数十倍の額を稼ぐ人もいます。

では、ライターとして仕事をするにはどうのようにすればよく、またどのようなライターが稼げるようになるのでしょうか?

今回は、ライターを仕事として行い、お金を稼ぐ方法を紹介します。

ライターを仕事にするには

instagram-image

yoga_saya

ライターとは情報を書いてそれを不特定多数の人に公開し、購買や利用につなげることに貢献する仕事を言います。

ライティングを行うのがライターの仕事ですが、ライティングの内容にも種類が数多くあり、どのような形で働くのかを決めることは、ライターとして活動する上での最初の一歩になります。

以下では、ライターとしての必要な要素を解説した上で、ライティングの種類について解説していきます。

収益を上げる文章を書く

文章をただ書くだけで無限にお金が稼げるということはなく、お金を稼げるライターとそうでないライターには違いがあります。

それが「収益性」です。

自分が書いた文章がどれだけ多くの読者の関心を引き、そこから商品やサービスの購入につなげることができるかどうかというのが収益性ですが、稼ぐことのできるライターはこの収益性が非常に高い人になります。

ブログで稼ぐ

ご自身でブログを書いていたり、サイトを運営している場合、これも立派なライティングに該当します。

ただ趣味で書いているのではなく、もしブログを書いて収益を得るというような場合には、ライターとしての素質があるということになります。

ブログで稼ぐ人の場合は、アフィリエイトと呼ばれる成果報酬型広告をメインに記事を書くことになります。

方法としては、自身のブログに企業の商品やサービスに関する広告を掲載し、ブログ経由で商品の購入があった場合にはその数%が成果報酬としてライターに入って来ます。

稼いでいる人は、月に100万円以上稼ぐ人もいます。

コピーライター

コピーライティングは100年以上前から存在するものであり、企業の商品やサービスを紹介する方法として現在でも有効活用されています。

今ではどの企業もホームページを持つのが基本であり、その中で自社の商品・サービスのメリットを伝えることができるかが大事になります。

自社内でライティングを行う企業もあれば、外部のプロのライターに執筆を依頼することもあり、予め報酬を決定するか、もしくは売上の数%を報酬としてもらうというような方法があります。

ライターの仕事でしっかり稼ぐには?

instagram-image

_nyami73_

ライターとして稼ぐには、とにかく収益性を出せるかどうかにかかってきます。

では、どうすれば収益性を出せるライターになれるのでしょうか?

以下、解説します。

顧客目線の文章を書く

まず大事なのは、顧客目線の文章を書くということです。

これはライティングにおいて基本中の基本ですが、中々これができない人が多いのが現状です。

ついつい独りよがりの文章になってしまうと、読者の関心を引くことはできません。

顧客目線の文章を書く上で大事なのは、まずは「誰に読んでもらうのか」というターゲティングが大事になります。

不特定多数の人に読んでもらうとはいえ、ターゲティングをしないでざっくりとしたライティングを行うと、結局誰宛てに書いた文章なのかがわかりません。

ターゲティングを行う上では、ただ単に性別で区切るというようなおおまかなものではなく、例えば「40代 サラリーマン 男性 運動不足で悩んでいる」など細かく絞っていくことが大事です。

プロの文章を参考にする

売れているライター=文章力があるという図式は必ずしも当てはまりません。

文章の才能がない人でも、ライターとして稼ぐことは可能です。

実際に国内でも抜群の実績を上げているライターも文章力は不要であると言っている人がほとんどであり、売れる文章を書くためにはとにかく読者目線で書くことを重視しています。

実際に売れているライターがどのような文章を書いているのかを目で見て、更にそれを実際に自分の手でパソコンで打つ、紙に書くなどすることで、プロのノウハウを吸収することができます。

ライティングに関する書籍もあり、1冊は読むべきではありますが、本を読むだけでなく実際に書いてみるということを意識すると、自分のものにしやすくなります。

まずは副業で始める

ライターとしてお金を稼ごうと思っても、いきなり稼ぐことはできません。

特にコピーライティングを行って稼ぐ場合には、実績を積むことが大事です。

そこで実績を積むために、まずは副業でライティングを行うことをおすすめします。

クラウドソーシングサイトを活用すれば、ライターの募集を多く行っているので、そこで経験を積んでポートフォリオを貯めることで、仕事を受注しやすくなります。

まとめ

文章を書くだけでお金を稼げるというのは夢のような話ではありますが、しっかりお金を稼げるようになるためには努力や工夫は必須です。

少しずつレベルアップを図りながら、着実に売れるライターへの階段を上がっていきましょう!

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.