法人メディア向け

クラウドソーシングでライティングは発注したほうが良い?!

投稿日:

クラウドソーシングは、クラウド=群衆とソーシング=委託をつなぎ合わせた造語になり、不特定多数の人に業務委託をする業務形態になります。

 

インターネットを利用することで、幅広い層や地域から人材を集められると共に、その時々によって必要な人数やスキルを調達できるので、活用する企業が増えていっています。

 

クラウドソーシングの概要から、発注するメリット・デメリットを解説していきます。

 

クラウドソーシングとは?ライティングとは?

 

クラウドソーシング概要

 

従来の外注方法だった、アウトソーシングと違う点は専門家や請負業者に発注するのではなく、求めている作業に見合った技術や知識を持った一般人に発注することです。

 

一般人を活用するため、多様なニーズを比較的に安価で調達できます。日本では、2009年頃より本格化され2011年の東日本大震災以降から、急速に浸透していきました。

 

在宅ワークでは、今まで中心だった子育て中の主婦以外に、高齢化時代によるシニア層または、在宅介護をする人口も増えていき、自由な働き場所を求める若者や、副業を求める会社員など新しいワークスタイルを求める需要は高まっています。

 

企業側としても、専門的な業務や少額の業務などにおいて、必要な時に必要な分だけ、労働力を集められるので経費削減になり双方共にメリットがあります。

 

クラウドソーシングによるライティング

 

現在、インバウンドマーケティングが主流になりつつあり、従来のマーケティング手法だった、アウトバウンドマーケティングを消費者が避けるようになってきました。

 

アウトバウンドマーケティングとは、テレビ・ラジオCM、新聞・雑誌広告、テレマーケティングやダイレクトメールなどをすることにより、企業側が売りたい相手に対して押しつける手法でした。

 

一方のインバウンドマーケティングは、ブログや動画、ホワイトペーパーなどのコンテンツを利用して、検索エンジンの上位表示やSNSの共有・拡散されることによって、見込み客に発見してもらい興味を持ってもらう手法です。

 

これは、インターネットが普及して、さらにスマートフォンが普及したことによって、情報過多の時代になり情報を取捨選択するようになりました。

 

自分の興味のあることや、知りたいことは、自分で調べられるようになったため、相手から押しつけられる情報には、あまり見向きしなくなりました。

 

インバウンドマーケティングをするには、良質なコンテンツが必要になってきます。それには良質な記事であったり、十分な記事の量であったり、SEO(検索上位にする)対策が必要になったりします。

 

自社で、全て賄えれば良いのですが、中々難しい部分もあると思います。そこで、クラウドソーシングで発注すれば、労力をあまり使わなくて済みます。

 

クラウドソーシングでライティングを発注するメリットとデメリット

 

クラウドソーシングで発注するメリット

 

  1. コストの削減

新たに従業員を雇うとなると、給与、交通費、福利厚生、研修費などかなりのコストがかかります。新しい部署を作るにしても、維持費が必要になります。

 

クラウドソーシングでは、その時々で必要な仕事量の分だけ発注でき、業務委託のためコストの削減につながっていきます。

 

  1. 自社で賄えない部分を活用できる

自社で、専門知識やスキルを持っていなくても、クラウドソーシングを利用すれば、早急に補えます。

 

  1. 新事業を立ち上げる際に活用できる

新事業を立ち上げる場合、資金と人材の確保が大きな問題になります。クラウドソーシングを利用して、必要な人材を早急に確保して、事業を軌道に乗せた方が、時間を含めたコストの削減になります。

 

クラウドソーシングのデメリット

 

  1. 理解しやすい仕様設定にする

自社の従業員と違い、双方ともコミュニケーションが取りづらくなります。会社内に入れば、直ぐに的確に伝えられることが、伝わらなくなるため、分かりやすく伝えることと、管理する人手が必要になります。

 

  1. 人材育成ができなくなる

先々への考え方によりますが、常に業務委託していると自社の人材が育たなくなります。また、専門知識やスキルなどのノウハウを社内で蓄積できなくなります。

 

クラウドソーシングでライティングを発注するには管理者が必要

代行業者を利用しよう!

 

デメリットの部分でも触れましたが、クラウドソーシングで発注する場合、管理者が必要になります。

 

まず募集をして選考し採用します。そしてライターさんが、自社の言う通りに作業をしてくれているのか、納期限は守っているのか等のチェックをしながら管理をして、支払いをしなければいけません。

 

問題は管理者が、どこまで知識やスキルを持っているのかが問われることです。採用の選考時や、記事をチェックする場合には必要になっていきます。

 

また、部署を兼任していたりすると、ライターの人数を増やしていく場合、とても管理者の時間が足りなくなっていきます。

 

そこで、代行業者に依頼すると、最初に綿密な打ち合わせさえすれば、後は面倒な作業も全て代行してくれます。

 

管理者を増やすよりも、代行業者に依頼した方がコストもかかりませんし、確実に良質なコンテンツが作製されます。また、管理者も違う仕事に専念できるので、労力の効率化にもなります。

 

まとめ

 

クラウドソーシングは、この先も需要が高まり続けていくと見込まれています。

 

個人でサイトを運営していて、数人にライティングしてもらいたい程度ならば良いのですが、企業で利用する場合は、代行業者に依頼した方がコスト削減や効率化に加えて、売り上げの拡大にもつながっていきます。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.