法人メディア向け

外注でライターを雇う時の文字単価・相場・依頼方法について

投稿日:

インターネットのおかげで、昨今はライター業を行っている人を簡単に探し出すことができます。ライターを雇いたいけれど、いったいどのくらいの金額を提示すべきなんだろうか?と悩んでいる場合も多いでしょう。

今回は企業がライターを雇う時に、参考にできる文字単価の相場や外注ライターの依頼の仕方などをご紹介します。

ライティングの文字単価の相場とは

今回ご紹介する文字単価の相場は、一般的にWebライターと呼ばれるインターネットでライティングの仕事を受けている場合についてです。

Webライターというのは、インターネットのクラウドソーシングというサイトで応募し、探すことができます。クラウドソーシングサイトをみるとライティングの値段はばらつきがあります。

理由は、ライティングの仕事に対して、最低賃金というものが決まっていないからです。文章を制作の下請け企業は、文字単価で下請けの仕事をアピールします。

ライターも仕事をもらう時は、文字単価を目安にします。

しかし、文字単価について法律によっての縛り、拘束がないので文字単価はばらつきます。

文字単価は専門性があると高め

ライティングの仕事は、時間制で報酬が払われるということはなく、書いた文字数に対しての成果払いです。一文字の単価を設定して、企業はライターに金額をオファーします。

クラウドソーシングのサイトを確認しても、ライターの多くが文字単価いくらで仕事をしているのか見えてきません。

ただし、Webライターなどのブログ、ツイッターやクラウドソーシングなどのアドバイスの内容から推測すると、多くの外注ライターは、最低でも「一文字一円」という文字単価を望んでいます。

しかし、多くの企業が提示する金額は一文字一円を下回っていることが多く、0.5円や0.7円からのスタートが相場です。

実際、インターネットでライターを探す場合は、クラウドソーシングを利用する形が多くなります。ネットを使って、企業が文章作成の仕事をお願いする時はの文字単価は、0.5円前後が相場とみていいでしょう。

文字単価が一円以下でも、ライターをみつけることが可能なことに驚く企業もいるでしょう。実に多くのライターが、低い文字単価で仕事を引き受けています。

ただし文字単価が低くしてライター募集をかける場合は、企業は注意が必要です。

ライターのスキルが低いと、文字単価が低くても応募します。自分のライターとしての実績がないからです。

文字単価が低いのに、仕事を引き受けるライターというのは、ライティングの経験がなかったり、駆け出しだったりする場合があります。

また、専門性が問われない傾向があるライティングは、文字単価がたいてい低くなっています。

専門性が必要な文章作成は、ライター側も大学での専攻や資格の証明を求められることもあるので、安価な文字単価で仕事を承りません。

専門性を必要な文章は、誰もがかけるわけではないので、文字単価は高く、それだけでは推し量れません。

文字単価の相場とは?外注ライターで経費を抑えるには

それでは企業が外注ライターを探す時は、どのような点に注意し、経費を抑えるとよいでしょうか。ここからは、できるだけ経費を抑えつつも、企業が求めているような腕のよい外注ライターを探す方法をご紹介します。

ライターの依頼の仕方

外注ライターに安価に仕事をお願いしたい場合、文字単価を低く提示する以外にも、規定の文字数を超えた分は、金額に反映しないという方法があります。

文字単価という受注・発注は、文字数が多くなればなるほど、ライターにとっては利益がある仕事です。しかしながら企業としては、経費を抑えたいものです。

このような場合、企業は先に文字数を規定しましょう。そして~以降の文字数は報酬に反映しないと条件づけましょう。

つまり、文字数1000で文字単価が1円の場合は、1000文字を書くと1000円です。しかし1000文字以降の文字は金額に反映しないと、ライターが1001文字書こうが、1500文字書こうが、1000文字以降は金額に反映されず、企業は1000円だけをライターに支払えばよいということになります。

このようにすることで、企業側としては経費を抑えることができるだけでなく、文字数稼ぎをするライターと出会う率を低くします。

企業側が望むクオリテイーの高いライターや、専門性が必要な文章依頼の時は、文字単価を高めに設けることで初心者は懸念し応募してこなくなります。また、専門性が必要な分野のライティングでも、ライターとして駆け出しという人もいます。そのようなライターは実績のために、金額関係なく仕事を引き受けます。

まとめ

文章作成の依頼は、一文字一円が文字単価の相場だといってよいでしょう。もしも外注ライターが必要となった時には、一文字一円を相場として、大まかな予算を組んでクラウドソーシングサイトなどでライターを探してみるとよいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.