法人メディア向け

記事作成の外注はどうやって行う?メリットやデメリットも紹介します

投稿日:

コンテンツマーケティングという言葉が使われるようになってからだいぶ経ちますが、その本質をあまり理解しないでネットビジネスをしている人が非常に多くいます。

特に個人レベルでサイトを運営していたり、小規模な会社でビジネスを行っている人ほど、マーケティングに関するノウハウがなく、いきあたりばったりの施策ばかりしているという傾向にあります。

サイト運営を行ってビジネスを行う上では、その内容すなわちコンテンツをいかに充実させるかが大事ですが、そのスキルは一朝一夕で身につくものではありません。

そこで役に立つのが外注です。

今回は、サイト運営の中でも特に重要である記事作成について、外注の仕方やメリット・デメリットについても解説していきます。

サイトを軌道に乗せたいという方はぜひ参考にしてみてください。

記事作成はどうやって外注する?

サイトを成り立たせるために、とりあえずでもいいから記事を書いておこうとして作成しても、読者(訪問者)の心にはなかなか刺さりません。

しっかりと練られた文章でなければネット上で勝負するのは難しく、ライバルに勝つことはできません。

以下では、記事作成の重要性について今一度解説した上で、外注の方法について解説していきます。

記事作成の重要性

どうしてコンテンツマーケティングにおいて記事作成が重要なのでしょうか。

オンライン・オフラインのいずれにおいても、ビジネスをする際にはマーケティングの要素を考慮しておかなければいけません。

そして現在のネット全盛の時代においては多くの人がネットビジネスをしていますが、そこであなたのサイトを際立たせるのがサイト内の記事です。

規模がある程度大きい会社の場合は、営業部隊がお客様のところに出向いて営業したり、テレアポをして成約にこぎつけるという戦略がありますが、小規模のビジネスを行う場合には、そうした人海戦術を使うことはできません。

しかし、サイト内の記事が充実していれば、その記事が営業の何人分もの働きをしてくれます。

つまり、1つの記事が何人ものお客様をサイト内に誘導し、また新しい記事がそのお客様をつなぎとめ、口コミで新しいお客様を連れてくるというサイクルを作ってくれます。

人がいなくても集客してくれるのが記事作成の強みであり、規模が小さいのであればなおさら記事作成には力を入れるべきなんです。

記事作成の外注方法

では、記事作成はどうやって外注すればいいのでしょうか。

大まかな方法としては、クラウドソーシングを使うか、記事作成代行専門の業者を利用するという方法になります。

クラウドソーシングとは、特定のサイト内に登録しているワーカー(業務を遂行する人)に対して仕事の募集をかけることのできるプラットフォームであり、大規模なサイトであれば何万人もの登録者を誇るサイトもあります。

職種については多岐にわたり、もちろん記事作成の仕事を依頼している人も多数います。

ここでは文字あたりの単価を設定したり、記事のジャンルや1ヶ月に書いてほしい記事の数などを記載して募集をかけますが、募集人数があまりにも多い場合にはテストライティングをして、能力の高い人を優先的に採用するという方法があります。

一方の記事作成代行業者ですが、こちらはライティングに特化したプロ集団であり、ネット上にアップする記事の作成を請け負ってくれます。

クラウドソーシングの場合は、記事作成に関しての文字単価はあなたの方で設定可能ですが、業者を使う場合には単価は向こう側で設定されます。

プロに頼むことによりマーケティング的な観点から記事を作成してもらうことができ、また各ジャンルにおいてスペシャリストがいるため、テクノロジー系に強い人、グルメ系に強いひとなどの専門家が記事を作成してくれます。

記事作成の他にも、総合的な集客方法や月々の予算設定、収益目標などを細かく設定して業務にあたってくれるので、安心感という面ではかなり高いといえます。

記事作成外注のメリット・デメリット

記事作成を外注することのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット

まずメリットに関しては、記事数を確保しやすく、またプロに頼む場合には品質の高い記事を作成してもらえるという点があります。

サイト運営においては記事の量は非常に重要であり、記事の量が増えれば、それだけ営業部隊が増員されるということになります。

サイトを継続できない人の理由の多くが、継続性を保つことができないということであることを考えると、外注は断念せずに続けられるというメリットがあります。

デメリット

デメリットとしては、クラウドソーシングを使った場合には、どうしても質がプロより落ちるという点があります。

これを補うためには、ライターの育成を行うもしくは厳しい審査基準を設けるなどが大事です。

プロに依頼する場合には、それなりに料金もかかってしまうので、その費用を投資と思えるかどうかが大事です。

まとめ

記事作成では、とにかく質の高い記事を継続的に作成することが大事です。

外注を使うことで確実に効率をアップさせることができるので、賢く活用してサイト成長の起爆剤にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.