個人メディア向け

Amazonアソシエイト審査通過は何記事必要?審査の注意点も解説

投稿日:

初心者がブログやサイト記事で収益化するには、物販アフィリエイトが取り組みやすいでしょう。そこでAmazonが行う物販アフィリエイト「Amazonアソシエイト」は取り扱い商品も多く収益化しやすいのが特長です。しかし利用するには、Amazonの審査に合格しなければなりません。この記事では、初心者がAmazonアソシエイトに合格するために、必要な記事数や申し込み時に守るべき注意点を紹介していきます。

Amazonアソシエイトに合格するために10記事数は必要

instagram-image

tokyohannarilife

Amazonアソシエイトに合格するには10記事以上が必要です。これはAmazonアソシエイト公式ページの、お申込み審査についてのページにて必要条件が記載されています。その他、NG事例についても記載されているので、注意事項を守りながら、内容のある記事作成しましょう。

重要なのは記事数だけでない!Amazonアソシエイトのおさらい

instagram-image

satoru_jpn

知名度は高いAmazonアソシエイトですが、報酬の仕組みの詳細までは知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは詳細を説明していきます。まず、繰り返しになりますがブログなどのWEBページでAmazonの商品し、商品をAmazonに誘導し購入すれば、紹介料として売価の数%が報酬として支払われるアフィリエイトです。紹介料は報酬カテゴリーは、下限はフィギアの0.5%から最高のAmazonビデオの購入なら10%と幅広い料率で決められています。
また、クッキー(Cookie)といわれるクリックした情報が残るのですが、Amazonアソシエイトはの場合はアフィリエイトリンクを踏んでから、24時間以内にAmazonの商品が購入されれば報酬が発生します。一方、楽天市場の商品を紹介する「楽天アフィリエイト」の場合の期間はなんと30日間有効ですが、報酬料率は1%とかなり低料率です。このように一長一短がありますが、Amazonの品揃えの広さで収益性も高いサイトが多いです。

記事数不足などAmazonアソシエイトで何度も不合格になった方は別の申請方法を検討しよう

instagram-image

yutoliberty

これまでAmazonアソシエイトの記事数をクリアしても、審査で落ちてしまう場合もあります。どうしても通らないとお困りの方は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)の「もしもしアフィリエイト」を通してAmazonアソシエイトの審査を申し込むことで通ったという方もいます。報酬が少なくても振り込まれるなど、メリットも大きく検討するのも良いでしょう。

記事数以外も要注意!Amazonアソシエイト合格するための必勝法

 

さて、Amazonアソシエイトの案内ページにおいても注意事項が記載されていますが、ここでも改めて申請時に注意するポイントを紹介します。

記事数以外も要注意!Amazonアソシエイト合格の必勝法①:審査通過には10記事とサイト更新されていることが条件

Amazonアソシエイトは、最低条件として記事数は10記事あれば問題ありませんが、もうひとつ大切な条件として長い期間サイトが更新されていないと審査に通過しません。例えば、記事は10記事以上はあるが、更新していない古いサイトでは、審査に通過しません。そのような場合も更新されている実績を重ねてから申請しましょう。

1記事あたりの文字数についても、2000~3000文字ほどあれば問題ありません。ただし、文字数を追い求めるのではなく、記載されている内容が読者の役に立つものがを改めて確認してください。どうしてもクオリティの高い記事が書けない場合は、記事を外注できる「記事作成サービス」もありますので、是非試してみましょう。

記事数以外も要注意!Amazonアソシエイト合格の必勝法②:Amazonでアカウントの登録情報が正確であること

Amazonアソシエイトを利用するには、Amazonでアカウントを作っていることが条件になり、しかも登録情報に虚偽や記載漏れがあると審査に合格しません。せっかく審査対象のサイトをしっかりと作り込んでいても、自分のアカウント情報が正確でなければ無駄になります。申請前に自分のアカウント情報に不備がないかをしっかりと確認しましょう。

記事数以外も要注意!Amazonアソシエイト合格の必勝法③:著作権侵害していないこと

Amazonアソシエイトの審査では、画像の無断で掲載されているサイトでは、審査に合格はしません。映画やアニメなど批評記事など趣味で掲載されているものが多いですが、こちらも不合格となります。

また、画像はサイトに掲載していないが、対象の画像へのURLが記載されている場合でも著作権侵害になりますので気を付けましょう。WEBサイトにコピーライトを掲載していなからと言って、著作権が発生していないと勘違いされる方もいますが、日本は記載がなくても著作物が作成された時点で著作権が発生します。これはAmazonアソシエイトに関わらずサイト運営する上で重要なので、念頭に置いておきましょう。

記事数以外も要注意!Amazonアソシエイト合格の必勝法④:お問い合わせとプライバシーポリシーは設置しておく

Amazonアソシエイトの審査申し込むにあたり、お問い合わせとプライバシーポリシーの設置をしておきましょう。これはSEO対策にも有効で設置することで評価も上がります。

プライバシーポリシーについては、何を記載すればいいのか迷う方もおおいでしょう。内容は個人情報についての収集や活用、管理や保護などについて方針を示したものです。ひな形もありますので調べてみましょう。

まとめ

この記事では、Amazonアソシエイトの審査に必要な記事数をテーマに守るべきポイントをご紹介してきました。Amazonの審査も厳しいといわれますが、本記事に記載している注意事項を守り申請すれば審査に合格するのも難しくないでしょう。しかし審査に合格することがゴールではありません。継続的な記事の更新を行いながらサイトを運営し収益化につなげていきましょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.