法人メディア向け

リライトの外注を検討しよう!ポイントと注意点について

投稿日:

「記事を執筆したのでリライトをしたい」

「リライトの外注を今後しようか検討している」

上記の様な考えを持っている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、リライトを外注する際の

・ポイント

・注意点

などについて、詳しくご紹介をしていきます。

また、"ライティングの外注"についても一緒にお話をしています。

上記のような方だけでなく、現在ブログの運営を頑張っている方もぜひ最後までご覧ください。

リライトの外注を行う際のポイントについて

instagram-image

yosuke.a.1110

それでは早速、リライトの外注を行う際のポイントについてお話をしていきます。

本記事内では、2つのポイントをご紹介しておりますのできちんと見ていきましょう。

リライトの外注を行う際のポイントについて➀外注することで時間が作れる

リライトの外注を行うことで、その分の自分がリライトを行う作業時間が無くなってきます。

その為、その時間を自分で使っていくことが可能に。

この時間で、更に記事を執筆して更新をしていくのも良いでしょう。

リライトの外注を行う際のポイントについて➁ライティングよりも掛かる時間が少ない

リライトの場合は、書かれている記事を扱っていきます。

その為、資料を見ながら1から執筆をしていく"ライティングの外注"と比べると掛かる時間が少し少なくなることが多いといえます。

リライトの外注を行う際の注意点について

instagram-image

moe_sii

続いては、リライトの外注を行う際の注意点についてお話をしていきます。

本記事内では、3点挙げておりますのでぜひ参考にしてみてください。

リライトの外注を行う際の注意点について➀マニュアルの作成

リライトは勿論、"ライティングの外注"を行う上でも事前のマニュアル作成はとても大切。

・リライトをお願いしたい記事内容

・書き方や完成への大体のイメージ

・納期

など、他にもリライトを行う上で大切な様々な事柄があります。

それらを、確実にライターさん側に対して伝えていく為にマニュアル作成はとても重要。

1箇所で大事な情報の確認が行えるのは、ライターさん側の手間を減らすことができとても嬉しいことといえます。

自分が大切と思う事柄をまとめた上で、事前にマニュアルを作成していきましょう。

完成のイメージがしやすいよう、画像や完成の記事などをマニュアルに実際に載せていくのも良い方法。

リライトの外注を行う際の注意点について➁コミュニケーションを取っていく

ライターさん側と、しっかりとコミュニケーションを取ることも大切。

・リライト経験の確認

・記事内容が理解できているか

など、募集の時点で確認を取ることも大切ですので、コミュニケーションをきちんと取ることでリライトに向けて一緒に頑張っていきましょう。

リライトの外注を行う際の注意点について➂費用が掛かる

"ライティングの外注"は勿論、"リライトの外注"に関しても費用が掛かってきます。

自分の考えている予算としっかりと相談をしながら、どの程度リライトの外注を行っていくのか決めていくのが良し。

また、大体のリライトの相場確認をしておくのも大切です。

低すぎる金額では、折角募集をしたとしてもライターさんが集まらない可能性が十分考えられます。

リライトに時間を掛けていきたいのに、ライターさんを探す時点で沢山の時間が掛かってしまうのは避けていきたいところ。

しっかりとリライトが行える方を探していく為に、相場の確認をして金額を決めていくことが大切です。

"リライトの外注"だけでなく、執筆が出来ない場合は"ライティングの外注"を行うのもおすすめ

・体調を崩してしまって、執筆作業の時間が上手く取れない

・多忙で執筆が出来ない

上記の様な状況になってしまった経験のある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

ここでおすすめしていきたいのが、"ライティングの外注"です。

ライティングの外注を行うことで、

・沢山の記事を執筆してもらえる

・自分では難しいジャンルの記事執筆が出来る

など、執筆を行っていただけるのでとても嬉しいところ。

また、自分で執筆を行っていない分その分時間ができるのも良い点といえます。

執筆に関しての勉強に時間を使って、更にライティングスキルを上げていくのも素敵です。

記事をライターさん側に執筆して頂くので、費用や時間は掛かってきますが"ライティングの外注"はおすすめ。

"リライトの外注"だけでなく、ぜひこの記事を良い機会として"ライティングの外注"を考えてみるのはいかがでしょうか。

様々な方法がありますので、ぜひ方法についてもご検討ください。

執筆を行う際は"リライトの外注"も、検討していこう!

 

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、リライトを外注する際の

・ポイント

・注意点

"ライティングの外注"などについて、ご紹介をしました。

"リライトの外注"について、詳しく知らないという方もこの記事が今後の良い参考となれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.