個人ライター向け

【2019年最新版】ライターになりたい人の募集の探し方

投稿日:

読書好きな人や物を書くことが好きな人にとって、憧れの職業であるライターですが、インターネットがある昨今は、ライターになる方法はインターネットがある昨今は事情が異なります。

以前のように紙媒体しかなかった時代と違い、ライターになるには現在は敷居が低く、少し努力すれば誰もがライターとなれます。しかしながら、ライターという仕事だけをして、生活費を稼ぎ、暮らしていけるかは別問題です。

今回はライターとして生活できるかどうかは別としてライターになることを夢や憧れを持っている人にとって最初の一歩を踏み出すためにライター募集の見つけ方、探し方をご紹介します。

2019年秋 ライター募集を探すには?

ライターになった人のなかには、ライター募集から仕事を探してライターになったひとと、気が付いたら誰かに見つけ出されてライターになっていたケースの二通りがあります。

今回は、昔からある王道の方法と、昨今のインターネットを使ってのライター募集の見つけ方を中心にライター募集についてご紹介していきます。

ライター募集の見つけ方1:ラジオや雑誌への投稿

昔からあるライターになる方法のひとつにラジオ番組の投稿、雑誌の投稿があります。好きなラジオ番組に投稿しているうちに常連となり、そこで名前を知ってもらい番組から「ライターとして働いてみないか?」というオファーをもらうことがります。知らないうちにライターへの道が開けていたケースといえます。

同様に雑誌への投稿があります。タウン誌などのような、より身近なメディアの場合はライターになる確率は高いでしょう。

ライター募集の見つけ方2:編集プロ・印刷所など

出版物を作っているところでは、ライターを募集しています。印刷所が地元のタウン誌を別事業部として運営していて、そこでライターを募集している場合があります。編集プロなど書籍、雑誌を制作している職場でもライターを募集している場合があります。

ライター募集は、昔ながらのハローワーク、アルバイトやパートタイマーの求人広告で目にします。最近はハローワークに行かなくても求人内容をネットからチェックすることができます。アルバイトやパートタイマーの求人情報も同様で、それらのなかにライター募集があります。

昔ながらのライターの場合は、営業をかねて現地を取材したりするタイプのライター業の募集が多いです。

ライター募集の見つけ方3:新聞や雑誌の広告欄

ライター募集は、出版されている紙媒体の雑誌の広告欄で募集している可能性があります。新聞の求人広告でもライターを募集していることがあります。日本語以外の言語が得意な人は、英字新聞などにもライター募集の求人広告がありますので、そちらもチェックしてみるようにしましょう。

ライター募集の見つけ方4:ブロガー

ブログを書くライターを募集している場合もあります。趣味で書いていたブログが人気が出て、ライター転身の人もいます。これもライター募集の一つとみなしていいでしょう。

ブロガーの中には、アフリエイトを使って金を得ている人もいれば、まったくの無料の人もいます。

また、ライターを雇いブログを書いてもらうことでお金を得ているブログもあります。そのようなブログではライターを使っていると告知をしていませんが、次の方法でライター募集を募集しています。

ライター募集の見つけ方5:インターネットで探す

最近はこの方法でライター募集を多く探すことができます。専業、副業関係なくインターネット上では様々なライター募集をしています。

クラウドソーシングと呼ばれる方法で、ライターを募集しているケースを多く見かけます。これらのクラウドソーシングでのライター募集の多くは、在宅型のライター募集です。

在宅の場合は、家でいながら仕事ができるので外で働くことができない人がライターとして応募している場合が多いです。ライターと名乗っていますが、今まで全くライター業をしたことがない人も多くいるのが特徴です。

クラウドソーシング型では、下記の二つが有名です

〇クラウドワークス

〇ランサーズ

新しい働き方ともいわれており、大変多くの人が注目をしています。これらのクラウドソーシングでは、文字を書く仕事以外に、プログラミング、イラスト、ネーミングなど様々なジャンルの仕事を募集しています。

また、募集されるライターは、ジャンルが定まっていないものもあれば、ジャンルが固定のものまでといろいろあります。

ライター募集の見つけ方6:サーチエンジンで検索する

ライター募集は、先ほど述べたクラウドソーシングに登録した後に仕事をうけることができます。ほかにもネット上には定期的・不定期にライターを募集している会社が多くあります。

それらを探すのは、インターネット検索エンジンで「ライター募集」と探してみましょう。

在宅がいいのか、常勤がよいのか条件を変えながら検索エンジンからサーチしていきます。また、求人、人材派遣会社に登録したあとに、ライター業を探す方法もあります。

ライター募集の探し方のまとめ

ライター募集について簡単にご紹介しました。ライターの中でも、在宅でしかもネットを通じて働くWebライターというのは、新しい働き方であるということや、仕事をくれる人の顔が見えないということもあり様々な問題もはらんでいます。また、スキルがなくてもライター業につくことも可能です。敷居が低くなった分、仕事をしたのに報酬がもらえなかったなどのトラブルへとつながっているケースも多くあります。

すでにライターとして常勤で働いたことがある人が、今までの職場のつてでライターを在宅でするというのでない限り、ライター募集の広告を見つけたからといってすぐに飛びつくのではなく、最新の注意を払い仕事を受けるようにしましょう。大手のクラウドソーシングで、初心者でも問題なく、ライターができると書いていても、タダ働きになっているケースもあるので、相手とのコミュニケーションを密にとってライター登録をしてライター業をはじめるとよいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.