法人メディア向け

SEOに有利なタイトルタグに入れる適正な文字数やSEO施策を解説

投稿日:

記事のタイトルは、検索ユーザーがページにアクセスしたくなるようなタイトルに、対策キーワードを入れることでSEO効果が得られます。この記事ではSEO効果が高くなるタイトルのつけ方をご紹介していきます。

SEO施策としてタイトルの文字数は何文字がいい?

タイトルタグに入れる最適な文字数は32文字です。本来タイトルは何文字でも良いのですが、検索結果画面で表示される文字数がパソコンで33文字になり。スマートフォンなどは最大約42文字なります。共通でタイトル文字数を考えるなら、表示文字数が少ないパソコン合わせる必要があります。よって最適な文字数は32文字となるわけです。

タイトルはSEO施策の文字数とわかりやすい内容にする

instagram-image

leann_neko

 

タイトルはお伝えした通り32文字以内であることに加えて、記事の内容に沿った人が読んでわかりやすいタイトルをつける必要があります。SEOを気にするあまりに、キーワードを詰め込み長いタイトルにしたり、記事の内容と異なる関連性の低いワードをいれると、SEOとして適切ではなくGoogle評価は上がりません。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方とは?

さて、ここでは実際にタイトルタグで最適化する詳細について、ご紹介していきます。気を付けるべき項目は多々ありますが、これらを守ることでSEO効果を最大限にすることができるでしょう。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方①:わかりやすいタイトルを心がける

タイトルタグはSEO効果を気にするあまり、対策キーワードを文脈と関連のないワードを無理に含めないようにしましょう。やはり検索したユーザーが不自然な文章であると、ページにアクセスは伸びません。SEO効果を考えるよりも、ユーザーに本当に有益な内容であることを伝えられるタイトルを工夫して決めましょう。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方②:タイトルタグの先頭に施策キーワードを入れる

タイトルタグには、対策キーワードをできるだけ先頭に入れるようにしましょう。その理由の1つ目は、WEBページは通常左から右へ文字が流れるため、文頭である先頭に入っている方が対策キーワードを認識しやすい傾向にあります。そしてもう2つ目の理由は、タイトルが32文字であることから、検索結果画面で文末にキーワードを入れると表示されない恐れがあるからです。細かなことですが先頭にワードを配置することは非常に重要といえます。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方③:キーワードは重複させない

キーワードはむやみに重複させないことも大切です。文章の流れで重複するのは仕方ありませんが、連続して同一のワードを入れることで、Googleからペナルティを受ける可能性が高くなります。あくまでも自然な流れでワードを含めるようにしましょう。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方④:タイトルとページの中身に関連のないワードは控える

SEO効果を気にするあまり網羅性のある記事にするため、関連のないワードを含めてしまうケースもあります。しかし、これはユーザーに不利益な行為になり、すぐにページから離脱してしまいます。その結果、信頼性の低いサイトとしてGoogleからは判断されてしまい評価も上がりません。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方⑤:引きのあるタイトル名をつける

タイトルは検索したユーザーを引き込めるだけの文章でなければ、記事への流入につながりません。検索ユーザーがついクリックしてしまうタイトルのつけ方としては、まずSEOの観点から選定したワードをベースに、「~〇〇の方法」「~〇〇のポイント」など一文を作成し、そこに具体性を上げる単語を入れていきます。

そこから徐々に引きのあるワードを付け加えていきます。例えば「~3つの方法」「5分でわかる~」など、簡単に理解できすぐに効果が出るような読者がベネフィットを感じられるようなものです。また最後に長くなりすぎたら32文字以内に簡潔に収まるように調整していきましょう。タイトルはSEO効果が影響しますので、じっくり検討していきましょう。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方⑥:ページごとに違うタイトルにする

SEO効果を上げるために、複数ページで同一タイトルを使わないようにしましょう。タイトルは検索ユーザーがその記事に書かれている内容を明確に要約された方が親切であり流入にもつながります。各ページでタイトル名が同一だと、ユーザーが内容を判断できない状況になるどころか、Google側でもそのページにどんな内容が記載されているかが判断できなくなり、SEO施策としては効果が上がりません。

文字数以外にSEO施策ができるタイトルのつけ方⑦:検索ニーズを調査してから決定する

対策キーワードをタイトルタグにいくら盛り込んでも検索ボリュームが少なければ、記事のクリック数が伸びません。その場合は、対策キーワードとして設定しているワードの検索ボリュームがどのくらいあるか確認してみましょう。ちなみにビッグワードは1~10万回、ミドルワードは、1000~1万回、スモールワードで1000~1万回といわれており、大きくなるほど検索される需要はありますが、競合も多く上位表示が難しくなります。初心者の方はある程度食い込めるミドルワードを目指してみるのもいいでしょう。

まとめ

タイトルのSEO最適化は、検索ユーザーからのアクセス数を増やすために非常に重要な施策です。タイトルの文字数を気にする以外にもSEO効果が得られる方法をご存知ない方も多かったのではないでしょうか。タイトルは検索ユーザーだけでなく、Google側もページのコンテンツの内容を重視しています。本記事で紹介したタイトルタグのつけ方を守りながら32文字以内に収めて簡潔にわかる内容で作っていきましょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.