個人メディア向け

アフィリエイトで稼ぐにはどうすればいい?外注は可能?

投稿日:

アフィリエイトという言葉をご存知でしょうか?

意味はわからなくても名前だけは聞いたことのある人は多いと思いますが、実際にどのような仕組みになっているのかは知らない人が多いのが現実です。

なにか怪しい商売なんじゃないかという悪いイメージも持たれがちなアフィリエイトですが、最近では副業解禁の余波を受けて、じわじわと人気が高まっていることをご存知でしょうか?

アフィリエイトが軌道に乗れば、本業以外でも収入を得ることができ、トータルの収入を増やすことができます。

今回は、アフィリエイトについて解説した上でポイントを解説していきます。

アフィリエイトとは?外注はできる?

アフィリエイトとは、成功報酬型広告のことであり、副業として人気がある他、アフィリエイトだけで通常のサラリーマンの年収以上の額を稼いでいる人もいます。

以下では、アフィリエイトについて解説した上で、外注しながらさらに効果を上げる方法について解説します。

アフィリエイトの概要

アフィリエイトとは成功報酬型広告であると解説しましたが、それだけではピンとこない人もいるでしょう。

そこでまずはアフィリエイトについて基本的な所から解説していきます。

アフィリエイトとは、企業の商品やサービスをあなた自身が紹介し、売上が上がった時にあなたに成功報酬として売上の数%が収入として入るというシステムです。

ではどうやって広告から購入してもらえるのかというと、あなたが運営するブログなどの個人サイトを経由してもらう必要があります。

ブログ記事を書くなかで広告を散りばめていき、読者がその広告を踏んでコンバージョン(購入)に至った段階で報酬が入ります。

したがって、アフィリエイトで収入を増やすにはまずは読者の数を増やすということが大事になってきます。

その日の出来事や他人のメリットにならないような記事を書いても読者の関心を引くことはできません。

しっかりとテーマを決めて書くということが大事です。

また、企業広告の掲載方法ですが、アフィリエイト広告専用のサイトというものがあり、ここに登録することで各種の広告URLを選択することができるようになっていますので、テーマに沿った広告を掲載します。

広告いくつも貼ると記事が見にくくなりますので注意しましょう。

ブログ媒体にも気をつけよう

ブログを書く際には、オウンドメディアによるサイト運営をしましょう。

オウンドメディアとは、あなた自身が所有するサイトのことであり、企業が提供しているプラットフォームを介しないサイトのことをいいます。

企業提供型のプラットフォームだとアフィリエイトを規制しているサイトもあるので、思うように広告を貼ることができない可能性があります。

外注は可能か

サイト運営は一人で行うこともできますが、仕事などで忙しくサイトを更新できないというケースもあります。

アフィリエイトで稼ぐには記事数を増やしていく必要がありますが、どうしても稼働時間が取れない場合には、外注をするという選択肢もあります。

外注して思い通り記事を書いてもらえるのかが心配になる方も多いですが、その心配はありません。

しっかりとしたところに発注すれば、検索アルゴリズムに沿った内容の記事を作成してくれるので、むしろトラフィックを稼ぎやすい記事を作成してもらうことができます。

アフィリエイトでとにかく大事なのは、多くの読者の関心を寄せることであり、また継続的に読者を獲得することにあります。

その点で、代行を使えば記事の量と質の両方をカバーすることができ、効率的に運営することができます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

アフィリエイトを外注する時のポイント

アフィリエイトにおいて他社に依頼を行う上では、注意しなければいけないポイントもいくつかあります。

以下、解説します。

意思の疎通はしっかりと行う

どのような記事を書いてほしいのか、どの層を狙ったサイトなのかを明確にした上で、それを代行業者に伝えるようにしましょう。

この辺が曖昧になってしまうと、記事が完成したときに「思ったのと違う…」ということになってしまいます。

連絡をこまめに取ることのできる代行業者を使うことで、安心そいて代行を任せることができます。

特に初めのうちは、サイトの方向性を固める上でも明確な基準を作って代行を依頼しないと、思うような結果を得ることはできません。

主張は伝える

代行業者に任せっきりにしてしまうのも問題です。

代行業者が作成してくれた記事に対して、もう少しこうしてほしい、ここは不要などと思う部分があれば、しっかりと伝えるようにしましょう。

プロの代行業者に依頼するとどうしても主張できなくなってしまうケースがありますが、お金を払っている以上は、主導権はあなた側にあります。

まとめ

アフィリエイトは粘り強く行うことが鍵であり、すぐに結果が出ないからといって諦めてしまうのはもったいないです。

代行をうまく活用しつつ、日々工夫を重ねながら勝負しましょう。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.