法人メディア向け

初心者がスッキリわかる!アフィリエイト記事で心をつかむ書き方を解説

投稿日:

初心者の方は、記事を書きさえすればすぐに稼げると思ってはいないでしょうか。アフィリエイトで売上を上げるのに重要なのは、検索で上位表示され記事にアクセスされることが大事です。それには、検索ユーザーが読んでくれる記事の書き方をしなければなりません。ここでは、アフィリエイトで稼げる記事のポイントを紹介します。

アフィリエイトで儲けられる記事には、SEOに効果のあるワードを含まれている

アフィリエイトの記事は、まず集客しないと売上につながりません。記事に人を集めるには、星の数ほどある記事の中から自身の記事までユーザーに、たどり着いてもらう必要があります。特に文章に自信がある方ほどSEOを意識せずに記事を書いた結果、全く検索に引っかからないというケースもあります。検索で上位評価されるには、検索意図に沿った答えが記事内に含まれ、信憑性のある役立つ記事になっているかを考えましょう。

ユーザーに寄り添ったアフィリエイト記事を書く

ここが最も大切になりますが、記事自体の内容がユーザーにとって役立つ内容であるかが大変重要です。記事にユーザーが求めている答えがないとすぐに離れていきます。ウェブで調べてまとめたキュレーションメディアのような記事では、成果に結びつきません。

読まれるアフィリエイト記事にするにはコツとは?

検索して記事に流入してきたユーザーは、冒頭を読むだけで求めていない情報がないとわかれば、すぐに離脱してしまいます。まず記事としてユーザーに最後まで読んでもらえるかが大切になります。ここではそのコツをまとめました。

読まれるアフィリエイト記事の書き方①:ターゲットを決めてから書く

アフィリエイト記事を書く前にしっかりとターゲットを決めてから書くことが大切です。それは、ターゲットにあわせて記事の書き方も異なってくるためです。ペルソナと言われる読者層を細かく設定することで、より具体的にどんな内容で記事を書くべきかが明確になります。大勢の人に向けて記事を書くと、ボケた内容になり誰にも記事の内容が刺さりません。細かく設定したペルソナに語り掛けるように書くことでユーザーに刺さる記事になります。

読まれるアフィリエイト記事の書き方②:わかりやすい単語や文章を意識する

アフィリエイトで成約につなげるには、出来るだけ多くの人に読んでもらう必要があります。もちろん商品やサービスのターゲット層に合わせることが重要ですが、読者イメージは、中学生くらいの年齢をイメージしながら誰にでもわかりやすく、最後まで読めるような記事の内容を意識すると読みやすくなります。最近はコミックや動画などに人気が上がり、ますます活字離れが進行しています。読解力が必要な文章では、ユーザーは確実に離れていきます。読みやすくわかりやすいコンテンツを心掛けましょう。

読まれるアフィリエイト記事の書き方③:専門用語を多用しない

アフィリエイト記事では、サービスや商品の説明などで専門用語が多くなるケースも出てくるでしょう。この場合でも極力、多くのユーザーに訴求していくには難しい専門用語はできるだけ避けるようにしましょう。ただし、例えば男性向け製品など、逆に専門用語を使用すると信憑性が上がるなど例外もあるので、商品のターゲットを確認した上で記事を書きましょう。

読まれるアフィリエイト記事の書き方④:リード文は重要

記事の書き出しにおいても非常に重要です。導入がユーザーを突き放した硬い文章だと読んでくれません。導入文でしっかりと共感を示し、この記事にはどんなことが書いてあるかなど要約をつたえながら、今答えをさがしている悩みが解決することを伝えるようにしましょう。特に共感や疑問を持たせることで記事の中身に引き込んでいくことができます。フックとなるような魅力的な導入文にすること心掛けてください。

読まれるアフィリエイト記事の書き方⑤:結論から始める

アフィリエイトの記事は必ず結論から書き始めることが大切です。特にWEB記事では、検索結果から流入してきたユーザーにとって、結論が最終まで読まないとわからない記事はすぐに離れていきます。多くのユーザーは記事にアクセスしてきた時点で答えを探しているため、結論を最初に打ち出してから、その理由や方法などを記載していくのが得策です。その結果、ページ自体の滞在率もあがり、記事への評価も良くなっていくでしょう。

読まれるアフィリエイト記事の書き方⑥:タイトルや見出しにキーワードを含める

記事に流入を増やすためのSEO施策として、タイトルタグや見出しタグにキーワードを入れることが必須です。Googleの検索エンジンは、記事自体を理解するわけではなく、titleタグやh1、h2などの見出しタグに含まれているキーワードを読み取りデータベース化しています。その結果を受けて検索結果に反映させています。よってタイトル、見出しにキーワードを入れることで検索ユーザーが見つけやすい記事にすることができるのです。

読まれるアフィリエイト記事の書き方⑦:クロージングまでの流れを意識する

アフィリエイトは通常の記事とは異なり、最終的にまとめ部分で商品の購入に結びつけないといけません。ただし、いきなり売り込むには自然な流れで文章を構成することです。最初に、冒頭の導入文で悩みを持つユーザーに共感しながら、以降の記事に悩みを解決する方法が記載されていることを明示します。その次に本文で解決方法やその理由なども示しながら、徐々にユーザーの信頼を高めていきます。もちろん勧める商品に対してもメリットだけでなくデメリットの情報も含め、最終的にクロージングとなるまとめの部分で、最後に商品を勧めます。もちろん強引なセールスにならないよう改善した未来をイメージさせて、自然な流れで締めくるのがコツです。

まとめ

アフィリエイトの記事の書き方についてお伝えしました。アフィリエイトで稼ぐには、ユーザーの悩みとなるキーワードをしっかりと選定した上でSEO効果を意識した書き方が必須です。最初のうちはなかなか成約までユーザーを流すことは難しいかもしれませんが、記事を幾つも書いていくとクロージングまでのノウハウを獲得できることでしょう。しっかりとターゲットに向けた信頼性の高い記事を作成してください。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.