法人メディア向け

ライティングをクラウドソーシングに依頼する方法とは?

投稿日:

サイト運営を行う上では、そのコンテンツが重要な要素を占めます。

いかに読者(訪問者)の興味関心をひきつけることができ、またニーズを満たすことができるかどうかが重要であり、その上ではライティングが持つ意味合いは非常に大きくなります。

ライティングを行う上では、SEO(検索エンジン最適化)を意識した記述など、マーケティング要素を考慮した文章を書くことが大事ですが、質だけでなく量を確保することも大事です。

記事の更新が滞ると、それだけトラフィックの数も減少してしまい、いつの間にかサイト自体が忘れされてしまうということにもなりかねません。

そうした事態を避けるために重要なのが、ライティングの代行です。

第三者にライティングを依頼することで、記事更新のペースを圧倒的に上げることができます。

今回は、記事代行を依頼するにあたり、クラウドソーシングでの依頼について解説していきます。

クラウドソーシングでのライティング依頼

ライティングの代行を依頼するにあたっては、記事作成代行の専門業者を使う他にも、クラウドソーシングを利用するという方法があります。

以下では、クラウドソーシングを使ってライティング依頼をする流れについて解説します。

そもそもクラウドソーシングとは

まず、クラウドソーシングについて解説します。

クラウドソーシングとは、専門のサイトに登録しているワーカー(仕事を請け負う人)に対して募集をかけ、その仕事の対価として募集者が報酬を支払うというシステムになります。

副業解禁している企業の数も増加する中で、手軽に始めることのできるクラウドソーシングサイトに登録している方は多く、一般企業の正社員の他にも主婦や学生の方も登録しています。

代表的なクラウドソーシングサイトとしては、クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどがあります。

仕事内容と報酬を記載する

クラウドソーシングで求人を行う場合、まず仕事の内容及び報酬を記載します。

ワーカーは仕事内容と報酬を見て募集してくるので、ここでわかりやすく説明しておくことが大事です。

ライティングの依頼を行う場合には、

  • 募集の背景
  • 内容(ジャンル・1記事あたりの文字数)
  • 報酬(1文字あたりの単価)
  • 募集人数

を記載します。

ざっくりと「ライター募集」とするよりは、「○○に関する記事を書ける方募集」というような形で、特定のジャンルをわかりやすく記載することで、その分野を得意とするワーカーが応募してきます。

契約→記事作成開始

募集人数に対して応募が多い場合には、テストライティングを実施したり、過去に作成した記事を送って見せてもらうなどして、この人なら任せられそうという人を採用します。

クラウドソーシング上で報酬に関する取り決めや納期などについて細かく設定した上で契約を開始し、作業を行ってもらいます。

ライティングが終了した段階で納品手続きを行い、報酬を支払い、今後も継続する場合には再度依頼を書けていくというような流れが一般的です。

クラウドソーシングでライティング依頼するメリット・デメリット

クラウドソーシングの存在や、仕事の依頼方法について解説してきましたが、クラウドソーシングを利用してライティングを依頼することのメリット・デメリットとはどのようなものになるのでしょうか。

以下解説します。

低価格で依頼でき、量を確保しやすい

クラウドソーシングのメリットは、専門のライティング代行業者に依頼するよりも低コストで依頼がかけられるという点があります。

単価はあなた自身で決めてOKなので、予算を決めた上で依頼をかけることができます。

もちろん、あまりに低単価だと応募してくる人の数が減ってしまいますので、ある程度魅力的な単価を設定する必要はありますが、プロよりは安価です。

また、一度に大量のライターを募集できるということで、記事の量を確保することができます。

サイト運営においては、最初の段階ではとにかく記事数を確保することが大事です。

短期間で大量の記事をアップすることができれば、サイトとしての体裁を整えることができるので、スタートダッシュを素早く切ることができます。

クオリティ・納期の問題

クラウドソーシングに登録しているワーカーは、ライティングを生業としているわけでは無いので、プロと比較するとライティングのクオリティが低くなる傾向にあります。

あまりに稚拙な文章だとサイトのイメージも悪くなるので、質を担保するためにはテストを行う、過去の作成例を提出してもらう必要があります。

また、納期を守らないという人もいます。

決められた納期に記事を納品せず、連絡をしても返事がないという人もいますので、リズムを崩されてしまうことがあります。

まとめ

クラウドソーシングでのライティング依頼は、質よりも量を重視する方に特におすすめです。

質も確保したいという場合には、単価を高めに設定する、厳しいテストを行うなどして人選するようにしましょう。

クラウドソーシングを効果的に使い、円滑なサイト運営を行いましょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.