個人メディア向け

グーグルアドセンス審査に合格するには記事数はどのくらい必要?

投稿日:

ブログにおいて収益を上げるためGoogleアドセンス広告がよく利用されているのをご存知の方も多いでしょう。実はサイトにグーグルアドセンスの広告バナーを張るにはGoogleの審査に合格が必要です。この記事では、合格するのに必要な記事数やそのほか申請するまでにやっておきたいことをご紹介します。

 

グーグルアドセンスの記事数(ページ数)はどのくらい必要か?

instagram-image

ankun0126

以前まではサイトに掲載される記事数が20~30記事以上必要いわれていたGoogleアドセンスの審査ですが、調査すると最も少ない3記事でも少ない記事数でもGoogleの審査に合格している報告もあります。

このような事実からアドセンスの審査では、記事数は関係ないことがみえてきました。むしろ記事数よりもユーザーの検索意図を汲んだ満足させる記事を書くことの方が重視されているようです。

グーグルアドセンス記事数は審査期間に影響するの?

instagram-image

udokko_mimi_pon

グーグルの審査は、平均3日~2週間と審査期間もバラつきがあるようです。いろいろな調査結果が報告されていますが、記事数に応じて審査期間は影響がないとされています。しかし審査内容の結果によっては、さらに時間がかかる場合があります。

グーグルアドセンス記事数以外にも気を付けたいことは?

グーグルアドセンスの審査のガイドラインははっきりとは決まっていませんが、一般的に審査に合格することに必要とされている内容をまとめてみましたので、参考にしてみましょう。

グーグルアドセンスで記事数以外に重要なポイント①:信頼性のある記事を書く

グーグルアドセンスは記事数よりも、記事の中身を重視しているといわれています。日記のようなただその日を記録したような記事にはアクセスは集まりません。記事を書く上で重要なのは、見る人にとって「役に立った!」と思わせる内容で記事を作成することが必要です。

内容が日記系でもより具体的な情報を追記することで多くの役立つ情報を伝えることができるでしょう。例えば、どこかへ食べに行った記事なら具体的な料理画像やその味の感想、お店の情報、予算、アクセスなど、もし自分がその店に行きたいとなったらどんな情報が欲しいかをよく考えて掲載しましょう。

グーグルアドセンスで記事数以外に重要なポイント②:オリジナル性を重視した記事にする

グーグルアドセンスの合格のためとはいえませんが、基本的に評価が高い記事としては、オリジナル性が高いことが必須と言えるでしょう。アクセスを集めるためにSEOを意識しながら記事を作成するため、どうしても上位表示サイトの記事内容と似通ってくるところもありますが、真似するのではなく必ず自分にしか書けないオリジナルコンテンツを入られるように考えましょう。

最もオリジナル性が高いと評価されるのは、実際に体験したレビュー記事などです。些細なことでも普段から写真を小まめに撮っておき、体験者の視点で記事を作成して配信することは大切です。

グーグルアドセンスで記事数以外に重要なポイント③:禁止コンテンツはつくらない

グーグルが禁止している禁止コンテンツが公表されていますが、Googleのアドセンスポリシーに反する項目の記事は避けましょう。該当する内容の記事であるとグーグルアドセンスの審査には合格しません。アクセスを集めたいと思いアダルトや薬物、タバコ、アルコールなども禁止コンテンツに該当するテーマです。特にアルコール関連などは、話題性もあるのでついつい記事にしがちなので、気を付けるべき点です。

グーグルアドセンスで記事数以外に重要なポイント④:グーグルアドセンスの必要な文字数とは?

合格に必要な記事数は3記事~20記事以上とそれぞれの報告があるため、明確に基準があるわけではありません。では、1記事につきどのくらいの文字数がればいいのでしょうか。

実は、何文字を書いたか?ということはそれほど重要でなく、やはり記事の内容が重要です。知りたいことを検索してアクセスしてきたユーザーが有益だと思えることを記事にすれば、意識しなくとも2000~3000文字はすぐに到達します。とにかく読者にとってどんな情報があれば便利なのかということを考えながら、記事の内容を充実させていきましょう。

グーグルアドセンスで儲けるには記事数を増やすことは必須

初心者の方は、グーグルアドセンスの審査に通過すれば、すぐに儲けられると思われている方もいるかもしれませんが、審査を通ってからの更新が非常に大切です。継続的な記事追加でサイトのアクセス増にもつながり、その結果広告収入も増えていくきっかけになるからです。

しかし、審査で合格した程度の少ない記事数では、まったくサイトには、アクセスは集まらないでしょう。少なくても毎日更新し、3か月間100記事程度を増やしたところでやっとGoogle側に評価され、検索結果でも表示されるようになります。

グーグルアドセンスで記事数を増やすのが困難なら外注化も検討する

サイトを運営することで最も初心者が挫折するのは、記事の頻繁に追加することです。最初の目標として3か月、毎日更新で100記事を目指すのが良いとされていますが、これは簡単ではありません。記事作成することにほとんどの時間がとられることになり、本業がある方になると挫折する方も多くいます。

その負担を避ける目的で、記事作成を外注化することで、サイトの回収改善やリライトによる検索上位表示などに取り組むことができるようになり、PDCAをうまく回しながらサイトを育てることができるでしょう。

立ち上げ時をうまく回すには、記事は外部から調達するという割り切りも非常に大切です。その判断が早ければ早いほど、収益化にもうまくつなげることができるでしょう。

まとめ

instagram-image

bebelifecom

さて、この記事では、グーグルアドセンス申請で合格させる方法などを紹介してきました。やはり記事の数よりも、ユーザーにとっていかに役立つ記事であるかが合格するためには重要です。もちろんグーグルアドセンスの審査を通過することはひとつの通過点であり、サイトの収益化が非常に大きな課題です。それには記事を量産する必要がありますが、外部に発注するなどある程度の割切りも必要でしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.