法人メディア向け

2019年最新版|SEOに最適化したタイトルの文字数

投稿日:

SEO対策において、サイトのブログ記事やYoutubeの動画のタイトル付けは重要です。
タイトルでユーザーの検索意図をしっかりと理解した内容のブログであることを伝えないと、クリックしてくれない可能性が高くなります。

ですがユーザーのGoogle検索のクエリや、アクセスするデバイスによっても、タイトルの文字数の対策は変わってきます。

本記事では、タイトルの文字数について深堀りしてお伝えします。

タイトルの文字数とSEO対策

ユーザーがGoogle検索したときに表示されるページを開くのは、上位表示されていることや、タイトルに興味を持ったからではないでしょうか。

タイトルは記事の内容を短く端的に伝えて、「クリック」してもらう為にあります。
ブログにどんな良いコンテンツの内容の記事を書いても、タイトル付けを疎かにすると、すべての努力が台無しになります。

SEO対策においてタイトル付けで注意したいことがいくつかあります。

タイトルの文字数
・クエリを入れる
・興味を引くタイトル
・ライバルを意識したタイトル

最適化されたタイトルの文字数

文字数の多いタイトルを付けることもできますが、それはあまり効果がありません。
クエリの検索結果に対して表示されるタイトルの文字数には、限度数があるからです。
その為ブログだと文字数は、35文字以内に収めるのが最適です。

検索結果で表示される文字数
・パソコン:28~35文字
・スマホ(モバイル):36~41文字

それ以上のタイトルになるとすべてが表示されず「...」と続くことになります。
タイトルがスッキリと収まる程度に、端的に伝えることが重要になります。

スマホの方が、文字数が多いタイトルが表示されるのがポイントです。
現在はインターネットアクセスはスマホが主流になっているので、スマホに合わせて文字数を増やしてにも問題はありません。

ですが一般的にはパソコンでもスッキリ見れるように、パソコンで検索した時に表示される28~35文字に抑える傾向があります。
またYoutubeでのタイトル付けは、24~28字以内がベストといわれています。
要するに適切なタイトルの文字数は、ユーザーがアクセスするサービス、デバイスやクエリによって異なります。

その為タイトルを付ける前には、狙っているキーワードで検索して競合のタイトルチェックをしてみましょう。

ライバルを意識したタイトル

狙っているキーワードに対して、上位表示している競合のタイトルやコンテンツはとても参考になります。
特に最近はアルゴリズムのアップデートで変動が激しいので、SEO対策の傾向を掴むためにも競合チェックは欠かせません。

例えばドメインパワーのある有名サイトでは、キーワードと最後にサイト名などを入れる傾向があったり、【 】で西暦を入れて最新の情報であることを伝えたりします。

検索結果に効果的に表示されるタイトル?

PCとスマホでは、Google検索で表示されるタイトルが異なる場合があります。
Googleのアルゴリズムはパソコンで検索した場合と、スマホやタブレットなど、デバイスによって異なります。

Google検索では、検索クエリによってタイトルは書き換えられることがあります。

検索結果に効果的に表示されるタイトルとスニペットを作成する

ページのタイトルと説明(スニペット)は、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を踏まえて、自動的に作成されます。スニペットとタイトルは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝え、ユーザーが入力したクエリとの関連性を示すことを目標としています。

引用元:Search Console ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/35624?hl=ja

ユーザーの検索したキーワードに最適なコンテンツがブログ内にあり、タイトルよりも見出しのほうがユーザーにそれを伝えることができる場合などを考慮して、Googleが自動で検索結果に最適なタイトルを表示してくれるのです。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとは、モバイルに最適化されているサイトのことです。
パソコンとスマホでは画面のサイズや操作方法、使用条件など異なるので、、モバイルフレンドリーなサイトが優先的に検索結果に表示される傾向があります。

例えばパソコンでは検索結果が1位なのに、モバイルフレンドリーなサイトでないと、スマホで同じ検索したときに順位が違うといったことが起こります。

わかりやすいページタイトル

上位表示させるサイトは、わかりやすいページタイトルを短い文字数で付けています。

例えばYoutubeなどの動画コンテンツの場合は、検索結果にアイキャッチが表示されて直感的にどんな内容かがわかります。
しかしブログではGoogleの検索結果に対して言葉だけで内容を伝えてないといけないので、タイトル付けはとても重要です。

プロの記事制作代行を利用する手段もある

ライティングのスキルを身につけるには、特別な才能はいらないかもしれませんが、地道に記事を書く努力が必要になります。知識があればできるってものでもないので、積み重ねが必要になってきます。

そこで記事を定期的に増やせない場合は、プロの外注できる代行サービスサービスなどが人気があります。
SEOなどの専門知識を持ったプロのライターに、タイトル付けから記事作成まで依頼することができます。質が高い記事が期待できるので、アクセス数の向上にもなります。幅広いジャンルに対応可能で、専門的なセールスライティングも可能です。

まとめ

ブログはクリックしてもらわないと、ページ内容を読み進めてもらうことができません。ですが文字数が多すぎるとタイトルが途中で途切れることになり、正確にユーザーに伝わらない可能性があります。
ですので、最適な文字数を理解しておく必要があります。

タイトルがどれほど重要な意味を持つのかを理解して、表示される文字数内でしっかりと伝えることが大切です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.