個人メディア向け

在宅ワークで稼ぐ人が増えている!メリット・デメリットとは?

投稿日:

インターネットが普及している現代では、お金の稼ぎ方が変化してきています。今まではアルバイトや会社員として勤務地に通い、働くことが当たり前でした。しかし、現在は在宅で稼げる方法も多く存在するのです。政府が「働き方改革」という取り組みを行っていますが、個人的に働き方を変えたいと思っている方は多いはずです。今回は、在宅で稼ぐ場合のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

 

在宅で稼ぐメリット

まずは、在宅で稼ぐことにはどんなメリットがあるのかご紹介します。今の生活と比較して、これからご紹介するメリットが魅力的であれば、在宅で稼ぐことも視野に入れてみると良いかもしれません。

 

ストレスフリーになる

まずは、「ストレスフリーになる」ということが挙げられます。在宅で働くことで様々なストレスから解放されるのです。例えば、満員電車や人間関係、ノルマ、接待、飲み会などです。これらは会社に通うことで必ずと言って良いほどついてくるストレスで、避けることができません。このストレスが積もって体調を崩してしまう方や、会社を辞める方なども多くいらっしゃいます。人間にとってストレスは毒なので、色々なことに影響がでてきてしまうのです。できるだけストレスは感じたくないですよね。

在宅で働けば、自分のペースで働くことができるのでストレスがほとんどなくなります。毎朝の満員電車や、好きでもない人と一緒に働かなくて済むのです。ストレスフリーになることは、非常に魅力的ではないでしょうか。

在宅ワークで特におすすめなのが、ブログ、もしくはアフィリエイトです。

ブログでは日々の出来事の他にも、商品の紹介や有益な情報を提供することで読者の関心をひきつけることができれ読者数を増やすことができます。

また、そのブログにアフィリエイト広告を掲載し、そこから商品やサービスの購入があった場合には成果報酬を得ることができます。

在宅ワークには数多くの種類があるので色々挑戦するのもいいですが、もっともおすすめできるのがブログ+アフィリエイトの組み合わせです。

時間を最大限に有効活用できる

在宅で働く場合は、基本的に働く時間は決まっていません。そのため、家事や育児などの隙間時間に仕事を進めることができるのです。やることが多い主婦さんにとっては、時間を最大限に有効活用できるので在宅ワークは最適なのです。

また、会社やアルバイトとして働く場合は通勤・退勤に時間がかかりますよね。往復で2時間かかるとすると、1ヶ月あたり40時間以上は通勤・退勤時間として消耗しているのです。その時間がかからなくなるので、1ヶ月あたり40時間以上を生産性のある時間に変えることができます。

ブログを書くに当たってもこれだけの時間を確保できれば、記事の質・量、さらにSEOを意識したネットマーケティングの勉強にも充てることができます。

 

努力した分だけ収入が増える

在宅で稼ぐ場合、多くの仕事は努力した分だけ収入が増えます。例として、「ブログ運営」を挙げます。ブログ運営をする場合、「アフィリエイト」というやり方でお金を稼ぐことができます。アフィリエイトを簡単にご説明すると、ブログ内に商品の広告を貼り、ブログにアクセスした人が広告を見て、その広告を通して商品を購入すると報酬をもらえるという仕組みです。ブログで稼ぐためには、ブログへのアクセス数を増やす必要があります。アクセス数を増やすためには、「記事数を増やす」または「質の高い記事を更新する」という方法があります。人一倍努力をすれば、記事数を一気に増やすことができますよね。その努力が収入に繋がるのです。

しかし、一人でブログを運営していると、どうしても限界がきてしまうと思います。そんな時は「記事制作代行」を頼んでみましょう。ブログを始めたての方は、低コストで記事制作代行をしてもらえるクラウドソーシングサービスを利用するといいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

在宅で稼ぐデメリット

instagram-image

heros_vaporizer

在宅で稼ぐメリットを見てきましたが、逆にデメリットはどのようなものがあるのかも、しっかり理解するようにしましょう。デメリットも踏まえた上で、在宅ワークができそうであれば挑戦することをオススメします。

 

収入が安定しない

在宅で稼ぐ場合、個人事業主のようになるため、会社のように毎月安定した給料をもらえなくなります。メリットとして「努力した分だけ収入が増える」とご説明しましたが、これは継続して案件の依頼をしてもらえる状況の場合に限ります。自分がどれだけ働きたいと思っていても、依頼されなければ仕事はできません。在宅で働く場合、自分が仕事を頑張った分だけしか給料を得られないことに加えて、仕事の依頼がない場合は収入が極端に減ります。このように収入が安定しないことも理解しておきましょう。

 

経理なども全て自分で行う

在宅で働く場合、会社に雇われているわけではないので確定申告や納税などは全て自己管理になります。会社に勤めたことがある方ならお分かりいただけると思いますが、会社に勤めていると会社の経理部などが税金関係のことなどを全て行ってくれます。また、小学校から大学までの間に税金の勉強をする機会はないに等しいため、税金の知識が少ない状態の方が多いのです。在宅で働くと収入をまとめたり、請求書や領収書などの整理も個人で行う必要があるため、最初は苦労する方が多くいらっしゃいます。

 

自制心がないと怠ける

会社で働いていると、納期や期日などに追われて忙しく作業をすると思います。しかし、在宅で稼ぐ場合は自分のペースで仕事を進められる内容が多いため、しっかりとした自制心がないと怠けてしまう可能性が非常に高いです。怠けた分は収入が減るので、ダメージを受けるのは自分自身です。しかし、貯金があると怠けてしまいがちになります。そして、知らぬ間に貯金が底をつきてしまうという負の道を歩んでしまうことになるのです。

自分のペースでできる仕事であっても、自分なりに期日を決め、自制心を持って働くようにしましょう。

ブログを行う上では記事を定期的に更新しないといけませんが、記事作成代行サービスの利用もおすすめです。

プロのライターに作成代行をしてもらうことで質の高い記事を定期的に更新することができるので、効率的に稼ぐことが可能になります。

 

まとめ

在宅で稼ぐ場合のメリット・デメリットに関して、ご紹介しました。

在宅での仕事は、主に家事や育児に忙しい主婦さんに人気です。また、会社に勤めることに抵抗感がある方や、色々な理由で家から出るのが難しい方でも始められるため、幅広い方が働けます。場所を選ばずに働けるのは、非常に画期的な働き方なのです。メリット・デメリットの両方を理解し、在宅ワークを始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.