法人メディア向け

ライティング 相場を決める2つの要素と文字単位のあげる方法

投稿日:

これからWebライターとして副業や独立したいと考えてるなら、ライティングの相場が気になりませんか。フリーランスで、どれくらい稼げるのか把握しておきたいものです。

またWebライターとして活動してるけど「儲からない...」、他の人はいくらぐらいの相場でライティングの作業をしているのだろうかと不思議に感じる方もいるでしょう。

そこで本記事では、ライティングの相場を深堀りして、更に稼げるようになる方法をお伝えします。

ライティングの相場を決める2つの要素

ライティングの相場は、大きく2つの要素によってきまります。

・求められるクオリティー
・記事のジャンル

Webライターのライティングの相場は、この2つの要素の掛け算によってきまります。

求められるクオリティー

Webライターは、初心者~プロまでできる仕事です。クライアントによっては「ライティング経験なしの全くの初心者でもOK」という案件もよくあります。
もちろんその分相場は低くなりますが、ライティングについて学びながら稼げるメリットはあります。

求められるクオリティーよるライティングの相場
・初心者:0.1~0.4円/1文字
・経験あり(1年未満):0.5~0.9円/1文字
・中級ライター(1年以上の経験):3〜14円/1文字
・上級ライター(元雑誌記者、専門的な資格や知識が豊富なライター):15〜99円
・有名ブロガー:100円~

ただライティングのスキルは、才能にかかわらず練習することで伸ばすことは必ずできます。また記事のクオリティーだけでなく、インフルエンサーとして世間に影響を与えられることが文字単位をあげることにもなります。

記事のジャンル

記事のジャンルは、ライティングの相場に大きく影響します。特に最近は経験者しか分からないような専門的な情報を発信することが、SEO対策や集客のポイントにもなります。

エンタメ系に比べても、ビジネス系の記事をライティングできるほうが相場があがります。
特にクラウドソーシングなのでは、クライアントがアフィリエイターの場合も多いので「投資」「美容コスメ」「転職」などジャンルの相場が高くなります。

ライティングの相場が悪いと思うなら、自分の得意のジャンルを見直していみるのもおすすめです。

ライターから編集者よりになる

アフィリエイトのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に記事を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこで記事を定期的に増やせない場合は、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、記事作成を依頼することができます。質が高い記事が期待できるので、アクセス数の向上にもなります。幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

ライティングの相場を決める文字単位 / 記事単価

Webライターのライティングは、文字単位を基本として相場が決まっています

ネットビジネスに参入者が増える一方で、GoogleのアルゴリズムのアップデートやSNSサービスの台頭、5Gで動画時代の到来などの影響で、ライティングの相場は近年落ち込んでいます。

多くの人がライティングの仕事を探すのに利用するクラウドソーシングでは、ライティングの文字単位の平均は0.5円~0.9円/文字がスタンダードになっています。

文字単位1円以上の案件もありますが、数が少ないうえに要求されるレベルは高くなっています。

ライティングの相場以上稼ぐ方法

文字単位は、クライアントによって値上げ交渉が可能です。構成案や改善点など「あつかましい」と思われることは気にせず、どんどん提案していきましょう。
0.5円~0.9円の文字単位の相場から徐々に値上げ交渉をして、文字単位を上げていくことができます。

その為には、クライアントのリクエスト満たすことはもちろん、それ以上の結果を出す必要もあります。
SEOを意識した人気の記事がライティングできるなら、値上げ交渉もしやすいでしょう。頼まれた記事をただ書くのではなく、記事が投稿される予定のブログをしっかりと観察して、読者ニーズに合ったライティングを心がけましょう。

クライアントは複数と契約する

もしもWebライターとして活動するのであれば、クライアントはできるだけ1つに絞るのではなく、できれば4~6個の別のメディアのクライアントと契約を常にしておきましょう。

そうすることで他と比べることができて、値段交渉するときの参考になります。
もしもクライアントと契約が解消された場合でも、複数あればすぐに稼ぎがなくなることはありません。

まとめ

本記事では、ライティングの相場についてお伝えしました。

これからライティングで稼ぎたい人は本記事を参考に、相場を決めるポイントや仕組みを理解して文字単位をあげていくことで報酬を増やすことができます。

ネットビジネスの中でもパソコン一台あればどこでもできるライティングのスキルを身につけておくことは、今後他の分野にいくとしてもとても役立つスキルになります。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.