法人メディア向け

Googleに評価されるh1タグの適正な文字数と効果的な使い方を解説

投稿日:

皆さんは記事を作成する上でh1タグの重要性に気づいていますか。タイトルと混同する方も多いでしょう。h1タグの正しい使い方を知ると検索エンジンに最も評価されやすい記事を作ることができます。ここでは、h1タグの文字数や見逃してはならないSEOに役立つ使い方を詳しく解説します。

h1タグとは?h1タグに文字数は関係ある?

h1タグとは、記事内でもっとも重要性が高いタグのことを指します。本に例えると表紙をめくり、中表紙にあるタイトルがh1見出しにあたります。ページでのh1の探し方は、「ページのソースを表示する」から、h1を検索すると「<h1>~</h1>」の表示される場所を見つけることができます。そのタグの間に入るテキストがh1の大見出しとなります。

タイトル(titleタグ)には適切な文字数がありますが、h1タグでは文字数に上限はありません。しかし、長すぎると含めたキーワードの重要性もなくなるので実際は、30~60文字くらいに抑えるのが最善といえるでしょう。h1タグは記事の中身を説明するものです。記事の中身とh1タグの中身が異なると、良い評価は得られませんから気をつけましょう。

間違えてない?h1タグの文字数だけではないSEOに有効なh1タグの使い方を伝授

ここでは、h1タグの細かい使い方について紹介していきます。初心者の方が見逃しがちなポイントを以下に挙げました。これまでh1の役割を知らなかった方も改めてサイトをチェックし、記事の信頼性を高めていきましょう。

文字数の他にも重要なh1の正しい活用法①:h1タグとtitleタグは違う

h1タグとtitleタグは、同じようにみえますが役割は異なります。検索ユーザーがタイトルに興味を持ち、流入してくるので引きのあるタイトルをつけなければなりません。一方、h1は検索結果画面で表示されずつい見逃しがちですが、実はクローラーといわれるプログラムがWEB上のデータを収集した際に読み取るのはh1です。よって、ここで何が書かれるかによってGoogleの評価にも影響を与えます。

文字数他にも重要なh1の正しい活用法②:ページにh1見出しは1つにする

h1はページで一番強い見出しであるためh1をいくつも使うと、どれが重要なのかクローラーが正確に識別できなくなり、Googleの評価が上がりません。基本的には記事内で頻出しても問題ありませんが、h1は1つに絞って重要性を伝えることが重要です。

文字数の他にも重要なh1の正しい活用法③:hタグの順番を守る

h1はページの中で1つのみとし、h2~h6はページ内で記事を正確に読ませるため、順番を守って使いましょう。新聞や書籍でも大見出・中見出し・小見出しで強弱をつけることで読みやすくなっています。WEBページも同様に、上手にh1~h6を使うことでの評価も上がります。また、h1・h2・h3の3つが使われることが多く、h4以降は多用しません。hタグが多すぎると読者も混乱するため、無理に使う必要はありません。

文字数の他にも重要なh1の正しい活用法④:h1にキーワードは含める

h1に対策キーワードを入れることでGoogleへの信頼性を高めることができます。ただし、h1にキーワードだけを詰め込んでも、クオリティが伴っていなければ評価はされません。Googleも記事のコンテンツ自体を重視しており、充実した記事をつくることは重要です。もし記事作成が自身で難しければ、外注サービスもありますので、活用も検討しましょう。

文字数の他にも重要なh1の正しい活用法⑤:テキストを目立たせるためにh1を使わない

hタグを目立たせるために使っていませんか?単なる目立たせるためhタグの使用なら、タグの重要性が入り乱れ記事の中身が正確に伝わりません。その結果、検索から流入してきたユーザーが読みづらくなると離脱してしまいます。目立たせたり、装飾性を持たせたい場合はCSSを使いましょう。

文字数の他にも重要なh1の正しい活用法⑥:画像ではalt内に入れる

h1はテキストの場合、対策ワードを挿入すれば問題ありませんでしたが、ページに画像を入れる場合はどうするのでしょうか。それはaltタグに対策ワードを含めることで対処できます。ただし、altにあまりにかけ離れたワードが入ると逆に信頼性が下がってしまうこともありますので注意しましょう。

文字数他にも重要なh1の正しい活用法⑦:キーワードは左に入れる

h1に書かれた文字は冒頭(左側)を重視する傾向にあるため、左側に対象のキーワードを入れるようにしましょう。ただし、できるだけ自然な文章を心がけて、違和感のない言葉を入れましょう。あまり不自然なワードを詰め込みすぎると、逆に評価が下がります。

まとめ

instagram-image

niku29niku29niku

この記事では、h1の文字数をはじめ、h1の利用方法をご紹介しました。まだ経験が浅いブロガーやWEBライターにとっては、hタグを知らなかった方もいるでしょう。この記事をきっかけにh1の使い方をしっかりと学び、これまで作成したページが対応済みか確認しましょう。h1の有効な使い方を覚えることで信憑性も上がりが流入につながっていくでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.