個人メディア向け

ウェブで稼ぐには自分にあったアフィリエイトの種類を知ろう!

投稿日:

本職とは別に、遊ぶお金や少し小遣いが欲しいという時に、アフリエイトで元手をかけずに気軽に副業をしてお金を稼いでいる人がいます。またアフリエイトを本業にして、相当な金額を生み出している人もいます。

今回はウェブでお金を稼ぐために、アフリエイトにはどんな種類があるのかをしりましょう。

アフリエイトの種類を知ろう

まず、アフリエイトの種類を紹介する前に、すでに何度も耳にしていて今更誰かに聞くのが恥ずかしい「アフリエイト」という言葉についておさらいをしましょう。

アフリエイトとは?

アフリエイトというのは、簡単に言うと広告です。英語でアフリエイトというのはもともと「仲間」「傘下に入る」意味のものでした。

今回はそのような意味ではなく、HPやブログにあるリンクで広告を掲載し、お金を稼ぐことができるプログラムのことをアフリエイトと呼んでいます。

それではここから簡単にアフリエイトの種類について簡単に説明をしていきます。

アフリエイト1:成功報酬型

アフィリエイトプログラムと呼ばれる成功報酬型は、広告をあなたが作成したホームページや、ブログ上にリンク、広告を掲載することでお金をえることができます。

あなたが掲載した広告を、誰かが目にしてその広告先のリングで商品を購入したりすると、あなたにお金が成功報酬としてはいってきます。

この広告は、アフリエイトと呼ばれる以外に、アソシエイトとも呼ばれて、大手アマゾンなどでも使われています。この成功報酬型のアフリエイトは、商品リンクとも呼ばれており、簡単に作り掲載することができるのが魅力です。

アフリエイト2:クリック型

成功報酬と大きく二分するアフリエイトのひとつがクリック型と呼ばれているアフリエイトの形態です。これも成功報酬と同様に、あなたの作成したブログ、HPで広告を紹介する必要があります。

ブログやホームページを見た人が、広告をクリックしたら、お金を稼ぐことができる仕組みで、金額は1回1円というものから数百円単位までいろいろです。

ちなみにクリック型のアフリエイト広告は、以前ほど相場が高くありません。

アフリエイト3:表示回数

表示された回数によるアフリエイトがありインプレッション型と呼ばれています。このインプレッション型のアフリエイトを、ウェブページやブログを閲覧した人の回数であるPVと誤解をする人がいますが、それとは別になります。

閲覧しているページにいくつ広告が掲載されているかによってインプレッション数がことなります。一人が閲覧していても、その閲覧しているページに掲載されている広告の数が5つならインプレッションは5となります。

アフリエイト4:ホットキーワード

ホットキーワードとはトレンド型のアフリエイトで使われる言葉です。ホットキーワードの「ホット」は、英語のhotからきており「時事」「最新の」などの意味があります。そのことから、今最も気になる、話題のキーワードを盛り込んだアフリエイトということになります。

ホットキーワードのアフリエイトの仕組みは、商品を購入してもらう必要はなくクリックをしてもらうことで料金が派生しお金を稼ぐことができます。クリック型にとても近いのでクリックアフリエイトに慣れてきた後にホットキーワードをみつけだして行うとよいでしょう。

アフリエイト5:サイトアフリエイト

アフリエイトに慣れてきたら、サイトアフリエイトに挑戦していきましょう。これは、ランダムでいきあたりばったりにアフリエイトを目にしたというよりも、多くの人が気にしている「キーワード」を使い、相手が確実自分のウェブページやブログを訪れ、アフリエイトを通して利益を得る方法です。

サイトを作る技量、どれが売れる商品なのかや、ホットキーワードを見極める力も必要となります。

また、より多くの人に検索してもらい、そのページを知ってもらうために検索エンジンに登録したり、どこから自分のホームページやブログを訪れたのかを知るためにアクセスの分析なども必要となります。

アフリエイト6:特化型

特化型のアフリエイトというのは、個人の趣味が色濃く反映したものです。自分の知っていることである専門性を強みにブログを書いて、それに関するアフリエイトを貼り告知をすることで収入をえていきます。

アフリエイト7:ppc

これはクリック型アフリエイトと同様のもので、pay per clickと呼ばれています。クリックされるごとに支払うという意味です。

どんなに広告が表示されていても、その広告をクリックしてもらわないかぎり、収入は発生しません。

アフリエイト8:情報商材型

このタイプのアフリエイトは、商材が売れると大きいですが、詐欺まがいな事件も大きいのも問題になっています。売っていきたい商材がある人は、それ売るためにブログやHP、動画を使います。

そんななかで、商材といっても商品ではなく「情報」をうるのが情報商材型といわれるアフリエイトです。どうやって月額いくら稼ぐことができるか、などのアイデアを延々と紹介していきます。

アフリエイト9:アドセンス

アドセンスアフリエイトのアドセンスとは、サーチエンジンgoogle が提供しているサービスの一つで、コンテンツがマッチした広告を掲載するものです。

ブロブ、ホームページをもしもあなたが開設していて、独自でHTMLなどの簡易プログラムを使いこなせるならば、アドセンスを利用することで、ppcタイプのアフリエイトが設置できます。

アフリエイト10:メルマガアフリエイト

メールマガジンとアフリエイトが一体になっているものです。メールマガジンというのは、企業や個人が一方的に情報を提供しているメールことです。これらのメールマガジンは定期、不定期で発信されるうえに、無料・有料とにわかれます。

このメールマガジンを購入、購読している人に向けて商品を紹介して金を稼ぐことをメルマガスタイルのアフリエイトと呼びます。

アフリエイト11:SNSアフリエイト

SNSアフリエイトというのは、SNSを通して商品を紹介してお金を稼ぐビジネス形態のことをいいます。

アフリエイト12:リスティング

これは、どちらかというとプロのビジネス用域です。個人で手軽に行うアフリエイトとは違い、文章を書く人もプロであれば、分析や解析にもかなりの時間を割いて行っているアフリエイトです。

今まで紹介したホットキーワードと呼ばれるもの、SEOを熟知した形でのアフリエイト運営です。

まとめ アフリエイトの種類

今回ご紹介したようにアフリエイトは、告知をして広告をみて商品を購入した人から収入を得ることができる成功報酬と、クリックすることで収入になるクリックタイプの二つに大きく分かれています。

また、ブログ、ホームページというものがアフリエイトの広告を周知する場であったのに対して、昨今は動画配信サービスを使ったアフリエイトが人気がある傾向です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.