個人ライター向け

稼げるWebライターになるには?どのぐらい稼げているの?

投稿日:

新しい働き方ということを政府が口に出して言う前から、在宅で仕事をする人は多く、そのような人のなかには在宅でライター業をする人も多くいました。かつてはSOHO、フリーランスなんて言葉で見られた在宅ワーカーの多くは専門性がある人ばかりでした。

しかし、暮らしの中にインターネットが蔓延しパソコンやモバイルで気軽にお金を稼ぐこと注目されだすと、案外簡単に「文字を書く」作業でお金を得る人がでてきました。

紙媒体時代のライターとは違い、ウェブ上でライター業をしている人たちをとくに「Webライター」と呼んでいます。今回はこのWebライターについて、Webライターへのなり方から気になる収入までみていきます。

Webライターになるには

instagram-image

yurika.kanaya.1112

Web上にあふれる記事を書く人達を、Webライターと呼んでいます。Web上にあふれる記事はいろいろです。ブログと呼ばれるものから、企業が作っているHPやネットでお店を経営しているサイトの記事などをWebライターと呼ばれている人たちが手掛けています。

これらの記事を書くライターたちは、いったいどうやってこのようなWebで文字を書く仕事をえるのでしょうか?

ライター募集を探す

インターネットの検索エンジンで、「ライター 募集」と探すとヒットするページがでてきます。常勤で出版社に行く必要があるものから、在宅でライター業を行えるものまで様々です。

初心者でも、企業が出すライティングのテストに受かるとお仕事がもらえるケースもあります。紙媒体でのライターよりも、Webでライターになるのは敷居が低くテストなしのケースも多くあります。

ライター募集ページから応募し、記事を書き収入を得た時点で、Webライターといって問題はないでしょう。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングという形でライター登録をし、ライティングの仕事を探し働くという方法があります。これもWebライターへの一歩です。ライティングの案件は、どのクラウドソーシングでも差はないと思っていいでしょう。

ライティングの内容によって、金額が異なってきます。今まで一度もライターとしての仕事をしたことがない人でも、ライターと名乗って仕事を受けることができます。ただし、請け負ったからには、仕事なのでクライアントが要望した通りの記事を書く必要があります。

そのため、ライターと名乗ったからには、全く知らない内容の記事を手掛けるというのは難しいでしょう。しかしWebライターはジャンルによってはWeb上にあるサイトをキュレーションすることで記事を作成できる簡単な作業もあるため、全く知識がゼロでもコツさえ覚えればWebライターとして仕事をし続けることは可能です。

SNSで発信する

クラウドソーシングやライター募集などに応募せずに、独自に宣伝をすることでWebライターになる人もいます。ソーシャルネットワークでは気軽に自分の考えている意見やアイデアを発信することができます。

それがきっかけで、Webライターになる人もいます。あるいは、すでに過去に出版社などでライター経験を持っている人が、フリーになりSNSで今までの経験をPRしながらWebライターをすることもできます。

自前ブログやHPで宣伝する

ブログやHPを個人で運営することで、人気ブロガーになったり、ブログになることでWebライターへの道が広がる場合があります。また、Webライターに登録したあとに個人でブログをもちどのような記事を今まで作成してきたかを紹介し、さらなる仕事に繋げる人もいます。

いずれにしろ趣味や専門性がある内容だと、それだけ気になった人がブログやHPを訪れてくれますので、そこから仕事になるケースも多くでてきます。ぜひWebライターとして採用、登録がおわったら、独自のブログ、HPを開設を試みましょう。

またこのブログ、HPあるいはSNSがポートフォリオのかわりとなり、「〇〇のような記事を書くことはできますか?」とオファーがかかることもあります。

商材情報を売るWebライター

Webライターと名乗る人の中には、どうすれば高額収入を得ることができるのかという内容=情報を売ることで収入を得ているライターもいます。Webライターとして仕事を大量にこなしている場合は多忙なので、Webライターになるための指南や、講演会などを何度か行ったとしても頻繁にWebライターになること関してばかりを書いている暇はないでしょう。

つまりWebライターになるためのヒントを書いてるWebライターの人は、Webライターになるという情報を書いたり、売ることで収入を得ていることになります。

気になるWebライターの収入は?

ぴんきりです。最低でも一文字一円ほしいということで多くのWebライターは、高額案件をねらっています。しかし、クラウドソーシングなどであふれる案件の多くは0.5円前後がとても多いのが現状です。

もしも、0.5円で月に15万円稼ぎたいとなると、と考えるとどれだけ大変かが容易にわかるでしょう。

また単価の高い案件はそれだけ専門性があるものになります。語学に強かったり、理系の方でも文章力がとても高い人は、それだけ稼ぐことができます。ゼロから高額を稼ぐライターになった人も多くは、専門があります。

また、コスメ、ダイエットなど美容関連も高額です。これはアフリエイトの関係から記事を読んでもらった後、読者が商品を手にする確率が高くなるためです。

与えてもらった資料をみてまとめるだけだったり、誰もが楽に手掛けることができる記事というのは、単価が安くなりがちで高額収入には結びつきません。

つまり、記事を読ませるだけの文章力もさることながら、専門性に特化した記事を書けるWebライターが、高収入になります。

まとめ

instagram-image

ifs_sunhwe.s

Webライターになるのは比較的簡単です。しかし、そこから常勤のような収入を得ることができるかというと、その人の専門性が大きく関与してきます。Webライターとして成功を収めたいと考えている人は、Webライターとして働く傍ら、自分の趣味、専門性を高める努力をしてより高額な収入をえることができるよう研鑽するとよいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.